家族が嫌いな末路も心配なもの、先々に向け上手く立て直していく方策



人生を過ごしていると、家族が嫌いということもあるもの。それが実家暮らしであれば、現在の関係は変わることがなく、ストレスを抱えるだけということにもなりかねません。

そんな家族が嫌いな人は、幼い頃から褒められたり認められたりする、そんな機会が少ない場合が多く見られます。

一番身近にいる家族から褒められれば、それだけで自己肯定感も得られます。

但し、自分自身が家族の中で認められていない、そんな気持ちが根付いてしまえば、一緒にいる時間も苦痛になり、家族が嫌いということに最終的になりかねません。

そんなときは一人暮らしを考えるのも一手で、距離を家族と置くことで見えてくる物事もあるかも知れません。

ここでは、家族が嫌いな末路も心配なもの、先々に向け上手く立て直していく方策を紹介しています。

 

 

 


家族が嫌いな末路も心配なもの、先々に向け上手く立て直していく方策


 

| 1.家族像と乖離しているので、嫌いになっている可能性も

他の家族と比べることをやめるということ。自分が思い描くような家族像と乖離しているので、嫌いになっている可能性もあるもの。

友人などの仲の良い家族と比べることで、なぜうちの家族はなどと、嫌悪感を感じてしまうことにもなりかねません。

明確に受け入れることが大事になり、現実を直視することで家族への嫌な気持ちも鎮まる、先々に向け上手く立て直していく方策の一つ。

 

| 2.された場合、その時の印象が深く心に刻みこまれてしまう

家族の良い部分に目を向けるということ。人間は誰でも嫌なことをされた場合、その時の印象が深く心に刻みこまれてしまうもの。

そうすると長所があっても目には入らず、嫌なところだけを寄せ集めてしまうようになることにもなりかねません。

家族が嫌いという気持ちを乗り越えるには、長所を見つけるところからスタートするのが、先々に向け上手く立て直していく方策の一つ。

夫や妻に兄弟姉妹には、それぞれ自分にないところがあるはずで、見つけることで徐々に尊敬できるようになるかも知れません。

 

| 3.コミュニケーションがない場合、その姿勢を変えてみる

積極的にコミュニケーションを図るということ。家族が嫌いと心で決め付けていてコミュニケーションがない場合、その姿勢を変えてみるというもの。

自らコミュニケーションを図ることで、これまでと異なる家族の関係が築けるかも知れない、先々に向け上手く立て直していく方策の一つ。

過去は過ぎ去ったことと割り切って接することにより、家族が嫌いという心境を克服していけるかも知れません。

 

| 4.互いの気持を完璧に理解し合うのは非常に難しいという

何が嫌なのか正直に伝えるときうこと。どれほど長い時間を一緒に過ごしていても、互いの気持を完璧に理解し合うのは非常に難しいというもの。

夫と妻でさえ、人間は互いの考えていること全て知ることはできず、何が嫌なのか正直に伝えてみるのも、先々に向け上手く立て直していく方策の一つ。

これまで勘違いをしていただけのこともあり、話せば互いが分かり合えることもあるので、勇気を持ち自分自身の気持ちを言葉にします。

 

| 5.合わないもので、家族と向き合わないで背を向けるという

最低限の関わりだけにするということ。合わない人間とはどう努力しても合わないもので、家族と向き合わないで背を向けるというもの。

親や兄弟など周囲が変わらない場合、自ら変わるしかなく規律ある生活が送れるよう、生活スタイルを見直すよう心掛けます。

但し、どんな些細なことであっても周囲が認めざるを得ないほど頑張れば、現在の環境が変わる可能性もある、先々に向け上手く立て直していく方策の一つ。

 

 

 


家族が嫌いな主婦も中にはいるもの、注意しておきたいそんな原因面


 

| 1.帰宅した際に居心地の良い場所と感じられないというもの

両親の仲が悪く喧嘩が多かったということ。家族が嫌いだと思う切っ掛けにもなるのが、帰宅した際に居心地の良い場所と感じられないというもの。

幼い頃から両親の喧嘩が絶えない家庭や兄弟の仲が悪い場合、家に帰ること自体が億劫になるということにもなりかねません。

このような体験が積み重なって、家族に良いイメージが抱けなくなっている可能性があります。

 

| 2.母親や父親の態度が嫌いと感じる切っ掛けになっている

母親や父親が厳しすぎたということ。誰でも幼少期は家族と過ごす時間も長く、母親や父親の態度が嫌いと感じる切っ掛けになっているというもの。

いつも厳しい態度で怒っている姿や、ちょっとしたことで叱られた場面を思い出すと、家族に良い印象は持てません。

こうしたネガティブな感情を抱くことが頻繁にあったというのも、家族が嫌いになってしまう原因の一つです。

 

| 3.家族との間の良好な関係を構築できないことが多いもの

過去に育児放棄にあったということ。幼い頃に充分に両親の愛情を受け取れていない場合、家族との間の良好な関係を構築できないことが多いもの。

特に、育児放棄をされたときは、酷いことをされたという思いや、大事にして貰えなかったという記憶が深く残ります。

結果として、両親との間の距離感が縮まることもなく、心も開けなくなってしまい、過去の記憶を思い出して家族が嫌いということにもなりかねません。

 

| 4.貰えなかった、そんなトラウマを抱えていることもある

兄弟姉妹間で待遇に差があったということ。兄弟姉妹がいる場合、同じように扱っては貰えなかった、そんなトラウマを抱えていることもあるもの。

優秀な兄弟や姉妹に時間を掛けるなど、接し方に差があった時は、大事にして貰えなかったという記憶が残ります。

それを思い出すだけで苛立ち、大人になった後も家族が嫌いなままという人もいます。

 

 

 


家族が嫌いすぎるということもあるもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.見られるのが、過去にトラウマになるような体験がある

過去のトラウマで拒否反応があるという心理状況。家族が嫌いな人に見られるのが、過去にトラウマになるような体験があるというもの。

幼少の頃に虐待を受けたり育児放棄をされた場合や、兄弟などから優しくされなかった時は、家族に対して良い印象はありません。

こうした幼少期のトラウマは払拭することもできないので、成長した後で拒否反応が表れている可能性があります。

 

| 2.距離感が分からず、どう接すれば良いか戸惑っていること

どう接すれば良いか分からないという心理状況。家族が嫌いな人は、その距離感が分からず、どう接すれば良いか戸惑っていることがあるもの。

どんなことを話せば良いのかとか、どんな話し方をすれば良いのかが分からないので、スムーズなコミュニケーションが取れません。

結果として、自分自身の思うように振る舞えず、家族が嫌いという気持ちの中に逃げ込むことにもなりかねません。

 

| 3.嫌いな人に見られるのが、親が過保護だという事例もある

縛られることが多く嫌気がさしているという心理状況。家族が嫌いな人に見られるのが、親が過保護だという事例もあるもの。

生活スタイルや帰宅時間などで縛られることが多く、自由に行動することができないため、常にストレスを感じることにもなりかねません。

家にいることに窮屈さを感じていて、家族が嫌いになり関わりを避けることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

ストレスを抱えるだけということにも。ここでは、家族が嫌いな末路も心配なもの、先々に向け上手く立て直していく方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。