シカトする人はサイコパスかも知れない、上手く対処していく具体策



身の回りを見渡すと、シカトする人がいるもの。子供の頃に些細なことで他の子に無視された、そうした体験は案外誰しも持っています。

大人ともなれば嫌な相手であっても、無視してしまうことなどはせず、表面的な付き合い方をしていくのが一般的な対応になります。

但し、職場などで挨拶してもシカトする人がいたりすれば、何が起こったのかと戸惑うことにもなりかねません。

そんなシカトする人は、相手を見下していたりする場合もありますが、中には嫉妬心からしいることもありその理由は様ざま。

なので、身近にシカトする人がいるときは、人間関係を悪化させないよう注意も必要になります。

ここでは、シカトする人はサイコパスかも知れない、上手く対処していく具体策を紹介しています。

 

 

 


シカトする人はサイコパスかも知れない、上手く対処していく具体策


 

| 1.知らん振りしたり腹を立てても、何ら解決にも繋がらない

同じ舞台に立たないということ。シカトされることに思い当たる節もないケースでは、同じように知らん振りしたり腹を立てても、何ら解決にも繋がらないもの。

そんなときは、不愉快な思いをしても割り切って、シカトを気に掛けないのが、上手く対処していく具体策の一つ。

こちらから相手にしない態度を続けていれば、相手もシカトしている張り合いもなくなり、いつしか大人しくなっていくことも期待できます。

 

|  2.刺激しないためにも、先ずは適切な距離を置くというもの

適切な距離を置くということ。シカトする人と好んで関わる必要はなく、相手側を刺激しないためにも、先ずは適切な距離を置くというもの。

失恋して周囲の人たちに構うゆとりがなかったり、仕事が多忙で時間がとれないなど、己自身に非がないのにシカトされているときは、気にするだけ無駄ということになりかねません。

己自身に非がないのであれば、シカトする人に関わりストレスを抱える必要はない、上手く対処していく具体策の一つ。

 

| 3.ケースでは、原因が己自身にあれば素直に反省をして謝る

己に原因がある際は、素直に謝罪をするということ。何かをしでかして相手が怒ってシカトしているケースでは、原因が己自身にあれば素直に反省をして謝るというもの。

シカトしている態度に腹が立つこともあるものの、火種の原因が己自身にあるのであれば、感情を抑えて先ずは謝罪すると相手の気持も静まるかも知れません。

謝罪することにより相手に誠意のある人と感じて貰えるかも知れず、仲直りできれば関係も上向いていく、上手く対処していく具体策の一つ。

 

| 4.巻き込まれないようにし、そうした時こそ大人の対応を

大人の対応をしていくということ。絶対にシカトする人のペースに巻き込まれないようにし、そうした時こそ大人の対応をしていくというもの。

シカトする人を過剰に避けるようにしていたりすると、相手と同じレベルになってしまうことになりかねません。

相手には何も気に掛けていない素振りをして、こちらから話し掛けるなどのコミュニケーションを取るのも、上手く対処していく具体策の一つ。

 

| 5.ケースでは、できることは己自身に一つだけというもの

仕事は圧倒的な努力で成果を残すということ。特に思い当たることもないのに職場でシカトされているケースでは、できることは己自身に一つだけというもの。

職場でのシカトというプレッシャーに屈することもなく、与えられた業務を完璧にこなして、結果を残し相手を黙らせるのが、上手く対処していく具体策の一つ。

嫌がらせのように職場の人間に人にシカトされていても、仕事で結果を出し続けていれば、風向きもやがて変わってくることも期待できます。

 

 

 


そこには様ざまな面が見られるもの、注意したいシカトする人の心理


 

| 1.嫌っていると伝えたいという意思のアピールというもの

嫌いなことを態度で示したいという心理状態。露骨にシカトしてくるというケースでは、嫌っていると伝えたいという意思のアピールというもの。

嫌っていることが最も簡単に表れる分かりやすいアクションは、相手のことをシカトするということになります。

結果的に、話し掛けられたときに露骨にシカトする、そんな嫌がらせにも似た態度で、己自身の気持ちをアピールしています。

 

| 2.ケースでは、優しい態度をとるのは非常に難しいという

怒っていて謝まるまで話す気がない心理状態。原因が明確にあって謝罪があるまで許す気がないケースでは、優しい態度をとるのは非常に難しいというもの。

特に相手に対して怒りの感情が湧き起こっている時は、顔を見ることさえ不快で、近くにも寄りたくないということになりかねません。

謝って貰うまで許さないと心に刻んでいる時は、無事に仲直りができるまでシカトする姿勢を貫きかねません。

 

| 3.ケースでは、できる限り接点をなくしていこうとするもの

基本的に話したくない心理状態。この人と関わり合いを持ちたくはないと考えているケースでは、できる限り接点をなくしていこうとするもの。

声を掛けられていることに気が付いていても、聞こえなかった振りを続けて、知らない顔でシカトすることがあります。

もし会話に応じてしまった場合、距離を置こうと考えている己自身の気持ちに反してしまうことになりかねません。

 

| 4.コンプレックスを持っていて、面白くないと思っている

面白くないのでシカトしているという心理状態。シカトする人に見られるのが、相手に対しコンプレックスを持っていて、面白くないと思っているというもの。

己にはないものを相手が持っている、そんな思いを抱いていて、気に入らないので嫉妬心も燃え盛っています。

そんな相手に声を掛けられたときは、応じれば己自身の負けを認めることになり、相手のことをシカトして抵抗しようとしています。

 

 

 


そこには色々な問題も、覚えておきたいシカとされやすい人の特徴面


 

| 1.繰り返している人のケースは、一緒にいても気分が沈んで

テンションが低く暗い雰囲気ということ。普段からテンションも低く、ネガティブ発言ばかりを繰り返している人のケースでは、一緒にいても気分が沈んでくるもの。

自己否定を繰り返すような言葉を続けていると、またかと受取られて周りの人たちも避けることになりかねません。

極端なネガティブ思考パターンの人は、徐々にシカトされていくという流れに乗ることにもなりかねません。

 

| 2.ケースでは、相手からの距離を置かれてしまうことにも

清潔感が身だしなみにないということ。生理的に受け付けられないというケースでは、相手からの距離を置かれてしまうことにもなるもの。

特に視覚に与えるイメージは大きく、服装だったり髪形などの身だしなみに清潔感がないと近寄りたくはありません。

最低限の身だしなみも整えられないような人は、相手が不快に思うこになって、シカトをされがちということになりかねません。

 

| 3.嫌われがちで、何に対してもすぐさま反論するというもの

すぐさま反論するということ。素直に他の人のアドバイスを聞けないような人も嫌われがちで、何に対してもすぐさま反論するというもの。

相手のことを思って忠告しているにも関わらず、反論ばかりを真っ向からされてしまえば、話しても無駄と受取られかねません。

こんな気が強くて忠告を素直に聞けない人は、次第に相手にされなくなり、シカトされるということになりかねません。

 

 

 

まとめ

そうした体験は案外誰しも持っています。ここでは、シカトする人はサイコパスかも知れない、上手く対処していく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。