人生が面白くない末路も厳しいもの、乗り越えて大逆転していく具体策



日々の暮らしの中で、人生が面白くないと感じることがあるもの。何となく人生が面白くないと感じながら、日々を過ごしている人は案外に多くいます。

たった一度切りの人生と言っても、毎日が同じことの繰り返しだと、どうしても詰まらないとか面白くない、そんな風に感じてしまうことにもなりかねません。

人生は面白いとか面白きかな人生という言葉もありますし、好きなことだけをして生きて行くのは理想ですが、現実には面白くないこともしなければなりません。

そんな退屈な毎日を過ごしていれば、面白味もなく気分が沈んでしまいかねず、そんな状態が長く続けば、心の病気になることにもなりかねません。

なので、人生に面白いことが見つかるよう注意していく必要があります。

ここでは、人生が面白くない末路も厳しいもの、乗り越えて大逆転していく具体策を紹介しています。

 

 

 


人生が面白くない末路も厳しいもの、乗り越えて大逆転していく具体策


 

| 1.飲み会などの誘いを、勇気を湧き起こして断ってしまう

面白くない時間を削っていくということ。気分が乗らない食事会や飲み会などの誘いを、勇気を湧き起こして断ってしまうというもの。

行きたくない行事に参加して、退屈し後悔するのは嫌なもので、大事な人生の時間は己自身のために使うと心に刻むのが、乗り越えて大逆転していく具体策の一つ。

心配性の人は断ることに不安を感じますが、分かる人には理解してもらえるので、反対に少しでも胸が躍るような誘いがあれば、積極的に参加し楽しむようにします。

 

| 2.楽しめるのか、そんな具合に考えるだけでも変化がある

ゲーム感覚に転換していくということ。面白くない時こそ目の前の物事を、どうしたらゲーム感覚で楽しめるのか、そんな具合に考えるだけでも変化があるもの。

仕事が面白くない場合、昨日よりも5分早く片付ける目標を立てタイムアタックしてみたり、会議ではどんな風に簡潔に纏められるかを考えたりします。

こうすることで仕事も早く終わり、普通にこなしているよりメリットが多い、乗り越えて大逆転していく具体策の一つ。

 

| 3.目がいくことも多く、己自身を肯定することが重要という

短所をメリットに変換するということ。人生が面白くない時には、短所ばかりに目がいくことも多く、己自身を肯定することが重要というもの。

これは捉え方の問題で、リフレーミングを活用して短所をメリットに転換していくのが、乗り越えて大逆転していく具体策の一つ。

人見知りなら、深い信頼関係を築いていけると変換できるので、難しく考えることなく頭の体操感覚で楽しむよう心がけます。

 

| 4.印象が変わるもので、小さなことでもプラスに捉えられる

ポジティブな思考を心掛けるということ。考え方がポジティブになると、同じ人生でも印象が変わるもので、小さなことでもプラスに捉えられるもの。

すぐに考え方を変えるのが困難なケースでは、心と身体が繋がっているところを利用して、生活習慣を改善するのも乗り越えて大逆転していく具体策の一つ。

バランスの良い食事に充分な睡眠時間と、適度な運動を取り入れた生活パターンにするだけでも、非常に気持ちが上向きます。

 

| 5.毎日の繰り返しとなっているマンネリ感もなくなるという

気になったものは全て行動に移すということ。行動することで日々に刺激を取り入れた場合、毎日の繰り返しとなっているマンネリ感もなくなるというもの。

気になっていても入ったこともないお店に足を運んだり、コンビニでも普段は手に取らないような品物を買ってみたりと、小さな楽しみを取り入れるのは意外に簡単です。

明日の己自身に向かって小さなサプライズプレゼントを贈るつもりで、気になったものは全て行動に移すのが、乗り越えて大逆転していく具体策の一つ。

 

 

 


人生が面白くないのには様ざまな面がある、注意しておきたい原因面


 

| 1.フルタイム勤務であれば一日の3分1もその時間になる

仕事が面白くないということ。一日の間に仕事が占める割合は非常に長く、フルタイム勤務であれば一日の3分1もその時間になるというもの。

仕事が面白くなければ、その日の大半が詰まらないということにもなり、仕事がある日は無味乾燥な印象になってしまいかねません。

変化がない単調な作業でやり甲斐が見い出せなかったり、正当に評価をされなかったりや、職場の人間関係が悪化している時は、仕事に退屈や苦痛を感じかねません。

 

| 2.時間を持て余し、人生が面白くないと感じるというもの

人生に目的がないということ。己自身の人生に夢や目的がないケースでは、何をすれば良いかも分からず時間を持て余し、人生が面白くないと感じるというもの。

目的を定めると、それに向かって行動が伴うことになり、毎日に刺激も生まれ達成後は充実感を得られます。

目的を持てばその過程や結果も楽しめるので、人生を充足させるため胸が躍る事柄を掲げるようにします。

 

| 3.ケースでは、時間を持て余してしまって退屈に感じると

プライベートが中身の薄いものになっているということ。休日や仕事の前後に予定がないケースでは、時間を持て余してしまって退屈に感じるというもの。

休日のプライベートで楽しみがなければ、普段仕事を頑張っている意味が見い出せないということになりかねません。

プライベートの中身が薄いのは、好奇心を失っているからで、日々の生活に精一杯で湧き起こすような余裕もありません。

 

| 4.ところがあり、体調不良では気分的にも沈み込んでしまう

体調不良ということ。身体の健康状態は精神面と比例しているところがあり、体調不良では気分的にも沈み込んでしまうというもの。

歯が痛めば食べ物を美味しく感じられないなど、そういった不調で気持ちが落ち込んで、何に対しても意欲が湧き上がりません。

そういった気持ちが落ち込んだ状態が続けば、何をしても楽しいとは思えず、それこそ人生が面白くない時を迎えてしまいかねません。

 

 

 


人生を面白がることも必要?覚えておきたいつまらないその心理状態


 

| 1.先に立ち行動する前の段階で、諦めてしまいがちという

諦めてしまっている心理状態。己自身に自信が持てないケースでは、心配ばかりが先に立ち行動する前の段階で、諦めてしまいがちというもの。

失敗しないという慎重さも必要なところですが、度が過ぎれば己自身が行動していく面白さは感じられません。

新しい挑戦もしないで、行動を起こさなければ毎日が単調なものになって、人生が面白くない時を迎えてしまうことになりかねません。

 

| 2.どう思われるかよりも、己自身がしたいことを貫いている

世間の評判ばかりが気になるという心理状態。人生を謳歌している人物は、世間にどう思われるかよりも、己自身がしたいことを貫いているもの。

己がどう生きたいかより、世間の人たちにどう映るかばかりを気にしていると、人生が面白くないものに感じかねません。

己自身がしたいことがあっても、周囲の人たちの目を気にする余りに行動を起こすことができません。

 

| 3.したい物事は、どうしても先送りになってしまうという

周囲の人に合わせ過ぎている心理状態。他の人たちに合わせてばかりいるケースでは、己自身のしたい物事は、どうしても先送りになってしまうというもの。

周りの人たちに気を配るのは、思い遣りにも溢れた素敵な行動ですが、己の気持ちや時間を犠牲にし過ぎれば、楽しみも減り人生を面白くないと感じかねません。

他の人が希望する旅行先へと合わせてみたり、行きたくもない飲み会に時間とお金を費やしたりと、己自身を後回しにし過ぎていることも多々あります。

 

 

 

まとめ

日々を過ごしている人は案外多くいる。ここでは、人生が面白くない末路も厳しいもの、乗り越えて大逆転していく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。