詮索する人の末路も気になるもの、首尾よく身を翻していくかわし方



身の回りを見渡すと、詮索する人がいるもの。人のプライベートを詳細に聞いてきたり、知り合ったばかりなのに色々探ってくるような人。

もちろん詮索の意味は、あれこれ質問し相手のことを探ることを指す言葉ですが、職場にもいてうざいとか気持ち悪いと思われることにもなりかねません。

こうした詮索する人は病気の場合もありますが、話すことが大好きで始終喋っている感じがする人もいます。

そんな人は話のネタが尽きないよう探していて、何個かストックする目的で詮索しています。

自分が知らない情報で使えそうなものが見つからないかと、途切れることなく質問を続けることにもなりかねません。

なので、関係者に詮索する人がいる時は注意も必要です。

ここでは、詮索する人の末路も気になるもの、首尾よく身を翻していくかわし方を紹介しています。

 

 

 


詮索する人の末路も気になるもの、首尾よく身を翻していくかわし方


 

| 1.笑顔を浮かべていると、余計に会話が長引いてしまうもの

重い雰囲気を醸し出すということ。詮索する人は相手の気持ちに無頓着なので、答えたくない時に笑顔を浮かべていると、余計に会話が長引いてしまうもの。

聞かれたくないことを聞いてきた際は、あからさまに表情を曇らせたり、急に声のトーンを下げてみたり沈黙を続けたりします。

なので、答えるのは嫌という意思をアピールすることが非常に大事になる、首尾よく身を翻していくかわし方の一つ。

 

| 2.ストレスが溜まり、更に詮索が続くいてしまう可能性が

さりげなく話を逸らすということ。答えたくない質問に対して無理に返事をするのはストレスが溜まり、更に詮索が続くいてしまう可能性があるもの。

職場の上司だったり仕事関係の人などの場合、無視したり答を拒否するのは難しいので、話題を逸らしていくように心掛けます。

そういえばなどと話題を変えながら、相手に質問すると上手くいきやすい、首尾よく身を翻していくかわし方の一つ。

 

| 3.自分自身のことを聞かれるのは、苦手な人が多い傾向に

オウム返しをしてみるということ。詮索する人はプライドが高いところがあり、自分自身のことを聞かれるのは、苦手な人が多い傾向にあるもの。

また、自らの身を守るための質問責めになっている面もあり、詮索されるのが苦痛ということを分からせるようにします。

何かを聞かれたときは、その話題をオウム返しするのが効果的で、やり返してくると思わぜるのが、首尾よく身を翻していくかわし方の一つ。

 

| 4.悪気もなく個人的なプライベート面へと踏み込んでくる

明確に回答を断るということ。執拗に詮索する人に見られるのが、悪気もなく個人的なプライベート面へと踏み込んでくるというもの。

悪気がない分、嫌がっていることを気付かないことも多く、明確に断りを伝えることが大切な、首尾よく身を翻していくかわし方の一つ。

申し訳ありませんが、個人的な箇所なのでお答えできませんなど、答えたくないものは、きちんと完全拒否の姿勢で対応するようにします。

回答を断るというだけでなく、謝罪の言葉を一言添えることで、相手も嫌な気持ちにはなり難くなります。

 

| 5.どこでも質問しようと、チャンスを狙っているところが

必要以上に関わらないということ。詮索する人というのは、隙があればいつでもどこでも質問しようと、チャンスを狙っているところがあるもの。

なので、そもそも詮索する人と会話しないようにすれば、詮索されやすいタイプでも安心しやすくなる、首尾よく身を翻していくかわし方の一つ。

たまに会っても気づかない振りをしたり、挨拶もそこそこに急いでいる様子でその場から立ち去るなど、接する機会を徐々に減らすよう心掛けます。

 

 

 


詮索する人は恋愛念でも色々あるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.考えることなく、自分自身の聞きたいことを聞くという

無神経な発言が多いということ。詮索する人に見られるのが、相手のことなど考えることなく、自分自身の聞きたいことを聞くというもの。

自らの知りたいという欲求が前に出てしまうことがあり、時には相手が非常に答え難い、そんな質問をすることにもなりかねません。

聞かれた相手はもちろんのこと、周囲の人たちも思わず引いてしまう、そんなことを平気で口走りかねません。

 

| 2.情報を多く収集したい、そういった考えを持っていると

初対面の人でもあれこれ質問するということ。詮索する人は相手に関しての情報をより多く収集したい、そういった考えを持っているというもの。

結果的に、相手への興味の大きさには関係なく、例え相手と初対面だとしても、どんどんと質問を投げ掛けます。

プライベート面に関わる秘密にしておきたい部分でも、何ら気にすることなく質問を積み上げて詮索してきます。

 

| 3.することがなく暇つぶしの理由で、相手に質問を繰り返す

暇を持て余しているということ。詮索する人に良く見られるのが、単純にすることがなく暇つぶしの理由で、相手に質問を繰り返すというもの。

目についた人に向かって質問をして話を広げたりして、手当たり次第にゴシップネタや噂話などを探します。

相手に興味や関心があるわけではなく、誰かと話すことで暇の時の詰まらない気分を解消しています。

 

| 4.相手より優位に立っていたい、そんな気持ちがあるという

自分自身の話はしたがらないということ。詮索する人に見受けられるのが、心のどこかで相手より優位に立っていたい、そんな気持ちがあるというもの。

但し、相手の情報は多く仕入れ弱点を握りたいと考えている一方、自らが噂の中心になったり個人的なことを知られるのは嫌です。

結果的に、何かを自分に質問された場合、質問している時の口の軽さはどこかに行き、急に黙り込んだり答えないまま話題を変えようとします。

 

 

 


そこには様ざまな面があるもの、知っておきたい詮索する人の心理状況


 

| 1.他の人よりも優位に立ちたいという気持ちが強い傾向に

相手の弱点を握りたいという心理状況。詮索する癖のある人は、他の人よりも優位に立ちたいという気持ちが強い傾向にあるもの。

悩みを聞く振りをするのはもちろんのこと、多くの質問をすることで、相手の弱点や不幸話を引き出そうとしています。

弱点をを握れば自分自身が優位に立てると信じ込んでいるので、詮索を続けることでメンタルを安定させようとしています。

 

| 2.嫌うので、常に話のネタをストックしようと考えるもの

他での会話のネタにしたいという心理状況。お喋り好きな詮索する人は、会話が途切れたりするのを嫌うので、常に話のネタをストックしようと考えるもの。

結果として、多くの人にあれやこれやと質問し、会話のネタとなりそうな事柄を聞き出そうとしています。

その場の会話を楽しむということだけでなく、他での会話に使えるネタを見つけることも詮索の理由です。

 

| 3.距離を縮めたい思いがコミュニケーションに表れるという

もっと仲良くなりたいという心理状況。詮索する人の中にいるのが、距離を縮めたい思いがコミュニケーションに表れるというもの。

会話を楽しんでいて、もっと色んな話をしたいとか共通点を見つけたいなど、そんな思いで多くの質問をしてしまいます。

結果として、それが野次馬根性とも受取られがちですが、本人に悪気は全くなく仲良くなりたい考えているだけかも知れません。

 

 

 

まとめ

いつも喋っている感じがする人もいます。ここでは、詮索する人の末路も気になるもの、首尾よく身を翻していくかわし方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。