自己肯定感が低い人は因果応報かも知れない、改善に結び付ける対処策



身の回りを見渡すと、自己肯定感が低い人がいるもの。自己肯定感は高くも低くもなるものですが、低い状態が続いて停滞しているような人物。

こうした自己肯定感が低い人は、周りの人たちへの依存度が高く、自分自身で主体的に物事を決めたり、実行する局面も多くありません。

上司や先輩に取引先の意向など優先するようになるのは、人に決めて貰った物事を実行することになるので、失敗しても言い逃れができるから。

但し、こうした依存的ともいえる姿勢が常態化してしまえば、何事かを決断しなければならない、そんなシーンに向き合った時、足踏みを続けることにもなりかねません。

もちろん自己肯定感低すぎる人は接し方に疲れるなどの声もあり、自覚があるときは注意が必要です。

ここでは、自己肯定感が低い人は因果応報かも知れない、改善に結び付ける対処策を紹介しています。

 

 

 


自己肯定感が低い人は因果応報かも知れない、改善に結び付ける対処策


 

| 1.目を向けている場合、気分も沈んで落ち込んでしまいがち

できる物事に目を向けるということ。できないこだったり苦手な物事ばかりに目を向けている場合、気分も沈んで落ち込んでしまいがちというもの。

先ずは、できないことではなく、今日の1日でできるようになった、些細なことで良いので、そんな物事に目を向けるよう心掛けます。

1日の中にほんの小さな目標を立て、今日はこれができたと自らを褒める癖を持つのが、改善に結び付ける対処策の一つ。

自らを褒めてあげることにより、他の人たちに頼ることなく、自分軸で生きていくこともできるようになります。

 

| 2.恋愛など、経験値が不足していることから来ているという

多くの経験を積むということ。自己肯定感が低い人に見られるのが、仕事だったり恋愛など、経験値が不足していることから来ているというもの。

人は不慣れなことに対しては、自分にできるのかとか失敗したらどうするなど、不安感が湧き起こることにもなりかねません。

最初は失敗しても当たり前という気持ちになり経験を積めば、段々と自信も付いてくる、改善に結び付ける対処策の一つ。

 

| 3.当たり前で、全てを完璧にできる人間は存在しないという

得意分野を磨くということ。誰でも得意なことだったり苦手なことがあるのが当たり前で、全てを完璧にできる人間は存在しないというもの。

先ずは、自己分析を明確にして、自分自身の得意なことや苦手なことを把握するのが、改善に結び付ける対処策の一つ。

自分自身の強みが分かれば、それをどうやって活用して行けば良いのか、そうした計画も立てられます。

自己肯定感が低いことを無闇に悩まず、自らを第三者の目線で俯瞰して客観的に分析してみるよう心掛けます。

 

| 4.自信が持てないと感じた場合、セルフハグをしてみると

セルフハグをしてみるということ。自己肯定感が低く、少し自分に自信が持てないと感じた場合、セルフハグをしてみるというもの。

仕事を終えて帰宅したら、リラックスできるものに着替え、右手で左肩を掴み、左手で右肩を握って8秒間抱きしめるようにします。

そして、頑張ってるとか良くなってきてるなど、ポジティブな言葉で自分を褒めるのが、改善に結び付ける対処策の一つ。

3大神経伝達物質の心の安らぎに関与するセロトニンやエンドルフィンに、精神的安心感を与えるオキシトシンなどが分泌され、自分自身に優しくなれます。

 

 

 


自己肯定感の低い人には様ざまな面がある、知っておきたいその特徴面


 

| 1.伸ばすのは、仕事で成果を残すために効果的なやり方と

他者との比較意識が強いということ。身近な人をライバル視して、競い合うことで能力を伸ばすのは、仕事で成果を残すために効果的なやり方というもの。

但し、それが正しく機能しているのは、自己肯定感が高まっている時で、自己肯定感が低い人は他者より劣っている点を無理に探して、自己否定をすることにもなりかねません。

根底にあるのが自尊感情の低さで、他の人と比較することで、嫉妬心やコンプレックスから感情をすり減らしてしまうことにもなりかねません。

 

| 2.立案しても、すぐにできないと考えてしまうというもの

常にできないと思うということ。自己肯定感が低い人にあるのが、何かを始めようとプランを立案しても、すぐにできないと考えてしまうというもの。

これは自己効力感の低さが一因で、高ければ自分は何かを完遂することができると信じられますが、低下している状態では行動する気力も湧きません。

自らを信頼して動く自己信頼感が欠けているときは、自らの価値観に沿うことができず、何に対しても消極的になり、挑戦も途中で諦めてしまうことにもなりかねません。

 

| 3.強く印象に残っている過去に犯した失敗体験というもの

過去の失敗のトラウマがあるということ。自己肯定感を低くする切っ掛けともなっているのが、強く印象に残っている過去に犯した失敗体験というもの。

その一因は自己受容感と自尊感情の低さにあり、再び同じような失敗を繰り返したくない、そんな意識に捉えられることにもなりかねません。

自尊感情と呼ばれているのは、生きる自らの価値を認識して、生かされている命を大切にしようとする感情。

自己受容感と呼ばれているのは、自身のポジティブなところもネガティブな面も、あるがままに認めていける感情です。

 

| 4.自らが役に立っているという感覚を自己有用感と呼ぶもの

他者のために頑張れないということ。周りの人たちや社会との繋がりの中で、自らが役に立っているという感覚を自己有用感と呼ぶもの。

集団の中で役に立っている喜びは、深く本能に根ざしていて、誰かのためになっていると実感できる環境下では、多少の負荷は大きくても頑張れます。

但し、こうした自己有用感が低い場合、それを実感することができないので、力を出すこともできず継続力も発揮できません。

 

 

 


自己肯定感が低い人には何かの切っ掛けも、注意しておきたい原因面


 

| 1.幼い頃に親から厳しく育てられた、そうした経験がある

厳しく育てられたということ。自己肯定感が低い人に割に見られるのが、幼い頃に親から厳しく育てられた、そうした経験があるというもの。

特に、駄目な子などと否定的な言葉を聞かされてきた場合、コンプレックスを持ってしまうことにもなりかねません。

また、友人や優秀な兄弟などと比較され育てられてきた時は、他人と比べてしまい落ち込んでしまうことが多々あります。

 

| 2.環境や容姿に恋愛経験など、コンプレックスがあるという

コンプレックスがあるということ。自己肯定感が低い人に良く見られるのが、育ってきた環境や容姿に恋愛経験など、コンプレックスがあるというもの。

他者の評価に振り回されることが多く、自らのことを認めることができません。

ネガティブな思考パターンが癖になっていて、自分自身に対し自信が持てなくなっています。

 

| 3.稀に見られるのが、意外にも完璧主義な一面があるという

完璧主義ということ。自己肯定感が低い人に稀に見られるのが、意外にも完璧主義な一面があるというもの。

なので、そこそこ仕事ができていても、良くなかった点や最後まで完遂できなかったなど、できなかった部分に目を向けることにもなりかねません。

計画通りに物事が進行しなければ落ち込むなど、完璧主義者であることが自己否定に陥ることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

状態が続いて停滞しているような人物。ここでは、自己肯定感が低い人は因果応報かも知れない、改善に結び付ける対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。