ムカついた時の対処は上手くしたいもの、首尾よく転換する切り替え方



日々を過ごしていると、ムカついた時の対処法を考えることがあるもの。身近にムカつくような人がいる場合、イライラして気分が悪くなることがあります。

それは仕事関連の人たちをはじめとして家族や友達など、ムカついた時にも逃げられない人間関係ということも珍しくありません。

ほかにも仕事でミスを犯してしまい、余りの不甲斐なさに情けなくなりムカつくことも良くあります。

特に周囲の人たちに迷惑をかけてしまった場合、その場はリカバリーに忙しくしていても、ふと気づけば自己嫌悪に陥ることにもなりかねません。

ムカついた時に聴く曲など人により対応は様々ですが、やり方を知っておくと先々にも役立ちます。

ここでは、ムカついた時の対処は上手くしたいもの、首尾よく転換する切り替え方を紹介しています。

 

 

 


ムカついた時の対処は上手くしたいもの、首尾よく転換する切り替え方


 

| 1.それが引き金になって更に逆上してしまうことにもなる

態度を表に出さず冷静を心掛けるということ。ムカつくからとすぐ顔や態度に出した場合、それが引き金になって更に逆上してしまうことにもなるもの。

相手に対しても自分自身が感情的になっているのを悟られれば、場合により感情を煽る言動をされたり、ムカつく行為を継続させることにもなりかねません。

表情に出やすい人は、できる限り相手の顔を見ないようにするなど、常に冷静を保つのが首尾よく転換する切り替え方の一つ。

男性にしても女性にしても、大の大人が苛立っている様子をみせるのは、見ぐるしい姿ということにもなりかねません。

 

| 2.ムカついたり、反発する気持ちが芽生えることもあるもの

上司の指摘や注意は素直に聞き入れるということ。上司から指摘や注意を受けた場合、良く知らないでとムカついたり、反発する気持ちが芽生えることもあるもの。

上司は現場に詳しくなくても共に仕事をする仲間で、そもそも他の人間から何らかの助言を受けられるのは、非常に貴重な機会というものです。

ある意味で自分自身の幅を広げてくれると考え、素直に話を聞いて成長の糧にするのが、首尾よく転換する切り替え方の一つ。

 

| 3.観察して自分自身の糧にするといったやり過ごし方もある

反面教師にするということ。ムカつく人に出くわした場合、良く相手を観察して自分自身の糧にするといったやり過ごし方もあるもの。

ムカついた態度を相手に取られることで、同じ様な思いを他者にさせないよう気をつけたり、自らを洗練するための反面教師にすれば冷静さを保てるかも知れません。

先々で今対峙している人と似たような状況になっても、同じ轍を踏まないで上手く対処できる、首尾よく転換する切り替え方の一つ。

 

| 4.否定してくる人の場合、適当に相槌を打ち話を聞き流す

話半分で聞き流すということ。こちらの意見を受け入れず、有無を言わせず否定してくる人の場合、適当に相槌を打ち話を聞き流すというもの。

こちら側から歩み寄ろうとしても、話し合いをするような余地のない人物は、相手にするだけ時間の無駄ということにもなりかねません。

相手が話してくる事柄に深入りせずに、適当に相槌を打ち聞く振りをするのが秘訣で、話をさせるだけさせ満足して貰い会話を終わらせるようにします。

聞き流しておくと反論や軋轢を生まないので、その分時間を浪費せずに済む、首尾よく転換する切り替え方の一つ。

 

| 5.必要がない人の場合、踏ん切りをつけ無視してみるという

思い切って無視するということ。同じ職場でも違う部署にいるなど、業務的に深く関わる必要がない人の場合、踏ん切りをつけ無視してみるというもの。

さほど関係ないような部署の人であれば、無視することで自分の方に近寄ってこなくなる、首尾よく転換する切り替え方の一つ。

少し子供っぽいような態度ですが、相手が反応を面白がるタイプの時は、反応をしないことになり自分自身に向いている興味や関心が薄れていくかも知れません。

 

 

 


ムカついた時にはいろいろな面が見られるもの、知っておきたい原因面


 

| 1.言い方や発言が多い場合、非常にムカつき距離を置きたく

上から目線で物を言われたということ。付き合っている恋人や友人などが、時折見せる上から目線の言い方や発言が多い場合、非常にムカつき距離を置きたくなるもの。

他人なので価値観の違いは多少なりともあるものの、特に理由もなく偉そうにされたり、自分が何をしても否定的だったり見下されるのはムカつくことにもなりかねません。

但し、上から目線と言っても、こちらのことを思ってくれている場合もあり、至らない点や改善して欲しいところをアドバイスしていることもあります。

 

| 2.節もないのに、職場の上司から理不尽に叱責されたという

理不尽に叱責されたということ。誰だってムカつくのが、何の落ち度や思い当たる節もないのに、職場の上司から理不尽に叱責されたというもの。

勘違いであれば互いに話し合っことで誤解の解消もできますが、理由も分からず相手側がただ怒っているだけなら、時間とエネルギーを無駄に消費するだけです。

相手の言っていることに全く筋が通らなければなおさらで、非常に非生産的なことになり二重に疲れることにもなりかねません。

 

| 3.予定を入れた後で、ドタキャンされたりしたというもの

約束や予定を破られたということ。相手の都合似合わせて、自分の時間を空け予定を入れた後で、ドタキャンされたりしたというもの。

予め約束していたことを大した理由もなく破られたり反故にされると、流石にムカつきを通り越して怒りが湧き上がるということにもなりかねません。

約束や予定を破られるのは、悔しさや残念な気持ちにも一瞬捉われますが、次はムカつくほか怒りの感情に陥ることになります。

 

 

 


ムカついた時の態度は人それぞれで違うもの、注意したいその特徴面


 

| 1.言い合いになると突然黙り込んで一切無視してしまうと

黙ってしまうということ。怒った時の態度で我慢強い人がしがちなのは、黙ってしまうことで、言い合いになると突然黙り込んで一切無視してしまうというもの。

この手のタイプは案外に多く世の中に存在していて、コミュニケーションが図れなくなるので、非常に難しい雰囲気にもなりかねません。

黙ってしまう人には二通りあり、一つは相手が感情的になっていて何を言っても無駄と冷静に判断した人で、もう一方は投げやりになっている人物です。

 

| 2.相手の都合など考えず言いたいことが口を突いて出てくる

言いたいことだけ言うということ。怒った時の態度に見られるのが、相手の都合など考えず言いたいことが口を突いて出てくるタイプというもの。

互いに話して聞ける、そんな関係が理想ですが、結果としてあちこち話題がいってしまい、気が付けば後に残るものが何もないということにもなりかねません。

苛立った時に相手の言い分などに耳を傾けることはなく、言いたいことだけ怒るのは、自分自身のストレスが発散できれば気が済んでいるのかも知れません。

 

| 3.イライラしている時だと些細なことで怒り出すというもの

気分によって怒るということ。気分が良い時であれば、人に文句を言われても怒りませんが、イライラしている時だと些細なことで怒り出すというもの。

特に自分自身の中の判断基準が明確にない人は気分屋で、他の人に与えてしまうような負担などををあまり考えません。

怒っている場合と楽しい状態で全然態度が違うので、表情を見た瞬間に心の中の状態がすぐに分かるようなこともあります。

 

 

 

まとめ

人間関係ということも珍しくはないと。ここでは、ムカついた時の対処は上手くしたいもの、首尾よく転換する切り替え方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。