そそっかしい人の末路も厳しいもの、上手く立て直す具体的な改善案



身の回りを見渡すと、そそっかしい人がいるもの。慎重な人から見れば、少し理解し辛いところがあるような、何事も性急に取り掛かるような人。

そそっかしい人の意味はと言うと、態度や行動に落ち着きがなかったり、注意不足で軽々しいところが見られ何かと失敗をしがちな人。

もちろんそそっかしい人は病気の場合もありますが、そうした傾向が災いして、仕事などでも大変なミスを犯してしまうことにもなりかねません。

長所となっている部分も事実ですが、大半は短所として捉えられることが多くなります。

なので、もう少し落ち着いた振る舞いをしたいという自覚がある場合、注意していくことが必要。

ここでは、そそっかしい人の末路も厳しいもの、上手く立て直す具体的な改善案を紹介しています。

 

 

 


そそっかしい人の末路も厳しいもの、上手く立て直す具体的な改善案


 

| 1.身体が先に動いている、そんなことが非常に多いという

一旦落ち着く癖を付けるということ。そそっかしい人は思い込みが激しく、頭で考えるより身体が先に動いている、そんなことが非常に多いというもの。

結果的に、深く考えなかったことが失敗に繋がることも多々あり、防ぐためにも一旦落ち着く癖を付けるのが、上手く立て直す具体的な改善案の一つ。

先ずは何事も任せてなどと着手する前の段階で一旦深呼吸して冷静になり物事を考えてみるよう心掛けます。

 

| 2.見られるのが、早合点の早忘れ、そういったことが多い

人の話は最後まで聞くということ。そそっかしい人に良く見られるのが、早合点の早忘れ、そういったことが多いというもの。

他の人が言いかけている間に話を半分も聞かないで、わかったと出掛けてしまって、到着した先で結局何するんだということにもなりかねません。

何を言うか大体の想像がついた場合でも、明確に認識を合わせるよう最後まで話を聞くのが、上手く立て直す具体的な改善案の一つ。

 

| 3.時には周囲の人たちのペースに合わせてみるというもの

時には周囲の人たちにペースを合わせるということ。そそっかしい傾向を直したい場合、時には周囲の人たちのペースに合わせてみるというもの。

自らのペースだけで動いているばかりでは、そそっかしさ傾向からはなかなか抜け出すことはできません。

冷静で慎重な人などにペースを合わせることで、自分に足りない部分も発見できる、上手く立て直す具体的な改善案の一つ。

 

| 4.方法として、第三者目線で自らを俯瞰してみることが重要

自分自身を俯瞰して見てみるということ。そそっかしい傾向を直していく方法として、第三者目線で自らを俯瞰してみることが重要というもの。

周囲の人に対して、自分はいつも急いでいるとか落ち着きがないなど、意識できるようになれば逆にそれを止めることも可能になる訳です。

自分自身を第三者目線で見て俯瞰するのは、長所や短所も見つけやすくなり、結果として成長にもつながる、上手く立て直す具体的な改善案の一つ。

 

| 5.苦手なことですが、動く前の段階で計画を立てるという

動く前に計画を立てるということ。そそっかしい人には本当に苦手なことですが、動く前の段階で計画を立てるというもの。

このプロセスを飛ばしてしまえば、そそっかしさは直らず、周囲の人たちの意見も上手に取り入れ、自らの考えと合わせて計画を立てます。

案外に計画を立てて行動した方が、物事がスムーズに進むことも多々ある、上手く立て直す具体的な改善案の一つ。

 

 

 


そそっかしい人とは何者かを掴むことも大事、知っておきたい心理状況


 

| 1.なっている人は、落ち着いて物事に向かうことができる

深く考えずに行動したいという心理状況。よく考えた後で行動するのが習慣となっている人は、落ち着いて物事に向かうことができるというもの。

そそっかしい人は深く考えないで、すぐに行動に移してしまうことが多く、じっくりと考えているより、早く行動したいという気持ちが強いところが見られます。

考える時間は非常に重要ですが、そうすると行動するのが遅くなるので、時間を粗末にするように思ってしまうことにもなりかねません。

 

| 2.スケジュールがあっても、それを忘れてしまうことが多々

忘れることが多いという心理状況。そそっかしい人に見られるのが、何かの計画やスケジュールがあっても、それを忘れてしまうことが多々あるというもの。

約束をした場合でも、相手がその場所に現れず、連絡をしてみると約束を忘れていたということもあります。

そそっかしい人は、忘れてしまい申し訳ない気持ちもありますが、性格の変え方も分からず、再び同じ失敗を繰り返してしまうことにもなりかねません。

 

| 3.早く終わらせたいという気持ちが湧き起こるというもの

要件を早く終わらせたいという心理状況。要件を抱えている場合、それがプレッシャーにもなり、早く終わらせたいという気持ちが湧き起こるというもの。

早く終わらせればと、その後リラックスできるとの気持ちもあり、ついせっかちになって、急いで作業をしてしまうことにもなりかねません。

責任を負いたくないなどの気持ちもあり、要件をいつまでも抱えた儘でいたくないということにもなりかねません。

 

| 4.大事にしたいところがあり、変えることに抵抗を持って

自らのペースを守りたいという心理状況。そそっかしい人に見られるのが、自分のペースを大事にしたいところがあり、変えることに抵抗を持っているというもの。

周囲の人たちにそそっかしいと思われていても、これが自分自身のペースなので仕方がない、そんな開き直ったところもあります。

協調性について考えてみれば、自らのペースを主張するのが良くない場面も社会にはあり、注意を受けることにもなりかねません。

 

 

 


そそっかしい人には様ざまな面が見られるもの、注意したいその特徴面


 

| 1.落ち着いて行動していることは滅多いないというものです

行動に落ち着きがないということ。何かしら常に右往左往していたり、狼狽していることが多く、落ち着いて行動していることは滅多いないというもの。

結果として、そそっかしい人は周囲の人たちにちょっと騒々しい、そういった印象を持たれてしまうことにもなりかねません。

そそっかしい人は、思いついたら性急に物事に取り掛かることが多く、常に右往左往しているところが見られます。

 

| 2.手を付けてしまうので、リスク管理が非常に疎かになる

ミスが多いということ。そそっかしい人深く考えず物事に手を付けてしまうので、リスク管理が非常に疎かになるというもの。

こうすればこうなるなど想定することもあまりなく、予め注意しておいたり警戒するなどと言った能力が少し弱めです。

結果として、どうしても仕事でミスが多くなるのは当たり前というもので、そそっかしい人に見られる大きな短所の一つです。

 

| 3.ミスしたとしても、周囲の人たちが助けてくれるという

ミスしても何とかなると思っているということ。そそっかしい人は、例え自分がミスしたとしても、周囲の人たちが助けてくれるという甘えがあるもの。

ミスをしがちな人間ということは分かっていて、常に周囲の人たちがフォローをしてくれ、トラブルにはならずに済むと思っています。

但し、そそっかしい状態でいると、周りの人たちに迷惑を掛けることになり、結果的に他の人の仕事をストップさせる危険があるということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

それは何事も性急に取り掛かるような人。ここでは、そそっかしい人の末路も厳しいもの、上手く立て直す具体的な改善案を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。