壁を作る人とも親しくしたいもの、良好な関係を構築していく具体策



身の回りを見渡すと、壁を作る人がいるもの。話しかけても相槌だけで、このライン以上には入られたくないという意思を感じる人。

こうした自らの気持ちを表に出さない人に壁を作る人には、嫌われてるかもなど深読みしてしまうことにもなりかねません。

壁を作る人は仕事などでも困りますが、なぜかと言えば人間関係で過去に嫌なことがあったことなどが想像できることの一つ。

人間関係で何らかの問題を体験したことによって、他の人と仲良くしてもまた嫌な思いをするだけ、そんな風に否定的な考え方に陥っています。

但し、それ以前は他の人に関心などもあって、人間を信用していたことに疑いはありません。

ここでは、壁を作る人とも親しくしたいもの、良好な関係を構築していく具体策を紹介しています。

 

 

 


壁を作る人とも親しくしたいもの、良好な関係を構築していく具体策


 

| 1.自らの距離感ではなく、相手が心地良いと感じる距離感で

心地良い距離感で関わるということ。相手との距離感の詰め方が大切なポイントで、自らの距離感ではなく、相手が心地良いと感じる距離感で接するというもの。

そうすることにより、壁を作る人も自らを尊重してくれていると感じることになる、良好な関係を構築していく具体策の一つ。

もちろん、相手の許可を得ないでテリトリーに入り込んでいけば嫌がられるので、遠くから相手の状況を観察しながら、段々と距離を近付けていきます。

 

| 2.先ずは自分自身が壁を作らないことが大前提になるという

オープンな姿勢で関わるということ。相手の壁をどうこうしたいというのであれば、先ずは自分自身が壁を作らないことが大前提になるというもの。

相手と打ち解けるような行動を起こす以前に、自ら心の扉を大きく開いて、オープンな姿勢を意識するのが良好な関係を構築していく具体策の一つ。

柔和な表情や口角を上げるなどの態度に表すことが重要で、言葉よりもそんな姿勢自体が相手に伝わることになります。

 

| 3.一定の礼儀を持って接していくことが非常に大事になる

礼儀を持ち接するということ。当たり前ですが相手の壁を突破したい場合、一定の礼儀を持って接していくことが非常に大事になるというもの。

もちろん表面上のことだけではなく、相手に対しての尊重やリスペクトの気持ちを持って接するのが、良好な関係を構築していく具体策の一つ。

礼節を持ち接することで、壁を作る人に対して害がない相手と認識して貰う、そんなことがファーストステップにもなります。

 

| 4.普段から細かく観察してみたり、詳しく分析していくと

価値観を分析するということ。壁を作る人の性格だったり価値観などを、普段から細かく観察してみたり、詳しく分析していくというもの。

相手の好きなことや嫌いなことをはじめ、良く使う言葉の言い回しなどを把握し、踏んではいけない地雷も知るよう心掛けます。

コミュニケーション上の相手のスピード感やリズム感を知ることも大事なことで、早い人には早くゆっくりな人ならゆっくりで合わせます。

同じペースで関わるようにすれば、相手も親しみを感じて打ち解けやすくなる、良好な関係を構築していく具体策の一つ。

 

| 5.大半の人たちは、承認が足りないと感じているというもの

承認のコミュニケーションを継続するということ。全ての人間は承認欲求があり、世の中の大半の人たちは、承認が足りないと感じているというもの。

社会的ステータスやハイブランドで身を固めるなど、あの手この手の行動によって、他の人間からの承認を得ようとすることにもなりかねません。

基本的に壁を作る人と仲良くしていきたい場合、相手を承認するという認識でコミュニケーションを図るのが、良好な関係を構築していく具体策の一つ。

 

 

 


急に壁を作る人も稀にはいるもの、注意しておきたいそんな心理状況


 

| 1.心の壁は、自分自身を守ろうとする防御意識というもの

被害者意識を抱えているという心理状況。壁を作る人に見受けられる心の壁は、自分自身を守ろうとする防御意識というもの。

過去に他の人間と深く関わり裏切られたりのほか、傷付いた経験やトラウマがあれば、警戒心が異常に強くなったり疑り深くなったりと、人間不信から壁を作ることにもなりかねません。

それが自らに非があり自業自得の体験だったとしても、自分自身を正当化するため被害者意識を持つことがあります。

 

| 2.自信もなく罪悪感だったり羞恥心を抱えているというもの

自らに自信がないという心理状況。壁を作る人に良く見られるのが、自らに自信もなく罪悪感だったり羞恥心を抱えているというもの。

こうした自分が近付いた場合、変な目で見られてしまうとか嫌われてしまうなどのほか、失望させてしまうということにもなりかねません。

こうした他の人に対しての、怖れだったり不安が生まれて、壁を作るという行動へと走りかねません。

 

| 3.高いところがあり、それを守るために心の壁を作るという

プライドが高いという心理状況。壁を作る人に見受けられるのが、プライドが異常に高いところがあり、それを守るために心の壁を作るというもの。

常に自分自身が、相手よりも優位に立ちたいと考えていて、下になること自体が許せないことにもなりかねません。

結果として、人と一定の距離を維持していれば、相手より自分が下になるような、プライドを傷付けられるリスクが減らせます。

 

| 4.ドライな傾向があり、心の壁を作りがちというものです

ドライな傾向があるという心理状況。壁を作る人に見られるのが、ドライな傾向があり、心の壁を作りがちというもの。

人間関係において粘着した関係性を嫌っていて、常に表面的な関係や割り切った関係性を維持しようとします。

他の人に対する共感性も低く、情けをかけることも少ないので、冷たい人という印象を与えることにもなりかねません。

 

 

 


壁を作る人は嫌いという声も多々あるもの、知っておきたいその特徴面


 

| 1.正直な気持ちなど、余り自己開示をしないというものです

自分自身の話をしないということ。壁を作る人は個人的に突っ込んだ話だったり正直な気持ちなど、余り自己開示をしないというもの。

自分の見せたくないところを見られたり、ありのままの自分を表すことに苦手意識や不安を抱えています。

リスクを冒したくないので、どうしても自分自身の話はしない、そうした選択になります。

 

| 2.自身の心の内を明かすような真似は極力しないというもの

感情を表に出さないということ。壁を作る人に見られるのが、自身の心の内を明かすような真似は極力しないというもの。

壁を作る人は言葉はもちろんのこと表情やボディランゲージなど、自分自身の感情を露わにすることを避けようとします。

中には、作り上げた巧妙なフランクな態度を見せ、相手側に壁を作っているのを察知されないようにするタイプの人もいます。

 

| 3.相手にも詮索などはせず、一定の距離を維持しようとする

他人のことには深入りしないということ。壁を作る人は自らが深入りされたくないので、相手にも詮索などはせず、一定の距離を維持しようとするもの。

仕事上の関係は保っていますが、それ以外に飲みに誘われたりしても、曖昧に身をかわそうとします。

他者に対して深入りすることや、逆をされることにも怖れや不安を感じているということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

そんな風に否定的考え方に陥っています。ここでは、壁を作る人とも親しくしたいもの、良好な関係を構築していく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。