どうしようもない時の末路も厳しいもの、逆転に繋いでいく乗り切り方



日々を過ごしていると、どうしようもない時を迎えることがあるもの。生きていると様々なことに出会いますが、幸せなことより辛い思いの方が記憶に残るとされています。

もちろん辛くてどうしようもない時があったり、どうしようもなく悲しい時があったりと、それが人生とも言えます。

また仕事が忙し過ぎるような場合、多忙な中では精神的余裕も生まれず、一人で抱え込むことになれば更に悪化してしまうことに繋がりかねません。

それによって、イライラしてどうしようもない時が頻繁にあったりと、職場での人間関係の悪化に結び付くことになりかねません。

なので、辛くてどうしようもない時など、対処の仕方を掴んでおくと先々で役立ちます。

ここでは、どうしようもない時の末路も厳しいもの、逆転に繋いでいく乗り切り方を紹介しています。

 

 

 


どうしようもない時の末路も厳しいもの、逆転に繋いでいく乗り切り方


 

| 1.身体を動かすことにより気持ちが晴れることは珍しくない

身体を動かすということ。どうしようもない時は何もしたくない、そういった人も多いものですが、反対に身体を動かすことにより気持ちが晴れることは珍しくないもの。

運動をすると幸せホルモンとされる脳内物質のセロトニンが分泌されて、そのことによりストレスが解消され、辛い気持ちも和らぐことが知られています。

ちょっとしたジョギングをはじめ筋トレだったり散歩など、身体を動かして辛い状況に向かうのも、逆転に繋いでいく乗り切り方の一つ。

 

| 2.閉じ籠っていては、解放にはなかなか向かっていかない

外に出ることで心をリラックスさせるということ。どうしようもない時に、いつまでも部屋の中に閉じ籠っていては、解放にはなかなか向かっていかないというもの。

そうした時は、思い切って部屋から外に出て空気を吸うのが良く、特に昼間の時間帯であれば日光を沢山吸収でき大きな気分転換になります。

精神的に辛くて部屋に閉じ籠っていたいと感じても、少しの頑張りで外に出るだけで大きく気持ちも変化する、逆転に繋いでいく乗り切り方の一つ。

 

| 3.気分もリフレッシュされて辛さが和らぐというものです

好きな趣味に熱中するということ。どうしようもない時には、己自身が好きな事柄に嵌まり込むことで、気分もリフレッシュされて辛さが和らぐというもの。

映画好きであれば休日に映画館に行って何本か観てみたり、音楽好きであれば部屋で流し続けたりと、どっぷりと没頭してみるようにします。

こういった好きな事柄に嵌まり込めば、気づいたときには辛さも忘れている可能性もなくはない、逆転に繋いでいく乗り切り方の一つ。

 

| 4.心も折れそうになる、そういった人も全然珍しくはない

己自身に優しくするということ。どうしようもない時には、心も折れそうになる、そういった人も全然珍しくはないというもの。

そんな辛いときは己自身に優しくすることが大切で、自然に自己肯定感も上がってくるので、辛さが徐々に解放されることに結び付きます。

普段より豪華なランチを食べて仕事の疲れを癒したり、有給休暇があれば申請したりと、己自身に優しくすることで辛さも解放される、逆転に繋いでいく乗り切り方の一つ。

 

| 5.信用できる人物に相談し、心の負担を軽くしていくという

信用の置ける人物に相談するということ。どうしようもない時は全てを一人で抱え込まないことが大事なことで、その気持ちを信用できる人物に相談し、心の負担を軽くしていくというもの。

己自身ではどうしようもないような物事でも、信用できる人物の些細な助言により解決する可能性もある、逆転に繋いでいく乗り切り方の一つ。

味方が側に寄り添っているのを自覚することで、気分的にも落ち着き楽になって、先々に向かい頑張って行けるはずです。

 

 

 


どうしようもなく辛い時も中にはあるもの、覚えておきたいその原因面


 

| 1.休息が取れているか、そんなことを振り返るのが大切な

休息が不充分ということ。毎日がどうしようもなく辛いと感じているケースでは、先ずは充分に休息が取れているか、そんなことを振り返るのが大切なポイントというもの。

多忙で休むことができなかったり、心配なことが頭から離れず眠れないなど、休息を充分に取ることができない環境では、日々の疲労回復は難しくなりかねません。

心身の疲労はメンタル的にも大きく影響を及ぼすので、回復が見込めない疲れが毎日徐々に溜まった結果、慢性的疲労となりどうしようもない時を迎えかねません。

 

| 2.悩みだったり不安は、精神的負担や疲労に結び付く可能性

対人関係に悩みがあるということ。他者とコミュニケーションが上手く図れない、そうした悩みだったり不安は、精神的負担や疲労に結び付く可能性があるもの。

特に、頻繁に顔を合わせる相手と良い人間関係が築けない場合、日常的ストレスとして余分に積み重なっていきやすくなります。

対人関係は社会生活を過ごす上で避けて通ることは難しいもので、上手くいかないときには憂鬱になり、日々が辛くてどうしようもない時を迎えかねません。

 

| 3.それが毎日の辛さに結び付いている可能性は高くなるもの

仕事の状況が影響しているということ。現在関係している仕事が順調ではなく上手く行っていないケースでは、それが毎日の辛さに結び付いている可能性は高くなるもの。

大きなミスを犯してしてしまったり、目標達成できないとか上司から叱責をされたなど、仕事上で生じる悩みとは様ざまにあります。

仕事上の悩みから己自身を情けなく感じたり否定したりと、日々の意欲が下がり精神的に追い詰められて、辛いと感じる要因になっていることもあります。

 

 

 


どうしようもなくなった時もあるもの、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.嫌な記憶自体が忘れられない、そうした理由かも知れない

辛い思い出を忘れられない心理状態。どうしようもない時に見られるのが、過去の嫌な記憶自体が忘れられない、そうした理由かも知れないというもの。

仕事で犯した大失敗だったり、失恋やプライベート面の悲しい出来事など、辛い記憶は脳内に強く刻まれてしまいやすいものです。

時間が空いた時だったりふとした瞬間に、そういった記憶が呼び覚まされてしまい、いつまでも逃れられずどうしようもない時を迎えかねません。

 

|  2.持っている品物に対して、羨ましいと感じることは誰しも

他の人との比較癖があるという心理状態。己自身にはないような能力や持っている品物に対して、羨ましいと感じることは誰しもあるもの。

但し、こういった比較癖が強すぎたケースでは、己自身が周りの人たちより劣っている、そういう具合に毎日が辛く感じることにもなりかねません。

こうして自他を比べすぎた結果として、己自身にはできないとか何もないと卑下し、過剰に落ち込みどうしようもない時を迎えかねません。

 

| 3.ケースでは、己自身の傾向が影響している可能性がある

完璧主義者的な傾向という心理状態。数年単位で日々が辛いと思い続けているケースでは、己自身の傾向が影響している可能性があるもの。

完璧主義者的なところがある人は、必要以上に己自身を追い詰めることもあり、結果的に日々が辛くなっていることになりかねません。

何にしても完璧を追求する人は、物事に対しての妥協が難しく、常に完全な結果を求めて行動しがちで、気を張る状況は負担が大きくなりかねません。

 

 

 

まとめ

対処の仕方を掴んでおくと役立ちます。ここでは、どうしようもない時の末路も厳しいもの、逆転に繋いでいく乗り切り方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。