嫉妬深い性格を直したいときもあるもの、上手く改善に繋げる具体策



人生を過ごしていると、嫉妬深い自分を直したい時もあるもの。異性の話をパートナーがするだけで苛立つなど、嫉妬深くなる自分にうんざり時もあります。

嫉妬心というのは、相手の愛情だったり関心が自分から離れていくことが怖くなったり、不安が湧き上がるときに表れる感情。

なので、自分に自信が持てない場合、相手が簡単に自分から去ってしまったり、離れて行っても不思議ではないと思いやすくなります。

過去に友人関係などの人間関係で躓いた経験があったり、恋人に浮気されたことなどがあれば、より嫉妬深くなりかねません。

但し、男性にしても女性にしてもこうした気持ちが強くなり過ぎ、常に嫉妬心に支配されるようでは、日常に支障をきたすことになりかねません。

ここでは、嫉妬深い性格を直したいときもあるもの、上手く改善に繋げる具体策を紹介しています。

 

 

 


嫉妬深い性格を直したいときもあるもの、上手く改善に繋げる具体策


 

| 1.自らの思考の癖は、気持ちだったり行動に影響するという

考えの癖を見つけ再考するということ。どのような考え方が正しいとか間違いはないものの、自らの思考の癖は、気持ちだったり行動に影響するというもの。

コップに水が半分ある状況で、もう半分しかないと思う人は焦りや不安が生じますが、まだ半分あると思う人は安心し、水を大切に飲もうとするかも知れません。

自分自身を苦しめる方向に行きがちな人は、考え方にの癖について振り返ることが、その後の気持ちだったり行動を変えていくのに役立ちます。

振り返る習慣を付けておけば、考え方の癖だったり行動パターンも見えてきて、自らを客観的に見ることもきる、上手く改善に繋げる具体策の一つ。

 

| 2.ケースでは、それらの事柄から少し距離を置いてみると

嫉妬の対象から距離を置くということ。嫉妬の対象が近くにあるというケースでは、それらの事柄から少し距離を置いてみるというもの。

パートナーが他の異性と一緒にいるのを目撃したり、話しているのを聞いたりするのは、誰でも嫌なものということにもなりかねません。

パートナーが他の異性と話すのを見掛けるような場所には行かないとか、携帯を自分自身の見える位置に置かないようにして貰うなど。

そのような状態から距離を置いて日常生活を送れば、自然に嫉妬する気持ちも和らぐ、上手く改善に繋げる具体策の一つ。

 

| 3.不機嫌な態度で示したりと、そんな経験は誰しもあるもの

気持ちの伝え方を変えてみるということ。嫉妬の気持ちを感情のままに伝えたり、無言のままで不機嫌な態度で示したりと、そんな経験は誰しもあるもの。

そんな時は気持ちの伝え方を変えるのも一つのやり方で、要望の伝え方には二通りありアイメッセージとユーメッセージになります。

浮気しないではユーメッセージですが、それに対し浮気されると悲しいはアイメッセージになり、自分の気持ちや感情をなどを伝えることになります。

ユーメッセージの伝え方では反発したくなるパートナーも、アイメッセージで素直な気持ちを聞いてくれる可能性が上がる、上手く改善に繋げる具体策の一つ。

 

| 4.自分自身の時間を楽しめない、そういった傾向があると

私生活を充実させるということ。嫉妬深い人に良く見られるのが、自分自身の時間を楽しめない、そういった傾向があるというもの。

なので、自らの空いた時間を楽しむ活動を幾つか考えて、実践していくことが大事になる、上手く改善に繋げる具体策の一つ。

一人でもできる活動としては、絵を描いたり音楽を聴くとか、掃除をしたりゆっくりお風呂に浸かるなどがあります。

誰かと楽しむ活動としては、友達と食事に行ったりカラオケに行くなどのほか、家族と旅行に出掛けたりすることがあり、自分に似合った活動を生活の中に取り入れることが大切。

 

 

 


そこには様ざまな面が見られるもの、注意したい嫉妬しやすい人の特徴


 

| 1.恋愛に関しても恋人に対し執着心を抱いてしまうという

執着心が非常に強いということ。嫉妬深い人に見られるのが、あらゆるものにこだわりが強く、恋愛に関しても恋人に対し執着心を抱いてしまうというもの。

こうした強い執着心は、人といる時間よりも自分と一緒の時間を増やして欲しいとか、自分以外の異性とは出掛けて欲しくないなど、嫉妬心へと繋がりかねません。

一つの物事に執着して依存しやすいタイプは、恋人に対しても依存しやすく、やきもちを焼いたり束縛をすることにもなりかねません。

 

| 2.他の人間に自分の恋人や友達を奪われたくないというもの

負けず嫌いということ。嫉妬深い人に見受けられるのが、プライドが異常に高く負けず嫌いで、他の人間に自分の恋人や友達を奪われたくないというもの。

好きな人が周りの人と被った場合、何としても手に入れようと頑張る人は、その異性が好きなのではなく、自分自身が負けず嫌いだからということも多々あります。

常に他の人よりも前に行かなければ気が済まないのも負けず嫌いによくあり、自分が一番上でなければ気が済みません。

 

| 3.陥っている人は、他人の目をいつも気にしているという

常に他人が気になるということ。自らにコンプレックスがあったり、マイナス思考パターンに陥っている人は、他人の目をいつも気にしているというもの。

これは自分と他者を比較することに繋がり、他の人よりも自分自身が優れている部分を見つけることで、精神の安定を保っているということにもなりかねません。

こんな人は嫉妬深いところがあり、人と比べて自らが上か下かを見ることで、常に優位に立っていたいという気持ちも強くなります。

 

| 4.抱えているので、必然的に嫉妬深くなっているというもの

過去の恋愛にトラウマがあるということ。過去に浮気をされた体験のある人は、恋愛に対しトラウマを抱えているので、必然的に嫉妬深くなっているというもの。

相手の言葉を信用することができなくなったり、些細なことにも疑いやすくなったりと、一度抱えたトラウマというのはなかなか拭えません。

こういったトラウマを抱えた場合、明朗闊達だった人でも嫉妬深い人物に変わってしまいかねません。

 

 

 


嫉妬深いのを直したいのは友達などでも、知っておきたいその原因面


 

| 1.自分が持っていない品物を他の人が持っているというもの

持ってない物に対する妬みということ。嫉妬してしまう原因になる一つが、自分が持っていない品物を他の人が持っているというもの。

友人が人気ブランドの新作のものを買ったとき、羨ましいという感情が湧き上がるだけでなく妬ましく思ってしまうことにもなりかねません。

こうした気持ちが強い人は、恋人がいる人が羨ましいとか愛されていて嫉妬してしまうなど、恋人持ちの相手ばかりに恋してしまうことにもなりかねません。

 

|  2.そうしたものを失うのではという気持ちから生じるという

持っている物を失う妬みということ。恋人への嫉妬というのは、自分が既に手に入れてる、そうしたものを失うのではという気持ちから生じるというもの。

できる限り恋人の周囲に他の異性に寄ってきて欲しくない、そんなことをと思う気持ちは誰しもが一緒というものです。

嫉妬深い人はそんな気持ちが束縛に発展してしまうことも多く、恋人に迷惑を掛けてしまうことにもなりかねません。

 

|  3.趣味が異常に少なく、人に依存しやすいというものです

没頭している趣味がないということ。嫉妬深い人に見られるのが、趣味が異常に少なく、人に依存しやすいというもの。

没頭している趣味やスポーツなどがあれば、人に依存しなくても充分に楽しめます。

但し、趣味がない人は、休日だったり時間が空いた日には、恋人や友人と一緒に過ごすしかありません。

 

 

 

まとめ

不安が湧き上がるときに表れる感情です。ここでは、嫉妬深い性格を直したいときもあるもの、上手く改善に繋げる具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。