話がうまい人は危険なこともあるもの、注意深く対処していく具体策



周りを見渡すと、話がうまい人がいるもの。相手の会話の内容に合わせ適度な返しをし、その場の雰囲気を盛り上げるのが得意な話が上手い人。

話題に関する引き出しが多くボキャブラリーも豊富なので、どんな人に出会っても話を弾ませる能力的なものを持っているような人です。

頭の中はどうなっているのと疑うほど話が途切れず、話下手からすれば羨望の眼差しということにもなりかねません。

日本人は自らの意見を述べるのが苦手な民族とも呼ばれますが、人間関係ではコミュニケーションの能力は必須スキルともなります。

話が上手い人は仕事などでも重宝されますが、一方でその口のうまさに乗せられていると、困ったことになりかねず注意も必要。

ここでは、話がうまい人は危険なこともあるもの、注意深く対処していく具体策を紹介しています。

 

 

 


話がうまい人は危険なこともあるもの、注意深く対処していく具体策


 

| 1.押し付けるなど、確信犯的に口車に乗せてくるようなこと

褒めちぎって怯ませるということ。話がうまい人は嫌な仕事を押し付けるなど、確信犯的に口車に乗せてくるようなこともあるもの。

もし話がうまい人が必要以上に褒めてきた場合、負けないで自分も褒めちぎって怯ませるのが、注意深く対処していく具体策の一つ。

そうすることで、話がうまい人の勢いを一旦止めることができ、怯ませるにはいきなり褒めることが効果的で、冷静に考える時間が作れます。

 

| 2.気付いた瞬間から話半分で聞き流すことも良いやり方と

話半分で聞き流すということ。話がうまい人がやたらと褒めてくる場合、気付いた瞬間から話半分で聞き流すことも良いやり方というもの。

全てを鵜呑みにしては、自らのペースを奪われてしまうことになり、こうした手口で営業成績を上げている人も中にはいます。

話半分と言っても、どうしたら良いか分からない人は、会話術を盗むのも良く、相手の話を分析し自分のものするようにします。

こうすることで、口車に乗せられることもなくなり、自らの会話術のレベルも上げられる、注意深く対処していく具体策の一つ。

 

| 3.社会勉強だという風に割り切って次に備えるというもの

割り切って次に備えるということ。もしも丸め込まれて嫌な仕事を任された場合、社会勉強だという風に割り切って次に備えるというもの。

気付けば自らのデスクだけ資料が山積みで、褒め称えていた話がうまい人は、定時で仕事を終え飲み会に行った、そんなこともあるかも知れません。

そんな時は本当に悔しいものですが、これも社会勉強と割り切って、次に騙されない自分自身を作ることが、注意深く対処していく具体策の一つ。

社会には様々な人がいるので、いかにそうした状況を自分自身の未来に役立てるか、それを考えることが重要なポイントになります。

 

| 4.する場合、態度に出すのはやめ話を早く切り上げるという

態度に出さず早く話を切り上げるということ。話がうまい上司や先輩などの目上の人を相手にする場合、態度に出すのはやめ話を早く切り上げるというもの。

接する時間をできる限り短くするためには、角が立たないように早く話を切り上げるようにするのが、注意深く対処していく具体策の一つ。

話を切り上げる秘訣として、なるほどとかそうですねなど、相手の話を更に引き出すような反応は極力避けるようにします。

良いのは分かりましたとかその点に注意しますなど、話を完了させるような言葉を心掛けて多くします。

 

 

 


そこには様々な面が見られるもの、知っておきたい話がうまい人の特徴


 

| 1.気持ち良く話して貰える、そんなことを心掛けていると

表情が穏やかということ。話が上手い人に見られるのが、相手に対して気持ち良く話して貰える、そんなことを心掛けているというもの。

穏やかな表情をして相対し、相手を落ち着いた気分にさせるのが非常に上手いところがあります。

そうした穏やかな表情で話を聞いてくれれば、自己承認欲求も満たされるので、もっと話したいと思う人も大勢います。

 

| 2.いい加減なことを口にしている思われているというもの

観察力があるということ。話が上手い人は口先だけの人に見られることも多く、いい加減なことを口にしている思われているというもの。

但し、いい加減なことばかりを言っている訳ではなく、実際は非常に良く他の人たちのことを観察しています。

多くの人が見逃してしまいそうな些細な長所に気が付けるので、他の人の長所を見つけやすいという能力があります。

 

| 3.受け取られ、見る目が厳しい人から敬遠されることもある

口だけだと思われるということ。話がうまい人は、いわゆるお調子者と受け取られ、見る目が厳しい人から敬遠されることもあるもの。

人の長所を見つけられるような素晴らしいところを持っているのに、信頼されないなんて少し可哀そうかも知れません。

但し、口がうまい人の中には、心の奥底でずる賢いことを企んでいる、そうした人がいることもまた事実になります。

 

| 4.理解力を考えて、思い遣りを持って話せるというものです

分かりやすい言葉を使うということ。話が上手い人に見られるのが、相手の理解力を考えて、思い遣りを持って話せるというもの。

難しい単語など使わずに言い回しを変えてみたり、相手が共感しやすい言葉にしたりなど、日頃から相手に気を配ることが普通になっています。

分かりやすい言葉を使ので、複数人で集まるような場でも、ついていけないような人を出さず会話にも弾みます。

 

 

 


話が上手い人は有名人にも多いもの、注意しておきたいその心理状況


 

| 1.話すときでも、相手の興味を惹きつけられる能力を持って

ポジティブ思考という心理状況。話がうまい人は、どんな事柄をを話すときでも、相手の興味を惹きつけられる能力を持っているもの。

職場で上司に叱責されご飯をやけ食いした話題など、自分自身の身に起きたネガティブな出来事も、脳内でポジティブに変換して話せるので、相手の気持ちを明るくできます。

常にポジティブな思考パターンをしていて、どんな時にも心が晴れ晴れする、そうした会話ができるのが、話が上手い人の面目躍如といったところです。

 

| 2.極端に早口だったり、話を遮ってばかりの人だと話づらく

相手のリズムに合わせられるという心理状況。話している相手が自分と比べ、極端に早口だったり、話を遮ってばかりの人だと話づらくなるもの。

話が上手い人は、目の前の相手のリズムに合わせられるので、好かれるのはもちろんのこと、無意識に話したい気持ちにさせていることにもなりかねません。

デート中などに相手に合わせたスピードだったりテンポで話ができれば、自分自身がしたい話を聞いて貰えると好意を抱くのはある意味当たり前です。

 

| 3.良く喋りますが、論理的な思考に長けているというもの

話の順序が明確という心理状況。話がうまい人は口から先に生まれたのかと思わせるほど良く喋りますが、論理的な思考に長けているというもの。

仕事でも交渉の場で、理由をはじめ具体例や結果など、相手の心に響くコミュニケーションが図れるので、相手の理解度も非常に高まります。

話の順序が明確なので伝わりやすいという結果、交渉が成立することも多いなど仕事も上手くいきます。

 

 

 

まとめ

困ったことになりかねず注意も必要です。ここでは、話がうまい人は危険なこともあるもの、注意深く対処していく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。