不安症で仕事できないのは辛いもの、乗り越えて逆転に繋げる具体策



日々を過ごしていると、不安症で仕事ができないということもあるもの。仕事が怖いとか不安と思う背景には、何らかの理由があり不安症だったりします。

もちろん不安神経症で仕事ができないという人は案外多くいて、時に不安感が強くでて、仕事を休んでしまうことにもなりかねません。

こうした人は疲れやすく根気が続かないのは無論のこと、その緊張感から上手く話せなくなることもあります。

特定の理由もないのに漫然とした不安に陥り、一旦そうなれば際限もなく不安な考えが湧きあがり、日常生活に悪影響がでることにもなりかねません。

但し、不安障害に向いた仕事はおすすめのものもあり、用心深く先に進んでいくようにします。

ここでは、不安症で仕事できないのは辛いもの、乗り越えて逆転に繋げる具体策を紹介しています。

 

 

 


不安症で仕事できないのは辛いもの、乗り越えて逆転に繋げる具体策


 

| 1.自己否定感だったり孤立感が強くなって、仕事が恐くなる

周囲の評判を気にし過ぎないということ。職場で周囲の人たちの評判を気にし過ぎたケースでは、自己否定感だったり孤立感が強くなって、仕事が恐くなることがあるもの。

職場に対して恐怖感を和らげるためには、周囲の人たち評判を気にし過ぎないように意識することが大事な、乗り越えて逆転に繋げる具体策の一つ。

物事対しての捉え方や価値観は人それぞれで違ってくるので、周囲の人たちから批判されても、そうした考え方もあると軽い気持ちで受け止めるようにします。

 

| 2.また問題が起きるなど、仕事に行くこと自体が恐くなる

必要以上に己を責めすぎないということ。自己否定感が非常に強いような人は、どうせミスするとかまた問題が起きるなど、仕事に行くこと自体が恐くなるというもの。

一生懸命の努力で取り組んだ後の結果が駄目だった時でも、己自身の実力を認めて開き直ることも、乗り越えて逆転に繋げる具体策の一つ。

必要以上に己自身を責めすぎないことも重要で、努力を積み重ね能力を高めていき、実績を積んで将来的に成果を残せれば良いということです。

 

| 3.ケースでは、そんな悩みを信用できる相手に聞いて貰う

信用できる人に相談するということ。仕事に行きたくないという気持ちが異常に強いケースでは、そんな悩みを信用できる相手に聞いて貰うというもの。

友人だったり家族に相談するだけで、気持ちも落ち着いてゆく可能性がある、乗り越えて逆転に繋げる具体策の一つ。

第三者の客観的な立ち位置から悩みに耳を傾けて貰えるので、自力では思い浮かばない解決案が見つかることもあるかも知れません。

 

| 4.ケースでは、思い切って仕事をしばらく休んでみるという

仕事をしばらく休むということ。仕事に対して自信がなく恐いといった感情の収まりがつかないケースでは、思い切って仕事をしばらく休んでみるというもの。

気分転換することによって仕事への恐怖が和らぐ可能性もあり、休んでいる間に己自身の感情を再検討することにより、仕事への考え方も大きく変わるかも知れません。

根本的解決とはならなくても、心身の疲労を回復するのは重要で、体調を崩してしまう前の段階で定期的に休む期間を設けるのも、乗り越えて逆転に繋げる具体策の一つ。

 

| 5.いつまでも現在の職場に執着し続けるのは危険というもの

転職して環境を変えるということ。環境だったり己自身の変化が見込めないケースでは、いつまでも現在の職場に執着し続けるのは危険というもの。

仕事が恐いと感じる気持ちがなくならない場合、転職なども視野に入れるようにするのが、乗り越えて逆転に繋げる具体策の一つ。

仕事に行きたくない原因の大半は、環境を変えることで解消でき、新しい職場ではやり甲斐を持てるほか、人間関係もリセットし再スタートができます。

 

 

 


不安症の仕事探しも難しいもの、注意しておきたい仕事が怖い原因面


 

| 1.非難されるのが嫌で仕事に行くのが恐いということもある

上司や先輩の非難が恐いということ。すぐに腹を立てるような上司や先輩がいるケースでは、非難されるのが嫌で仕事に行くのが恐いということもあるもの。

怒られないように顔色を伺うばかりで仕事をすることになりかねず、常に緊張感が漂っているような職場では、心身の不調をきたすことになりかねません。

感情的に怒鳴ったりする、人格否定などのパワハラ被害にあっているケースでは、我慢して働き続けるのも非常に危険になります。

 

| 2.気が弱いところがあり重圧に耐えられないというものです

重圧に耐えられないということ。仕事が怖い一因に見られるのが、気が弱いところがあり重圧に耐えられないというもの。

責任の重大なプロジェクトを任されたり厳しいノルマが課される場合、非常に強いプレッシャーを覚えることになりかねません。

こうしたプレッシャーを意欲へと変えれない生真面目な人は、我慢の限界を迎えることになって押し潰されかねません。

 

| 3.それが怖くなって、仕事に行くのも嫌になってしまうもの

仕事が上手く進まないということ。ミスばかりを繰り返していたり過去に大きな失敗をしたことがある人は、それが怖くなって、仕事に行くのも嫌になってしまうもの。

ミスをすれば少なからず周囲の人たちに迷惑をかけることになるので、人目が気になり孤立している感覚へと陥ることになりかねません。

細心の注意を払い成し遂げたにも関わらず、ミスをしてしまうと自信喪失へと結び付きかねません

 

| 4.ような気がして、仕事に向かうのが恐くなるというもの

人間関係の悪化ということ。上司や先輩だけではなく同僚や後輩との人間関係が悪化しているケースでは、陰口を言われているような気がして、仕事に向かうのが恐くなるというもの。

人間関係の悪化の主要因はコミュニケーションの不足で、相手が何を考えているのかが分からなければ、不安を感じてしまいかねません。

周囲の人たちとの間の関係が悪ければ、困ったことが生じても相談ができず、結果的にミスが多くなることに繋がりかねません。

 

 

 


不安障害があっても働き続けたいもの、覚えておきたい大切なポイント


 

| 1.ケースでは、精神科医や心療内科の受診を考えるという

専門医で治療をするということ。ひょっとすると不安障害かもと悩んでいるケースでは、精神科医や心療内科の受診を考えるというもの。

初めての訪問はハードルも高く感じられ、精神疾患だったら等の恐れから、受診に至らないこともあるかも知れません。

但し、不安症状の中で無理矢理に業務に励んでいても、良い成果はまったくあがりません。

 

| 2.仕事だったり、個人のペースで進行できる作業というもの

己自身に似合った職場下で働くということ。不安障害の人に向いているのは、他の人と会話が必要がない仕事だったり、個人のペースで進行できる作業というもの。

電話対応や来客対応などの、臨機応変さが求められる職場は避けた方が当然ですが賢明です。

在宅仕事は職場の人間関係に悩まされることがなく、会社とのやり取りもチャットで終了するので向いた仕事環境になります。

 

| 3.職場復帰をするのが恐いと感じる人は意外に多くいるもの

職場復帰支援プログラムを活用するということ。職場復帰が将来できるのだろうかとか、職場復帰をするのが恐いと感じる人は意外に多くいるもの。

己だけで復職準備を進めることに不安を感じている時は、職場復帰支援プログラムを活用してみるのも良い一手です。

心の病気が原因となって休職している労働者に、職場復帰に向けて行うリハビリテーションプログラムです。

 

 

 

まとめ

何らか理由があり不安症だったりします。ここでは、不安症で仕事できないのは辛いもの、乗り越えて逆転に繋げる具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。