ズレてる人はソシオパスかも知れない、疲れない付き合い方をする術



身の回りを見渡すと、ズレてる人がいるもの。世の中の一般的な感覚とは、少し違った考え方だったり捉え方をするのがズレてる人。

他の人とは異なる価値観で生きているので、無自覚で普通とは違う、そんなことを行いがちで、周囲の人たちはイライラしたり疲れることにもなりかねません。

社会の中には会話がズレてる人や感覚がズレてる人に仕事の順序がズレてる人など、様ざまなタイプがいます。

それは言い替えると独自の視点を持っているということで、決して悪いことではなく、それが魅力でもあります。

但し、個性的なことは強みにもなりますが、協調性がなかったりルールや規則が守れないのは、単なる迷惑な人ということにもなりかねません。

なので、側に人とズレてる人がいる時は注意が必要です。

ここでは、ズレてる人はソシオパスかも知れない、疲れない付き合い方をする術を紹介しています。

 

 

 


ズレてる人はソシオパスかも知れない、疲れない付き合い方をする術


 

| 1.した場合、空回りして疲れ果ててしまうことになるという

自然体で接するということ。ズレてる人を無理に理解したり合わせようとした場合、空回りして疲れ果ててしまうことになるというもの。

そんな時は何もせずに自然体で接するのが良く、互いに気負わず相対せるので良好な関係を築ける、疲れない付き合い方をする術の一つ。

ズレてる人の性格や行動を理解しようとするのでなく、そういうこともあると、ギャップを楽しむようにできれば楽になります。

 

| 2.押し付けられれると、混乱したりミスが多くなってしまう

型に嵌めようとしないということ。ズレてる人はこだわりも強く、やり方などを押し付けられれると、混乱したりミスが多くなってしまうというもの。

なので、できる限りズレてる人の自由にやらせるのも良く、仕事を頼む際も細かく指示するのではなく、結果がこうなるよう方法は任せるようにします。

自分自身の好きなやり方で仕事ができるため、ミスも減って効率よくタスクがこなせる、疲れない付き合い方をする術の一つ。

 

| 3.上手く進めたい時は、こちらがペースを合わせることも

ペースを合わせてみるということ。ズレてる人は他人にペースを合わせていくのがが苦手で、何事も上手く進めたい時は、こちらがペースを合わせることも必要というもの。

職場では無暗に急かさないよう正確に仕事の納期を伝えたり、会話も結論を急ぐことなくズレてる人の話にじっくり耳を傾けるようにします。

同じようなペースで物事を見ることで、よりスムーズにコミュニケーションも取れる、疲れない付き合い方をする術の一つ。

 

| 4.不思議に見えることでも、実際は本人なりの理由もある

ズレに対し詳しく聞いてみるということ。ズレてる人のすることは、一見すると不思議に見えることでも、実際は本人なりの理由もあるもの。

直感的に何それと思った時は、どうしてそう考えたのかとか何故そう行動したのかなど、詳しくその理由を尋ねてみるのが、疲れない付き合い方をする術の一つ。

理由を聞いてみれば納得できることも多々あり、繰り返している間にズレてる人の考え方が徐々に理解できるようにもなってきます。

 

| 5.思いも寄らないような素晴らしい結果が期待できるという

強みを見つけるということ。ズレてる人は独特な感性を持っているので、活かした仕事を任せれば、思いも寄らないような素晴らしい結果が期待できるというもの。

得意なことだったり周囲の人たちより優れていることを見つけ出して、仕事を任せたり頼ったりするのも、疲れない付き合い方をする術の一つ。

ずれていることがメリットとして活かせるようになれば、互いにより良いパートナーとなることにもなりかねません。

 

 

 


そこには様ざまな面が見られるもの、知っておきたいズレてる人の特徴


 

| 1.世界観が強過ぎて、すぐに他のことに気を取られがちと

他の人の話を聞かないということ。ズレてる人に見られるのが、自分自身の世界観が強過ぎて、すぐに他のことに気を取られがちというもの。

取引先にへの道を聞いている話の途中で、そういえばあの駅に美味しい場所があったなどと、自らの妄想に入ってしまうことにもなりかねません。

会話の途中でも自分自身の世界にすぐに入り込んでしまうので、他の人の話が頭に残らないことが良くあります。

 

| 2.ということより、自分自身の都合を優先しがちというもの

周囲の空気を気にしないということ。ズレてる人に見受けられるのが、その場の空気を乱さないということより、自分自身の都合を優先しがちというもの。

何かを誘われた際も、気分が乗らなければ躊躇なく断り、凍りついた場の空気も気にしないで、一人で帰ってしまうことにもなりかねません。

但し、本人に悪気はなく友達だからと、無理に合わせて付き合うような必要はないと考えているだけです。

 

| 3.大真面目でも、他人から見れば面白いことを言っている

天然と言われるということ。ズレてる人に見られるのが、本人は大真面目でも、他人から見れば面白いことを言っているというもの。

8時に集合と伝えた場合でも、朝の8時と夜の8時を勘違いし、1人だけまったく違う時間に集合場所にいるということにもなりかねません。

一生懸命に変な振舞いをしてしまうので、ひょっとして天然と受け取られることにもなりかねません。

 

| 4.人たちの意見より、自分自身の考え方に執着してしまう

強いこだわりがあるということ。ズレてる人に見受けられるのが、周りの人たちの意見より、自分自身の考え方に執着してしまうというもの。

順序通りしてとと言われた際も、早くできると思い浮かんだ手順に固執してしまい、アドバイスされても頑なに順番を変えません

本人なりに正しいと思い込んでいるため周囲の人たちの意見をなかなか取り入れられません。

 

 

 


話がズレる人は意外に見かけるもの、注意しておきたいその心理状況


 

| 1.自分自身の考えこそが当然と考えていることがほとんど

自らを客観視できないという心理状況。ズレてる人は思い込みが激しく、自分自身の考えこそが当然と考えていることがほとんどというもの。

そのため、自らのズレに対しては無自覚で、変わっているとか天然と言われても、何のことか分からないということにもなりかねません。

自分自身は普通と思いこんでいるので、ズレているかも知れないとは全く考えてもいません。

 

| 2.ペースを周りの人たちに合わせるより自分のリズムで行動

マイペースという心理状況。自らの価値観に従い生きているズレてる人は、ペースを周りの人たちに合わせるより自分のリズムで行動しがちというもの。

次の会議などの予定まで時間がないような時でも、急がなくてはといった思考がなく、のんびりしていて周りを驚かせることにもなりかねません。

他の人とはまったく感覚が違うため、結果として皆とは違うペースになることにもなりかねません。

 

| 3.言って良いことと悪いことの判断が他人とは離れている

素直という心理状況。ずれてる人は人と価値観がまったく違うので、言って良いことと悪いことの判断が他人とは離れているというもの。

なので、普通の人であれば言いにくいようなことでも、正直に思ったことを口にしかねません。

普通なら気にすることであっても気に掛けないので、感じたことを素直に言ってしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

違った考え方だったり捉え方をする人物。ここでは、ズレてる人はソシオパスかも知れない、疲れない付き合い方をする術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。