生きるのは難しいから逆転したいもの、自分らしく生きていく具体策



人生を過ごしていると、生きるのは難しいと感じることがあるもの。自分らしく生きていくのは、非常に難しいということにもなりかねません。

生きるのが難しいと感じている人は、自分ばかり我慢している、そうした不満を抱えていることが多々あります。

自分が我慢していると思っている場合、周囲の人を気遣うような余裕もなくなり、不満が爆発したときは家族や友人など、心を許せる身近な人に当たってしまうことにもなりかねません。

そうなるといくら親しい人でも辛くなるので、遠ざかられることにもなりかねません。

何かの切っ掛けで周囲に頼れる人がいなくなった時は、精神的にも極端に不安定になるので警戒も必要です。

ここでは、生きるのは難しいから逆転したいもの、自分らしく生きていく具体策を紹介しています。

 

 

 


生きるのは難しいから逆転したいもの、自分らしく生きていく具体策


 

| 1.心掛けたいのが、周りの人たちに迎合しないというもの

周りの人たちに迎合しないということ。自分らしく生きていくために心掛けたいのが、周りの人たちに迎合しないというもの。

他の人に迎合している間は、自分らしい人生などを歩めるはずはなく、自らの気持ちを大事にするのが、自分らしく生きていく具体策の一つ。

人にはそれぞれ異なる価値観があることを理解して、自分の考えを重要視しながら、他者の考え方も尊重することが本当のポイントです

 

| 2.自己分析して、自分自身の特性を知って理解するという

自ら特性を理解するということ。自分らしく生きていくため行いたいのが、現在までの経験を振り返り自己分析して、自分自身の特性を知って理解するというもの。

自らの特性が理解できた後は、それを活かすように行動や周囲の人たちとのか関わり方を変えるのが、自分らしく生きていく具体策の一つ。

いきなり全てを改善する必要はなく、先ずこの部分と思うものから意識して変えるなど、自らを理解することは悩みの解決にも繋がります。

 

| 3.強制感を覚えるのは、やらされている感覚を生み出すと

好きなことだけに取り組むということ。何かに追い詰められているような強制感を覚えるのは、やらされている感覚を生み出すというもの。

そんな感覚に自分らしさはなく、前向きに取り組める好きなことだけをやるのが、自分らしく生きていく具体策の一つ。

最初は戸惑うことにもなりますが、極端なくらいやりたいことだけをやる、そんな風に全振りするのが丁度良いということにもなりかねません。

 

| 4.他の人に認めて貰いたいという気持ちを捨て去るという

人に認めて貰いたいという気持ちを捨て去るということ。自分らしく生きていくために心掛けたいのが、他の人に認めて貰いたいという気持ちを捨て去るというもの。

他人に認めて貰いたいという気持ちは承認欲求ですが、強ければが強いほど、他の人の人生を歩むことにもなりかねません。

こうした承認欲求は、踏ん切りを付け捨て去ることが重要なポイントになる、自分らしく生きていく具体策の一つ。

結果的に、自分らしい選択を人生に反映させられるのは、自分自身がコントロールできるところだけで集中するよう心掛けます。

 

| 5.知らないことだったり新しいことに、チャレンジしていく

新しいことに挑戦するということ。自分らしく生きていくため行いたいのが、知らないことだったり新しいことに、チャレンジしていくというもの。

これまで自らを押し殺して生きてきたような人は、これから将来に向かって自分らしく生きていくには、沢山の新しい挑戦が必要になってきます。

明日に向かって生きるチャレンジをすればするほど、どんどんと人生が上手くいくようになる、自分らしく生きていく具体策の一つ。

 

 

 


社会で生きるのは難しいところがあるもの、注意しておきたいその理由


 

| 1.知る環境や実践するところは用意されていないというもの

目標や目的を立てることが少ないということ。現在の教育環境では、やりたいことを見つけたり叶えるためのステップなど、知る環境や実践するところは用意されていないというもの。

それでも社会に出れば、自分のやりたい仕事だったりやりたいことを求められる機会は、どんどんと増えていきます。

やったこともないような経験を求められ、よく分からない状況下で、生きるのが難しいと感じながら仕事をするのはある意味で地獄かも知れません。

 

| 2.教科はなく、自分らしさを知る切っ掛けがないというもの

自分自身を知る機会がないということ。義務教育では自己理解を深めるような教科はなく、自分らしさを知る切っ掛けがないというもの。

校という場所は個性を伸ばすといった概念はほとんどなく、均一な知識を教え、いかに習得できるかということに重きを置いています。

自分を知るための時間だったり、向き合う時間が少な過ぎるのは、生きるのが難しくなる大きな問題点です。

 

| 3.観点から見ても、SNSは他の人を一層意識してしまう

SNSにより他人の価値観に次々と出会うからということ。現代社会という観点から見ても、SNSは他の人を一層意識してしまうというもの。

SNSを見ることにより、他者と比較してしまい自分に自信がなくなったり、価値観を周囲の人たちに合わせすぎたりと、自分らしさを見失うことにもなりかねません。

今までであれば、新聞をはじめTVやラジオの情報しかなかったので、職場や学校でも共感し合えるような機会が多くありました。

但し、現代社会ではスマホを開く度に無数の答えが押し寄せてくるので、気持ちが不安定になり生きるのが難しいと感じることにもなりかねません。

 

 

 


生きるのが難しい言葉や言い方があるもの、知っておきたい心理状況


 

| 1.難しい人に見られるのが、自己肯定感が低いからという

自己肯定感が低いという心理状況。自分らしく生きるのが難しい人に見られるのが、自己肯定感が低いからというもの。

どうせ何をやっても駄目とか、自分のことなど誰も理解してくれないなど、自己肯定感が低い場合、自分自身を卑下してしまい本当の姿を閉じ込めてしまいかねません。

こういった自己否定の思考パターンが抜けないかぎりは、自分らしく生きるのは非常に難しいということにもなりかねません。

 

| 2.行動している場合、評価する人の物差しで考えるように

評価されようとしているという心理状況。他人にどう評価されるかを考えて行動している場合、評価する人の物差しで考えるようになるもの。

他人の評価を意識していれば、思っていることが言えなかったり見られているので頑張るなど、自分らしさなどは生まれません。

普段からこのような思考パターンや行動をしがちな人は、自分らしく生きるのは非常に難しいということにもなりかねません。

 

| 3.取り組む場合、そこに自分らしさなどは微塵んもないと

主体的がないという心理状況。指示されたことに対して盲目的に取り組む場合、そこに自分らしさなどは微塵んもないというもの。

仕事を例に取れば分かりやすく、やらされているという感覚を持っているなら、退屈で満足度も低くなりかねません。

逆に仕事に対して意義があったり自分でコントロールしている、そんな風に感じながらしていれば、パフォーマンスも幸福度も高まることにもなります。

 

 

 

まとめ

不満を抱えていることなど多々あります。ここでは、生きるのは難しいから逆転したいもの、自分らしく生きていく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。