下に見る人はソシオパスかも知れない、身をかわして上手く向き合う術



身近なところにも、下に見る人がいるもの。上から目線でものを言いい放ち、何様ですかと聞いてみたくなるような人を下に見る人。

そういった具合に人を下に見てしまう人物は、どんな得があるかは横に置き、横柄なイメージが先行しかねません。

下に見るとか見下すの意味合いを見ると、他人に対して馬鹿にしたり侮るような態度を取るというものです。

下に見られる人がいるのは一方で事実ですが、あまりにも人をバカにするような行為は許されるものではありません。

更に人を下に見てる人や馬鹿にする人は問題を起こすことも多く、側にそういった人間がいる時はそれなりに警戒も必要です。

ここでは、下に見る人はソシオパスかも知れない、身をかわして上手く向き合う術を紹介しています。

 

 

 


下に見る人はソシオパスかも知れない、身をかわして上手く向き合う術


 

| 1.相手をしたそのまま状態で、無表情で沈黙をするという

無表情で沈黙をするということ。下に見る人が近寄ってきた時には、言うまでもなく相手をしたそのまま状態で、無表情で沈黙をするというもの。

人間は相手に何の反応もなければ恐怖感を感じるもので、少しの違和感を残してみるのが、身をかわして上手く向き合う術の一つ。

注意点は無表情というところで、困惑の顔をしてみたり怒っては逆効果で、相手を調子づかせてしまうことになりかねません。

 

| 2.己自身の話し方や声のトーンが損しているからというもの

話し振りやトーンを変えるということ。下に見る人のターゲットとなっているのは、己自身の話し方や声のトーンが損しているからというもの。

大して内容のあることを言ってなくても、芸人さんが話せば途端に面白くなるなど、非常に凄いことのように聞こえる、そういった体験は誰もがあるものです。

内容よりもどういった話し方をするとか、どのような声のトーンで話すかなどが、その人間のイメージを大きく左右します。

結果として、話し方やトーンを変えることにより、自信溢れる人と受け取られ、下に見られることも減る、身をかわして上手く向き合う術の一つ。

 

| 3.同意しないようにしエスカレートさせないというものです

取り合わないということ。間違っても下に見る人の言うことなど真に受けたりせず、同意しないようにしエスカレートさせないというもの。

これができれば悩むことはないとも言えますが、可能であればできる限り取り合わないのが、身をかわして上手く向き合う術の一つ。

相手にしなくても己自身の心は痛手を受けるかも知れませんが、真面に受け答えをしていれば、話が更に広がることになりかねません。

 

| 4.憐れむことで、反対に見下されたと感じさせるというもの

心の貧しさを憐れんでいくということ。少し勇気もいりますが可哀そうと下に見る人を憐れむことで、反対に見下されたと感じさせるというもの。

但し、こうした目には目をの精神は難しく、高度なテクニックも必要になるので、間違えると状況をより一層悪化させかねません。

人を憐れむ行為も良いものではなく、慎重になる必要も出てくる、身をかわして上手く向き合う術の一つ。

 

| 5.己自身はこう考えると、明確に主張を貫き通していくと

己自身の主張をするということ。下に見る人に対して己自身はこう考えると、明確に主張を貫き通していくというもの。

下に見られているターゲットがいるケースでは、こういった見方もあると明確に伝えるのが、身をかわして上手く向き合う術の一つ。

気を付けなくてはいけないのが、己自身を認めて欲しいため他人を下に見ているる時で、そうした際は下に見る人の良い面も一緒に伝えるように心掛けます。

 

 

 


下に見る人には様ざまな面が見られるもの、覚えておきたい心理状態


 

| 1.他の人に負けることが許せない、そういった意識がある

優位に立ちたい心理状態。下に見る人に見られるのが、正しい存在でいたいとか、他の人に負けることが許せない、そういった意識があるというもの。

結果的に、相手の評価自体を下げることによって、相対的に己自身が優位な立場に立とうとしかねません。

何かと理由を見つけ相手のことを見下して、そうすることによって、周りの人たちからの相手の評価を下げさせようと心掛けています。

 

| 2.他人を下に見ることで日常の鬱憤を晴らすというものです

ストレスを発散したいという心理状態。社会生活をしていると、誰もが何かのストレスを抱えているもので、他人を下に見ることで日常の鬱憤を晴らすというもの。

人を下に見る人は、趣味やしたい物事に熱中するわけでなく、他者を見下すことによりストレスを発散します。

このときに周りの人たちに迷惑を掛けているなど、頭の片隅にも考えてはいません。

 

| 3.良かれと思っている時で、ただ改善箇所を指摘している

相手のためを思ってという心理状態。稀に下に見る人に見られるのが、良かれと思っている時で、ただ改善箇所を指摘しているというもの。

そこを直すとこの人間は更に向上する、そういったポジティブな観点から指摘しています。

但し、ただそうした考えを読み解くのは非常に困難で、ストレートに捉えることで、馬鹿にされていると感じかねません。

 

| 4.好きな相手の注目を集めたい、そういった感情からという

相手に好意がある心理状態。下に見る人に見られるのが、好きな相手の注目を集めたい、そういった感情からというもの。

子供が己の好きな子に対しいじめたりする傾向もあるように、人を下に見る人も相手に好意を持っている可能性があります。

なかなか素直に己自身を表現できないで、不本意ではあるけれど、相手の注目を集めたくて見下すことにもなりかねません。

 

 

 


下に見る人の対処は異常に難しいもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.基本的に己自身は人よりも優れていると思っているという

異常にプライドが高いということ。下に見る人に案外見られるのが、基本的に己自身は人よりも優れていると思っているというもの。

どこからその考え方が湧いてくるかは不明ですが、己自身は雲の上の存在で、比べれば他人は大したことがないと考えています。

結果的に、常に人を見下していて、異常にプライドも高いので、他者のアドバイスや指示などは一切受け付けません。

 

| 2.己自身よりも弱い者を見つけるのが非常に得意というもの

弱者を見つけるのが得意ということ。下に見る人はランク付けが好きで、己自身よりも弱い者を見つけるのが非常に得意というもの。

弱い者を探し出しては、これでもかと言うほど見下しますが、自己自身のことは脇に置いたり棚に上げて知らん顔です。

逆に己よりも強い立場の人物には従順なところがあり、そういった人には飽くまで低姿勢で接して、間違っても見下すようなことはありません。

 

| 3.周りの人たちに認めて貰いたい、そうした強い欲求がある

劣等感があるということ。人を下に見る人に見られるのが、周りの人たちに認めて貰いたい、そうした強い欲求があるというもの。

他人を見下して優劣をつけることで、己自身は優れているとして、認めて欲しいとアピールをしかねません。

素直に受け止めるタイプの人からすると、見下すような態度だけを目にして、本当に嫌な奴と決め付けてしまうことになりかねません。

 

 

 

まとめ

また何様ですかと聞いてみたくなる人。ここでは、下に見る人はソシオパスかも知れない、身をかわして上手く向き合う術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。