気が利かない人の行く末も気になるもの、イライラせず付き合う対処法



身の回りを見渡すと、気が利かない人がいるもの。どこか自分がされる側と思っていて、他の人に対して何かをしようという発想がない人。

自分のことしか見ていないで他人に関心がないところがあり、気を利かそうという考えもないので、人の為に行動するのは難しいということにもなりかねません。

気が利く人は常に周囲にいる人たち全てに目を向けていて、自ら率先して他の人に対して行動することができます。

気が利かない人は病気というケースもあり得ますが、なぜかと言えばそういった姿勢がまったく見られないからです。

結果的に気が利かない人が嫌い、そんな声はかなりあり、日常生活で側にいると問題が生じることにもなりかねません。

ここでは、気が利かない人の行く末も気になるもの、イライラせず付き合う対処法を紹介しています。

 

 

 


気が利かない人の行く末も気になるもの、イライラせず付き合う対処法


 

| 1.目に付く場合、何をすることになっても気になってしまう

関心を向けないということ。一旦気が利かない人の言動が目に付く場合、何をすることになっても気になってしまうもの。

苛立たないようにするには相手に関心を向けない、そんなことが効果的で、自分自身の大事なことのために時間を使うようにします。

他人は他人と割り切るだけで、心に余裕も生まれてくる、イライラせず付き合う対処法の一つ。

 

| 2.くれたらなど、思った行動をしてくれず苛立つこともある

期待するのをやめるということ。気が利かない人に対してこうしてくれたらなど、思った行動をしてくれず苛立つこともあるもの。

結果として、気が利かない人に対しはて、はじめから期待をしないようにするのが、イライラせず付き合う対処法の一つ。

気が利かない人に向かって期待をすることをやめるようにすれば、相手に理想を求めることも減り、今よりも気楽な気持ちで付き合えます。

 

| 3.こうした場面ではこうすると、細かく説明していくという

丁寧に教えてあげるということ。気が利かない人はやり方を理解していないことも多く、こうした場面ではこうすると、細かく説明していくというもの。

地道に教えることにより、次回からこうすれば良いと本人も気付いて、自分自身の成長に結び付きます。

できることが増えれば、こうして欲しいという局面でも動けるようになる、イライラせず付き合う対処法の一つ。

 

| 4.その人の長所を見てあげるのも重要なポイントというもの

長所を見つけるということ。気が利かないといったマイナス面ばかりではなく、その人の長所を見てあげるのも重要なポイントというもの。

人間は誰しも長所と短所を合わせ持っているもので、気が利かないと感じている相手が、非常に心優しかったりするかも知れません。

長所を見つければ、気が利かない短所もさほど気にならなくなる、イライラせず付き合う対処法の一つ。

 

| 5.どうでも良いと思っていて、何を言っても駄目なときも

最低限度の関係に留めておくということ。気が利かない人は自分自身のことが最優先で、他はどうでも良いと思っていて、何を言っても駄目なときもあるもの。

どうにか気が利かないのを直してあげたいと思いますが、人を変えるのは非常に難しいもので、自分が疲れ果ててしまうことにもなりかねません。

仕事以外では関わらないとか自から話しかけないなど、程良い距離感を維持していくのも、イライラせず付き合う対処法の一つ。

 

 

 


そこには様ざまな面が見られるもの、注意したい気が利かない人の特徴


 

| 1.先を想像して行動するような能力が欠けているというもの

マニュアル通りにしか行動できないということ。気が利かない人は今まで指示されたことしかやってきてなく、先を想像して行動するような能力が欠けているというもの。

会議で使うコピーを頼まれた場合、気が利く人ならまとめますかと尋ねますが、気が利かない人はそこまで考えることはなく、言われた事だけをし満足します。

マニュアル通りしか行動しないので、依頼するときはまとめておいてと、具体的に指示を出すことが大切。

 

| 2.見受けられるのが、普段から自分自身のことしか頭にない

空気が読めないということ。気の利かない人に良く見られるるのが、普段から自分自身のことしか頭にないというもの。

普段から自分自身の周囲の人たちが、現在どういう状況なのか空気が読めず把握できないため、身勝手な言動が目立つことにもなりかねません。

現在の状況とやるべき物事を具体的に誘導すると、本人の理解も早くなりスムーズに行動してくれます。

 

| 3.自分さえ良ければ他の人のことなどお構いなしというもの

基本的に他人任せということ。気が利かない人に見られるのが、自分さえ良ければ他の人のことなどお構いなしというもの。

面倒臭いことが大嫌いで、いつも自分だけが楽をしたいと考えることにもなりかねません。

コピーをして用紙がなくなったような時も、次に使う人が補充すればよいと見て見ぬふりをすることが多く、誰かがやってくれると考えています。

 

| 4.自らのことに精一杯で、他の人を気にする余裕などはない

仕事に追われているということ。気が利かない人は自らのことに精一杯で、他の人を気にする余裕などはないもの。

簡単な相談をした際も忙しいから後にしてなど、話を聞かずに断られることも多く、自分以外のことは見えていないということにもなりかねません。

そんな気が利かない人が仕事で目一杯に忙しそうな時は、周囲の人たちがフォローをするしかありません。

 

 

 


気が利かない人には原因なども多いもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.どういったことか、やり方が分かっていないというもの

やり方が分からないという心理状況。一体相手は何をしたいいのだろうなど、そもそも気を利かせることがどういったことか、やり方が分かっていないというもの。

幼少期から親が何でも代わりにしていたりすると、本人が考えて動くことがなくなるので、気を利かせることの重要さすら分からないということにもなりかねません。

これまで自分中心に生きてきたので、気を利かせる方法も分からず、誰かのためにといった行動ができません。

 

| 2.見られるのが、自分では配慮したつもりになっていると

自分では気遣いができているという心理状況。気が利かない人の中に見られるのが、自分では配慮したつもりになっているというもの。

相手目線ではなく飽くまで自分主体で、これくらいしておけば良いかという態度です。

気遣うハードルが低く周囲の人たちからすると、気が利くレベルにはとても達していないという場面が多く見られます。

 

| 3.自分さえ良ければ、別に相手はどうでも気にならないと

自分は困ってないという心理状況。気が利かない人は自己中心的なところがあり、自分さえ良ければ、別に相手はどうでも気にならないというもの。

常日頃から自分は自分で他人は他人といった考え方をしていて、他人には関心や興味がなく自分の姿しか見えていないことが大半です。

仮に相手が困っていることが分かっていても、面倒臭いから関わらないようにと、気付かない振りをすることにもなりかねません。

他の人に構うことが面倒だと思うので、人に気を遣ったり気を利かせることもなくなってしまいます。

 

 

 

まとめ

更に何かをしようという発想がない人。ここでは、気が利かない人の行く末も気になるもの、イライラせず付き合う対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。