気持ち落ち着かせる方法で前進したいもの、日々を気分よく過ごす術



日々の暮らしの中で、気持ち落ち着かせる方法を捜すことがあるもの。不安や焦燥感が湧き上がり、心が壊れそうと思うような時があります。

これまで楽しめていた趣味に急に興味を失ってしまったり、何をしてもモチベーションが上がらなかったり集中できないなど、精神的にも不安定状態になります。

そんな時は不安な気持ちを落ち着かせる方法を捜すことにもなりますが、一つを決める意思決定にも時間が掛か過ぎるということにもなりかねません。

気持ち落ち着かせる食べ物や飲み物にツボなどもありますが、現実にそうした不安や焦燥感などは、普段の日常生活が原因となったいるということにもなりかねません。

ここでは、気持ち落ち着かせる方法で前進したいもの、日々を気分よく過ごす術を紹介しています。

 

 

 


気持ち落ち着かせる方法で前進したいもの、日々を気分よく過ごす術


 

| 1.テクニックで役立つのが、一定のリズムで胸を叩くという

胸を叩きながらポジティブな言葉を言うということ。人前で緊張している際に、気持ち落ち着かせる方法のテクニックで役立つのが、一定のリズムで胸を叩くというもの。

人間の身体というのは複数のリズムパターンを同時認識できないので、ゆったりと一定の拍子で胸を叩いていると、対応して気持ちも落ち着いてきます。

ゆったりと一定のペースで胸を叩きながら、その振動を己自身の鼓動のように感じさせるのも、日々を気分よく過ごす術の一つ。

 

| 2.タスク以外を頭から除外でき、一層集中しやすくなると

締め切りを設定するということ。自主的に締め切りを設定したケースでは、一時的にでも目の前のタスク以外を頭から除外でき、一層集中しやすくなるというもの。

人間は時間一杯まで、タスクを先延ばししてしまうパーキンソンの法則という傾向があるので、時間にゆとりがあればまだ大丈夫と集中ができません。

できる限りタスクは細分化することが秘訣で、目の前のことだけに集中し締め切り効果を利用すれば、心も落ち着いてくる日々を気分よく過ごす術の一つ。

 

| 3.活発化し過ぎて、緊張状態となり呼吸が浅く速くなると

深呼吸するということ。ストレスを感じているケースでは、交感神経が活発化し過ぎて、緊張状態となり呼吸が浅く速くなるというもの。

気持ち落ち着かせるには深呼吸が大事で、乱れた呼吸を整えると自律神経のバランスも回復し、身体機能が高まってパフォーマンスが向上します。

職場内でも目立たず手軽にできるので、気持ちを落ち着かせる必要性を感じた時に効果的な、日々を気分よく過ごす術の一つ。

 

| 4.瞑想の有効性は、科学的にも明白に認められているという

瞑想するということ。オカルト的なイメージを持つ人もいますが、気持ちを落ち着かせる瞑想の有効性は、科学的にも明白に認められているというもの。

瞑想の基本にもなるのが、呼吸を整えながら一つのターゲットに向かって精神集中することで、楽な姿勢で深く呼吸しながら息が出入りする感覚に意識を傾けます。

ストレスにも強くなる一方、集中力も強化できて心も動じ難くなる、日々を気分よく過ごす術の一つ。

 

| 5.するのでなく、常習として続けていくことが大事という

運動を習慣化するということ。気持ちを落ち着ける方法で欠かせないのは運動習慣で、たまにするのでなく、常習として続けていくことが大事というもの。

運動をすれば、精神安定を司っているセロトニンや、意欲や集中力に関するノルアドレナリンの分泌量も増え、運動後から2時間以上もの期間は脳の働きが高まります。

適切に心拍数が上がる程度の運動でも、充分な効果が見込めて気持ちも落ち着く、日々を気分よく過ごす術の一つ。

 

 

 


気持ち落ち着かせるには様ざまなやり方も、情緒不安定な人の特徴面


 

| 1.失ってしまい、仕事などでも小さなミスが目立つことに

不注意が目立ってしまうということ。気持ちが落ち着かないケースでは、細部へ注意を払うゆとりを失ってしまい、仕事などでも小さなミスが目立つことになるもの。

普段では間違っても見落とさないような失敗が頻繁に起こっている時は、注意することも必要になりかねません。

次第にミスの規模が大きくなって、取り返しがつかない事態になることもあり警戒をしなくてはなりません。

 

| 2.挨拶をする、そういった簡単なこともできなくなるという

挨拶をしなくなってしまうということ。気持ちが落ち着かないときは、同僚だったり知人に挨拶をする、そういった簡単なこともできなくなるというもの。

これは他者との関り合いから生じる、心理的な負担を意識しないで回避するようになってしまうことが原因です。

普段は普通にコミュニケーションが図れている人でも、挨拶を忘れるようになれば、心が壊れかけている状態かも知れません。

 

| 3.睡眠がとれなくなってしまう可能性も考えられものです

睡眠に障害が出てしまうということ。気持ちが落ち着かない状態が続いたケースでは、睡眠がとれなくなってしまう可能性も考えられもの。

どうしても寝付きが悪かったり、眠れたとしても数時間で目が覚めるなど、睡眠が浅かったりすることにもなります。

ほかにもまだ暗いうちに目覚めてしまったり、夢を頻繁に見てしまい寝た気にならないこともあります。

 

| 4.決められない、そんな状態になってしまう可能性もある

意思決定が遅くなるということ。気持ちが落ち着かないときは、ほんの些細なことも己自身の意志で決められない、そんな状態になってしまう可能性もあるもの。

例を挙げると、日常生活の中で今日の夜には何を食べようとか、何を着て外出しようかといったことなどです。

 

 

 


気持ち落ち着かせるときは意外にあるもの、覚えておきたいその原因面


 

| 1.意欲を失うなど、日常生活に支障が出るような態が続く

うつ病の可能性があるということ。うつ病は気持ちが沈み込んだり意欲を失うなど、日常生活に支障が出るような態が続くというもの。

症状は人それぞれで違いますが、気持ちが落ち着かないとか不安感や憂うつなど、集中力の低下などの精神症状だけでなく、食欲不振や不眠などの身体的症状もあります。

こうした症状が2週間以上毎日のように続くケースでは、うつ病の可能性が大いに考えられ、精神科だったり心療内科の受診が必要になります。

 

| 2.自律神経失調症を巻き起こしてしまうことがあるものです

自律神経失調症の可能性があるということ。ストレスで生活リズムが乱れたケースでは、自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症を巻き起こしてしまうことがあるもの。

自律神経は身体の色々な器官の働きと関係していて、腹痛や下痢などはじめ、動悸だったり吐き気に情緒不安定など、その症状は個々で違います。

自律神経失調症は他の精神疾患症状と区別が難しく、関連する疾患を検査をして、他の可能性が除かれた時に診断されます。

 

| 3.情緒不安定や身体的に様ざまな不調が出る状態というもの

更年期障害の可能性があるということ。更年期障害の時は女性ホルモンが急激に減り、情緒不安定や身体的に様ざまな不調が出る状態というもの。

女性が閉経を迎える前後の時期に起こり、のぼせや発汗に顔のほてりなどのほか、息切れや動悸に精神的な不安など、自律神経失調症と似た症状があります。

もちろん症状には個人差があり、日常生活に支障が出る人もいれば、それほど不調は感じない人もいます。

 

 

 

まとめ

心が壊れそうと思うような時があります。ここでは、気持ち落ち着かせる方法で前進したいもの、日々を気分よく過ごす術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。