暇な時にすることは覚えておきたいもの、無駄な時間を過ごさない術



日々の暮らしの中で、暇な時にすることを考えることがあるもの。一人でのんびりできる時間は良いものの、やることがないと退屈だと感じることにもなりかねません。

特に年末年始だったりゴールデンウィークなどの長期休暇などの暇な時や稀にある三連休など、空き時間ができ嬉しい一方で途惑うことにもなります。

そんな暇な時一緒に過ごす恋人や友人などがいなければ、暇すぎると右往左往することにもなります。

もちろん暇な時にすることのランキングなどもありますが、夜に一人で家にいるといくら社会人でも不甲斐ない気持ちにもなりかねません。

なので、暇な時にすることを予め掴んでおけば、先々の同じ様な状況で役立たないとも限りません。

ここでは、暇な時にすることは覚えておきたいもの、無駄な時間を過ごさない術を紹介しています。

 

 

 


暇な時にすることは覚えておきたいもの、無駄な時間を過ごさない術


 

| 1.ケースでは、鈍った身体を鍛えるため運動を始めてみる

運動を始めてみるということ。暇な時にすることが己自身の身体面を健康的に維持することで、普段から余り動かしていないケースでは、鈍った身体を鍛えるため運動を始めてみるというもの。

ジョギングなどの簡単なやり方であれば、お金がない時にも1人で出来る上、誰かと一緒であれば継続もしやすい、無駄な時間を過ごさない術の一つ。

またスポーツジム等の施設に通えば、様々な人たちとの交流も深まるので、充実した時間になること請け合いです。

 

| 2.することがない時間を、踏み越えていくやり方の一つと

新しい趣味を見つけ出すということ。時間を忘れて熱中できる物事を見つけるのも、暇な時にすることがない時間を、踏み越えていくやり方の一つというもの。

あまり支出を増やしたくないような人でも、YouTube動画を観たり読書をするなど、金銭的なものがいらないような趣味も沢山あります。

試しに様ざまなことに向かってチャレンジするだけでも、暇つぶしには当たり前になる、無駄な時間を過ごさない術の一つ。

 

| 3.新鮮な気持ちも味わえ気持ちがオープンになるというもの

知らない土地を旅行してみるということ。日本各地の様々な場所を旅行することで、新鮮な気持ちも味わえ気持ちがオープンになるというもの。

特に新しく知らない場所へと行くのが好きな人は、行ったことがない土地を訪れるのが良く、仲の良い友人や家族といけば1人よりも数倍楽しめます。

お土産などを新しい土地で購入する時間は、日常生活では味わうことがない経験になる、無駄な時間を過ごさない術の一つ。

 

| 4.時間を利用し、順番に過去の思い出を振り返ってみると

思い出を振り返る時間を持つということ。存分にある暇な時にすることがない時間を利用し、順番に過去の思い出を振り返ってみるというもの。

別にSNSなどでの公開は考えず、昔撮った写真を眺めていても良く、日記を読み返してみたりするほか卒業アルバムを見たりしてみます。

過去の己自身を振り返ることで、何かの気づきを受けるかも知れず、現在の己自身と比較することで成長を実感できる、無駄な時間を過ごさない術の一つ。

 

| 5.無償で他の人のためになる行動をすれば気持ちも良いもの

ボランティアに参加をしてみるということ。ゴミ拾いや清掃などは地域のためにもなって、無償で他の人のためになる行動をすれば気持ちも良いもの

身体を動かすことになり健康に良く、ボランティアは様々な人たちとの繋がりもでき、新しい人脈が広がっていく可能性も大いにあります。

市民センターや地域のWEBサイト等から簡単に応募できるので、暇な時にすることでは絶好とも言える、無駄な時間を過ごさない術の一つ。

 

 

 


暇な時にすることは女子も考えるもの、覚えておきたい具体的な理由


 

| 1.連れ立って遊んでくれる友人や恋人がいないというもの

友達だったり恋人がいないということ。暇な時にすることがない時が訪れがちな人に見られるのが、連れ立って遊んでくれる友人や恋人がいないというもの。

確かに仕事の都合で休日が曖昧だったりするケースでは、友人と予定を合わせて遊ぶことなどは難しいことになりかねません。

またカップルのケースでは、2人で一緒に過ごしている時間は暇に感じない、そんなことは当然ということになりかねません。

 

| 2.金銭的なものがないなど、そんな話も良く耳にするという

先立つ金銭がないということ。暇な時にすることがないとか、遊びに行くための金銭的なものがないなど、そんな話も良く耳にするというもの。

但し、暇な時にすることがないとお金がないのは決してイコールでなく、散歩だったりジョギングなどは金銭的なものは掛かりません。

結果的にこういった人は、金銭的なものを掛けない、そういった暇つぶしの方法を知らないだけになります。

 

| 3.できる限り外出したくないといった内向的な人もいると

非常に人付き合いが不得手ということ。煩わしい人間関係を不得手にしていて、できる限り外出したくないといった内向的な人もいるというもの。

他者との関わりを避けたいので自宅にいる、そういったことが常態化すると、できることも限られてしまうことになり、暇すぎるという結果が訪れかねません。

こうした状態に本人が満足していれば良いのですが、もし暇すぎる休日から抜け出したい気持ちがあれば、段々と行動範囲を広げるようにします。

 

| 4.暇な時にすることがない時が訪れてしまうというものです

予定が全くないということ。休日に全然予定が入らない人のケースでは、何をすれば良いか見当もつかず、暇な時にすることがない時が訪れてしまうというもの。

これまで習い事だったり資格取得など、多忙になって中断していたケースでは、それらへの取り組みを再スタートすれば良いだけです。

但し、仕事人間でプライベートな時間もなかった人物は、暇な時間が増えれば困惑することに結び付きかねません。

 

 

 


暇な時にできることも案外あるもの、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.暇な時にすることがなく退屈を覚えてしまうというもの

休みの日が暇で退屈という心理状態。きちんと休日は取れていても、何をして良いのか分からず、暇な時にすることがなく退屈を覚えてしまうというもの。

この手の人は、暇な時にすることは一通りしてみたものの、依然として暇な時を退屈に結び付けるということになりかねません。

哲学者のショーペンハウエルの言葉にある、人間の幸せの2つの敵は退屈と苦痛という通り、こうした悩みを指していることになります。

 

| 2.偶然に訪れてしまった暇な時間への対応が非常に苦手と

仕事以外の空き時間が暇だと感じる心理状態。毎日が仕事で埋め尽くされているような人のケースでは、偶然に訪れてしまった暇な時間への対応が非常に苦手というもの。

人間の欲求というのは段階があって、この手の人は仕事から充足感を得るレベルは既にクリアしていて、次の段階に進むべく悩んでいる最中ということかも知れません。

次なる段階は自己実現欲求を満たす、そんなチャレンジにへと向かっているステップにいるということになります。

 

| 3.苦手なのに、一人切りでいれば暇だと感じる厄介な人と

一人切りだと暇と感じるという心理状態。他人と過ごすのは苦手なのに、一人切りでいれば暇だと感じる厄介な人というもの。

この手のタイプは、一人切りの時間こそ楽しむべきで、己自身の欲求を満たすのは他者との関わりでなく、一人で取り組む物事に対して見出すようにします。

一人で取り掛かかれることに時間を掛けて、物事を深く考察していくことからスタートするようにします。

 

 

 

まとめ

嬉しい一方で途惑うことにもなり得ます。ここでは、暇な時にすることは覚えておきたいもの、無駄な時間を過ごさない術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。