身の程知らずの女性はサイコパスかも知れない、上手に成功に繋ぐ術



身近なところにも、身の程知らずの女と呼ばれる人がいるもの。婚活をしている中に身の程知らずな女性は案外見られ、真剣な交際を希望するが故に、意中の男性とは滅多に出会えません。

こうした婚活女子は恋愛が目的である恋活と違って、結婚を睨んだ相手探しなので、男性への条件を明確にして身の程知らずな女ともなりかねません。

身の程知らずな人というのは世間にもいますが、婚活をしている間に年齢を重ねてしまって、一層相手が見つからない負のスパイラルに陥るということになりかねません。

将来的に子供を持ちたいと思う女性は、年齢のこともあり逆算して、結婚やパートナー選びを勘案しなければなりません。

但し、年齢を重ねると生活パターンも固定され、職場と自宅の行き来にもなりかねず、考え方を変える必要性もでてきます。

ここでは、身の程知らずの女性はサイコパスかも知れない、上手に成功に繋ぐ術を紹介しています。

 

 

 


身の程知らずの女性はサイコパスかも知れない、上手に成功に繋ぐ術


 

| 1.受け入れられるかどうかが、先々の大きな境目になって

レベルだったり現実を受け入れるということ。現実を知った際に、己自身の市場価値を受け入れられるかどうかが、先々の大きな境目になってくるというもの。

現在の己自身のレベルを明確に受け止められれば、身の程知らずで数打てば当たるなど、不毛とも言える婚活から脱却することができます。

これまでは理想の条件だけを追い求めて婚活してきていても、条件の再検討を行うことにより、一層現実的な活動計画も実行できるようになる、上手に成功に繋ぐ術の一つ。

そこまでしないと結婚できない、そんな風に気持ちも萎えかねませんが、ステータスだけで男性を見るという考え方は失礼なことになります。

 

| 2.似合った男性を見極める、そういった思考パターンが重要

己自身に似合う人物を見極めるということ。己自身の現実を受け入れた後は、レベルに似合った男性を見極める、そういった思考パターンが重要になるというもの。

当然のことですが、相手の条件面は時間が経つにつれて変化し、もしかすれば年収が下がることがあり、優しい男性も行い次第では将来的には分かりません。

全ては己自身の日頃の行い次第となり、そう考えてみればハイスペックだけが男性ではない、そんな現実面を知ることになります。

一緒にいて居心地が良いなど、そんな己自身に似合った人物を見極めるため、ルールを守っていくのも上手に成功に繋ぐ術の一つ。

 

| 3.己自身のレベルに似合う男性像が、頭の中に思い浮かんだ

己から積極果敢に行動するということ。己自身の市場価値を理解し条件を再設定、そこで己自身のレベルに似合う男性像が、頭の中に思い浮かんだというもの。

身の程知らずの女性はプライドが次第に高くなるのが普通で、この程度のステータスもなければ会う価値がない、そんな具合に思っていたこともあるはず。

但し、いざ現実を知ってしまえば、会って見ないと人間は分からない、そんな気持ちになる女性は大半で、積極果敢に仕掛けていく必要があるのが、上手に成功に繋ぐ術の一つ。

受け身のままで過ごしていても理想の相手が見つかることなどなく、会ってくれる男性がいるときは、何となくの気持ちであっても、先ずは実際に会い相性を確かめてみるよう心掛けます。

 

| 4.ケースでは、どのような方法で進行するかが重要ポイント

結婚相談所を活用するということ。真剣に婚活ができる出会いを考えているケースでは、どのような方法で進行するかが重要ポイントとなるもの。

婚活パーティーに参加したりマッチングアプリを使用するなどしているかも知れませんが、真剣に婚活をするのなら結婚相談所が有効になります。

婚活が上手く進まなければ気持ちも沈み込むことになりますが、理想のパートナーを見つけ出すには、何より継続こそが大切な上手に成功に繋ぐ術の一つ。

誰もがモチベーションが下がってしまうことはあり、その際は婚活カウンセラーに悩みを相談するほか、己自身の時間を重要視するなど自己メンテナンスを心掛けます。

 

 

 


婚活の中には身の程知らずな女もいるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.条件を掲げているので、高望みと言われてしまうという

己自身を客観視できないということ。身の程知らずな女といわれる婚活女子は、己自身に見合わないような条件を掲げているので、高望みと言われてしまうというもの。

こうした身の程知らずな女性は、己自身の利益ややって貰うことばかり考えていて、何が相手のためにできるかとか何を与えられるか等は全く考えていません。

婚活では己自身のスペックを冷静に判断できず、理想の相手に出会ったときに、数ある選択肢から男性が己を選ぶかを考えると、理想が高過ぎることは自然に分かります。

 

| 2.男性に向かっての求める条件が余りに多過ぎるというもの

求める条件が余りに多過ぎるということ。身の程知らずな女と呼ばれる人に見られるのが、男性に向かっての求める条件が余りに多過ぎるというもの。

一つ一つの条件面はそれほど必須ではないとしても、その数自体が多過ぎれば、本質を見極めきれずに躊躇してしまうことにもなりかねません。

そんな女性は、例え完全に条件に合致する男性が現れても、何か相性が悪そうみたいなことを口走ることにもなりかねません。

 

| 3.依存型のタイプの女性も、身の程知らずの傾向にあると

一人暮らしの経験を持っていないということ。実家暮らしで親に甘えているような依存型のタイプの女性も、身の程知らずの傾向にあるというもの。

親は常に味方となってくれるもので、何となく世間知らずの状況で育ってしまうような女性も多々いるからです。

一度位は一人暮らしをして、金銭的な感覚を身に付けてみたり、諸々に対しての手続きなどを知っておくなど、一人前の大人ともなれば結婚のイメージも湧き起こりやすいものです。

 

 

 


身の程知らずな女には様々な面があるもの、注意しておきたい心理状態


 

| 1.恋愛は男性側がリードすべきと、受け身の態度でいると

男性からアプローチすべきという心理状態。身の程知らずと呼ばれる女性に見られるのが、恋愛は男性側がリードすべきと、受け身の態度でいるというもの。

若い頃にモテた体験がある人にありがちで、己自身は高嶺の花だと信じ込んでいて、アプローチしてくる男性を己自身が選ぶといった恋愛観が染み付いています。

今まで男性からデートに誘われた時と同じで、相手の好意ありきを最初の姿勢にしていれば、お高くとまっているということにもなりかねません。

 

| 2.関係を不義理に終了しても良いと思っているというもの

気に入らなければ塩対応するという心理状態。相手の男性に気に入らないところがあったケースでは、関係を不義理に終了しても良いと思っているというもの。

話が面白くないからとデートの最中にスマホを見たり、割り勘を気に入らないと、連絡先をブロックしたりするのは非常に良くありません。

待ち合わせの場所で相手を遠巻きに見て、見た目や服装などがタイプじゃないと、ドタキャンするような酷い人間もいます。

 

| 3.男性から、身の程知らず女のレッテルを貼られてしまう

年収を平気で口にする心理状態。年収は1,000万以上ある方が良いと平気で口にする、そんな女性は男性から、身の程知らず女のレッテルを貼られてしまうというもの。

明確に結婚したい理想像を口にするのは良いことですが、年収1,000万円以上の医者じゃないと無理など、平気で言う女性には男性は良い印象を抱きません。

どれほど若くて美人であっても結婚相手となればまた別で、金銭的なものが掛かりそうとかプライドが異常に高く面倒臭さいと感じてしまいかねません。

 

 

 

まとめ

また意中の男性とは滅多に出会えません。ここでは、身の程知らずの女性はサイコパスかも知れない、上手に成功に繋ぐ術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。