身の程知らずな人の末路も心配なもの、不安を取り除き成功に近付く術



身の回りを見渡すと、身の程知らずな人がいるもの。世の中には、周囲から身の程知らずと呼ばれるような人が少なからず存在します。

もちろん身の程知らずは男性にも女性にもいますが、そんな人は異性との出会いだったり、それ以上の関係性に発展するまで苦労することにもなりかねません。

身の程知らずの意味はと言えば、自分自身の身分だったり能力など、その程度をわきまえないことです。

なので、身の程を知らない人は、自分の価値を認識していないことが多く、婚活市場では損をする可能性が高くなりかねません。

余りに理想を追いかけていても、婚活で上手くいくとは限らず、一旦立ち止まって振り返ることも大切です。

ここでは、身の程知らずな人の末路も心配なもの、不安を取り除き成功に近付く術を紹介しています。

 

 

 


身の程知らずな人の末路も心配なもの、不安を取り除き成功に近付く術


 

| 1.必要があり、先ずは清潔感のある身だしなみに気を配る

清潔感のある身だしなみに気を配るということ。身の程知らずと見做されないためには、自分自身を高める必要があり、先ずは清潔感のある身だしなみに気を配るというもの。

年齢だったり学歴や出身地などを変えるのは無理でも、清潔感溢れる身だしなみの徹底はこれからすぐにでもできる、不安を取り除き成功に近付く術の一つ。

清潔感は出会った際の異性に与えるイメージを大きく左右するので、自分より上のスペックの異性に会った時も、その生み出す雰囲気が武器となり、婚活を成功に導く可能性が高まります。

それだけで全部が上手くいくほど甘くはありませんが、最大限に第一印象を良くしていくための努力はまったく無駄にはなりません。

 

| 2.自らをアピールする、プロフィールで嘘を吐かないという

プロフィールで嘘を吐かないということ。正直でいることは婚活で成功するために非常に重要で、特に異性に向け自らをアピールする、プロフィールで嘘を吐かないというもの。

結婚に焦っているほど自分自身を良く見せたいもので、気持ちは理解できますが無理に背伸びしたところで、幸せになれる相性が良い相手とは巡り会えません。

嘘を吐いてまで希望の条件を満たす相手と出会っても、デートを重ねたり自分のことを話したりする中で、先々必ず嘘のプロフィールと見抜かれます。

嘘や隠し事をはしないで正直でいることが、身の程に合う相手と出会い結果として幸せな結婚へ繋がる、不安を取り除き成功に近付く術の一つ。

 

| 3.そういった立ち振る舞いでは悪印象を抱かれるというもの

謙虚な姿勢を維持するということ。婚活では傲慢な態度も厳禁で、異性を品定めしている、そういった立ち振る舞いでは悪印象を抱かれるというもの。

謙虚な振る舞いをする方の人が一層の好印象を残し、そうした姿勢は周囲の人たちからの客観的なアドバイスも多く受けられます。

そうしたアドバイスを元に、徐々にでも婚活で成功するための必要な要素を、自分自身に落とし込んでいくことが重要な、不安を取り除き成功に近付く術の一つ。

こうしていけば段々と、身の程知らずとされる状態からも脱却でき、次第に婚活市場でも期待に応るニーズを獲得できることに繋がります。

 

| 4.同時に自らが選択されることも理解しておくというもの

絶対譲れない条件以外は合わせるということ。婚活を結婚相手を選ぶためと思い込んでいる人も少なくありませんが、同時に自らが選択されることも理解しておくというもの。

相手のスペックばかりに気を取られて、自分自身のレベルに似合っているかどうかを考えない状況では、いつまで経っても良い相手とは出会えません。

自らのレベルに似合わない相手を求めることを控える意識が重要で、異性に求める条件のうち、絶対に譲れない条件をピックアップするようにします。

全部の条件を満たす理想的な人など滅多になく、絶対に譲れない条件のほかは妥協したり合わせることも、不安を取り除き成功に近付く術の一つ。

 

 

 


身の程知らずの独り言といった言い方もあるもの、注意したい特徴面


 

| 1.モテる方だと勘違いしている、そんな独身者も少なからず

いつでも結婚できるということ。自らの価値だったり現状を理解していないことに繋がりますが、モテる方だと勘違いしている、そんな独身者も少なからずいるもの。

今まで異性と交際する機会が多かったり、学生時代にそれなりにモテたりしていた人は、こんな勘違いに拍車がかかっている可能性もあります。

年齢を重ねても自分はモテると思い込んでしまっていて、そうなら婚活を積極的にする必要もなく、しているということは普段の生活ではモテていないことがほとんどです。

 

| 2.高い条件を期待して、それを強く追い求める傾向にある

婚活市場での自らの価値を理解していないということ。身の程知らずと呼ばれる人は、相手対して高い条件を期待して、それを強く追い求める傾向にあるもの。

自分自身に自己肯定感だったり自尊心を強く抱くのは間違ってはいませんが、それが自らのスペックや現状認識を誤らせることに結び付いていることにもなりかねません。

自らを客観視することができず正確に把握などができていないので、異性に対して極度な高望みをしてしまうことにもなりかねません。

 

| 3.意見だったりアドバイスなど、耳を貸さない傾向がある

アドバイスを聞かないということ。婚活市場で身の程知らずとされる人に見られるのが、周りの人たちの意見だったりアドバイスなど、耳を貸さない傾向があるというもの。

第三者からみた客観的なアドバイスを受け止めないので、自らの思い違いだったり弱点などに、いつまでも経っても気付かないケースも珍しくありません。

この勘違いに気づかない儘だと身の程知らずが定着し、誰も相手にしてくれなくなる、そんな最悪の結果に繋がってしまう可能性も高まります。

 

 

 


身の程を知らない人は恋愛で困るもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.身の程知らずとされる行動に出て、驚かせることがある

負けず嫌いという心理状況。人に負けるのが大嫌いな人は、時折り身の程知らずとされる行動に出て、驚かせることがあるというもの。

自分一人では挑戦できないような物事であっても、周囲の人たちに負けたくない、そんな意識が働けば勇猛果敢に挑むことにもなりかねません。

但し、負けず嫌いな人は努力家という場合が多く、こうしたことをを繰り返し、実際の能力が大きく成長する傾向があります

 

| 2.肯定し過ぎている、そんなナルシストの傾向もあるという

ナルシストであるという心理状況。自分の実力をきちんと認めるのは大切なことですが、身の程知らずな人は肯定し過ぎている、そんなナルシストの傾向もあるというもの。

それほど努力をしていないのに、自分自身の行為を過大評価している人にこういったところが見られます。

難しい仕事だったり高い目標も、自らを過大評価しているので、簡単にできると勘違いしていることにもなりかねません。

 

| 3.局面である、そんなところから更に高みを目指して行く

上昇志向が強いという心理状況。現状は自分にとって非常に困難な局面である、そんなところから更に高みを目指して行くというもの。

そういったチャレンジ精神だったり上昇志向が非常に強い人は、時に身の程知らずと呼ばれることにもなりかねません。

この手のタイプの人は、ナルシストなどとは異なっていて、自分を信じて将来のために一生懸命に努力をします。

 

 

 

まとめ

損をする可能性が高くなりかねません。ここでは、身の程知らずな人の末路も心配なもの、不安を取り除き成功に近付く術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。