友達がいない社会人はソシオパスかも知れない、上手く逆転していく術



日々の暮らしの中で、友達がいない社会人を感じることがあるもの。学生の頃は友達が多くいた人でも、社会人になり急激に減ってしまうたというのは珍しくありません。

学生時代からの友達との交流が途絶えたりすると、自分には友達がいなくなったと感じることにもなりかねません。

もちろん就職を機に地元を離れ新しい土地へと移った場合、男性にしても女性にしても友達が少なくなってしまうのは必然とも言えます。

帰省中で地元の友達と会って遊んでも面白いと思わなかったり、共通のテーマを見つけることが難しかったりと、地元の友人との距離を次第に覚えることにもなりかねません。

なので、友達がいない社会人は男女を問わず、孤独をを感じることになります。

ここでは、友達がいない社会人はソシオパスかも知れない、上手く逆転していく術を紹介しています。

 

 

 


友達がいない社会人はソシオパスかも知れない、上手く逆転していく術


 

| 1.通して、友達を作っていく切っ掛けとしているというもの

新しい習い事を始めてみるということ。一般的に多趣味と呼ばれる人は、そういった物事を通して、友達を作っていく切っ掛けとしているというもの。

自己流でやっていくというのではなく、趣味の教室に通ったりサークルに入ったりすることで、同じ興味の人たちと知り合う機会も目立って増えます。

共通の趣味を持っていれば話も弾みやすく、人見知りでも友達が作りやすくなる、上手く逆転していく術の一つ。

 

| 2.重要で、親友を通じてネットワークを拡げていくという

友達に友人を紹介して貰うということ。友達の輪を広げたいと考えたケースでは、現在の友達を大切にすることが重要で、親友を通じてネットワークを拡げていくというもの。

親友が懇意にしているような友人の中で、面白い人と思ったり素敵と感じる相手がいれば、今度紹介するよう依頼するのも、上手く逆転していく術の一つ。

もちろん、己自身の友達や知り合いを親友に紹介するのも忘れないようにして、ギブ&テイクの精神で友達のネットワークを拡張するよう心掛けます。

 

| 3.切っ掛けを作れる、そんな場所として最適と言えるもの

イベントへと足を運ぶということ。趣味に関連したイベントや交流会なども、友達がいない社会人が切っ掛けを作れる、そんな場所として最適と言えるもの。

共通の趣味があるような人たちが大勢集まる中では、新しい出会いも当然見つかるはずで、イベントでは知らない人にも積極的に話し掛けていくよう心掛けます。

己自身が得意なスキルをシェアしてみたり、趣味に関係したお気に入りショップを紹介したりと、自然に友達も作りやすくなる、上手く逆転していく術の一つ。

 

| 4.社会人には知り合いを増して、友達作りにも非常に有効

SNSを利用するということ。SNSでの出会いと言うと恋愛限定イメージもありますが、社会人には知り合いを増して、友達作りにも非常に有効というもの。

趣味のグループや特定サイトをチェックして、先ずはネット上でのやり取りからはじめ、そんな中で気が合うような仲間ができれば、オフ会からリアルな友達の関係へと発展ができます。

匿名性が薄いSNSのケースでは、知り合った相手の属性や共通の知人が分かることも珍しくなく、その時は実際に連絡を取り合って友達付き合いにもなる、上手く逆転していく術の一つ。

 

| 5.集まり交流できる、そんな場所が提供されているという

社会人サークルへと参加するということ。同業種の集まるサークルや異業種の交流会など、出会いが少ない社会人同士が集まり交流できる、そんな場所が提供されているというもの。

社会的な立場だったり年齢が違うほか、興味や関心が近い人が集まるので、社会人の友達作りの場としては最適な、上手く逆転していく術の一つ。

仕事上で役立つようなネットワークを築ける可能性もあり、忙しい社会人にとっては一石二鳥ともなるものが社会人サークルになります。

 

 

 


友達がいないのはまた寂しいもの、注意しておきたいそんな人の特徴面


 

| 1.休日出勤が多いなど、多忙な男性は職場以外の友達作りは

職場と自宅の往復の繰り返しということ。仕事が激務で夜遅くまで残業していたり、休日出勤が多いなど、多忙な男性は職場以外の友達作りは困難というもの。

職場と一人暮らしの部屋を往復するだけの生活では、友達と遊ぶ時間の余裕だったり心にゆとりもありません。

仕事が超多忙な男性は、たまの休日でも価値ある安息日となりかねず、人間関係は職場だけという生活に陥ることになりかねません。

 

| 2.自己完結できる、そういった趣味に没頭してしまうもの

趣味に没頭しているということ。友達付き合いが疎かになるのは、休日には自己完結できる、そういった趣味に没頭してしまうもの

他の人には興味もなく、部屋で一人切りで好きなことに熱中していたい、そんな己自身が楽しければ良いというタイプは、どうしても友達が少ない社会人になりかねません。

模型作りをはじめとして、植物栽培だったりアクアリウムなど、外出する必要がない自己で完結する趣味を生き甲斐としている人も多くいます。

 

| 3.レストランなど、どこへでも単独で行ける行動的タイプ

普段から単独の行動に慣れているということ。友達がいない社会人に見られるのが、新作の映画や流行りのレストランなど、どこへでも単独で行ける行動的タイプというもの。

お一人様とされる女性が典型なパターンで、女性一人で迷うことなく行きたい所へ足を運ぶので、取り立て友達を誘うような必要がありません。

単独の行動に慣れているため、友達の都合に合わせて行動するのが億劫ということも、友達がいない方が気楽に感じていることにもなりかねません。

 

 

 


友人がいない人には様々な面が見られるもの、覚えておきたいその理由


 

| 1.冬休みなど、長期休暇があり友達と旅行をしたりしたもの

会う頻度も減っていくから。学生時代は週末等友達と遊べる時間も多くあって、春休みをはじめ夏休みだったり冬休みなど、長期休暇があり友達と旅行をしたりしたもの。

社会人になると休日が途端に少なくなり、例え残業が少ない職場であっても、拘束時間となれば学生の頃とは比較になりません。

社会人になると互いに忙しい時間をやり繰りして、予定を組まなくてはならず、自然に友達と会う頻度も減ってしまうことになりかねません。

 

| 2.期間はといえば、周りの友達が次から次に結婚していく

家庭を持ち始めていくということ。20代から30代にの期間はといえば、周りの友達が次から次に結婚していくというもの。

女性でも男性でも、結婚すると己自身の家族を優先するのは当たり前で、特に子育て中の女性はそういった傾向が強く出かねません。

どれほど学生時代に仲が良かった友達でも、結婚や出産などの人生の転機を迎えれば、それまで通りの付き合い方は続けるのが困難ということにもなりかねません。

 

| 3.全然ないというのは、仕事で多忙な男性には良く見られる

休日は自宅を出ないということ。職場の飲み会などには顔を出すのに、そのほかに付き合いが全然ないというのは、仕事で多忙な男性には良く見られるというもの。

社交の時間が全くないという訳ではないので、友達が少ないといった危機感が湧き起こっていないことも多々あります。

但し、職場の人たちとの飲み会は仕事の延長ということも多く、本当の友達付き合いと違って、気が付けばプライベートでの友達がいないということになりかねません。

 

 

 

まとめ

男女を問わず、孤独をを感じることに。ここでは、友達がいない社会人はソシオパスかも知れない、上手く逆転していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。