生意気な奴はサイコパスかも知れない、問題を起こさないで相対する術



身近なところにも、生意気な奴がいるもの。謙遜という言葉とは無縁で、礼儀をわきまえていないところがあるいわゆる小賢しいタイプ。

生意気な奴は嫌いだよという言葉もよく使われるように、自分自身の能力だったり立場に関係なく行き過ぎた言動をしかねません。

生意気な奴は、中途半端で実力が伴っていない人を指す言葉ですが、自分の立場を知らないので身の程知らずな奴と言われることも多くあります。

物事も知ったかぶりをすることが多く、良く理解していないのに偉そうな態度をとり、周りの人たちから顰蹙を買うことにもなりかねません。

但し、そんな生意気な奴が出世することもあり、関係があるときは警戒も必要です。

ここでは、生意気な奴はサイコパスかも知れない、問題を起こさないで相対する術を紹介しています。

 

 

 


生意気な奴はサイコパスかも知れない、問題を起こさないで相対する術


 

| 1.虚栄心があって、物事を誇張して言ったり嘘を吐くことが

振り回されないようにするということ。生意気な奴は己自身に強い虚栄心があって、物事を誇張して言ったり嘘を吐くことがあるもの。

以前話していた事柄とは違うことを、平気な顔をして口にすることもあるので、自己中心な言動に対して振り回されることになりかねません。

生意気な奴の、その場限りの言い方などは鵜呑みにしないで、適度な距離感で接するのも、問題を起こさないで相対する術の一つ。

 

| 2.認められたい、そんな気持ちが強いところもあるという

意見を否定しないよう心掛けるということ。生意気な奴というのは、己自身が優位に立ち他者から認められたい、そんな気持ちが強いところもあるというもの。

結果として、正面から己自身の意見を否定された時は、逆上して言い争いへと発展する可能性もあるということです。

生意気な奴と相対する時は、できるだけ感情的にならないで意見を否定しない、そういった態度が良いかも知れない、問題を起こさないで相対する術の一つ。

 

| 3.ケースでは、複数の人で話しをすることを心掛けるという

複数人で会話をしてみるということ。生意気な奴と付き合うことが苦手なケースでは、複数の人で話しをすることを心掛けるというもの。

二人切りで相対していれば、どうしても会話している状態から抜け出すこともできなかったり、関係が深くなってしまうことに繋がりかねません。

生意気な奴でも、大勢の人間の注目を長時間に渡って集めるのは難しいと感じるはずで、牽制にもなる問題を起こさないで相対する術の一つ。

 

| 4.避けてばかりということにはならない時もあるというもの

逆に敢えて頼りにしてみるということ。同じ職場内に生意気な奴がいるケースでは、避けてばかりということにはならない時もあるというもの。

生意気な奴は頭の回転も早く、他の人より上の立場になりたいといった気持ちを心の中に常に持っています。

結果として、相手の良い部分を褒めてみたりと、敢えて頼りにしてみることで、敵対視のターゲットからも外れる、問題を起こさないで相対する術の一つ。

 

| 5.聞いてくれる人や、共感してくれる人物が大好きという

重要な話以外は聞き流すということ。生意気な奴は、詳しく己自身の話を聞いてくれる人や、共感してくれる人物が大好きというもの。

なので、生意気な奴は気に入った相手に対し、際限もなく喋ることになりかねず、聞いている側は疲れ果てることにもなりかねません。

仕事関連の重要な話でない限り、適切に聞き流すことも必要で、その態度を見て話しを中断するかも知れない、問題を起こさないで相対する術の一つ。

 

 

 


そこには様々な意味が見られるもの、注意したい生意気な奴の特徴面


 

| 1.ほんの些細なところにも見栄を張ってしまうというもの

上から目線の態度ということ。生意気な奴はおのれ自身を良く見せたい虚栄心が強く、ほんの些細なところにも見栄を張ってしまうというもの。

更に、他者よりも優位な立場に立とうとし、口調が厳しくなったりするほか、態度が大きくなるといったことにもなりかねません。

馬鹿にされたくないという思いから、相手が初対面の人でも上から目線の話し方をすることになりかねません。

 

| 2.一般的に言って頭が良い人で、それが長所でもあるという

頭の回転が非常に早いということ。生意気な奴は頭の回転が非常に早く、一般的に言って頭が良い人で、それが長所でもあるというもの。

但し、生意気な奴は、その賢さを周りの人たちのためでなく、己自身が得をすることに使うということになりかねません。

己自身が損をしないよういつも計算しているので、余り本心を明かさないところが見られます。

 

| 3.媚を売るのも、生意気な奴が良く見せるような行動の一つ

立場の上の人に媚を売るということ。職場の上司や立場が上の人物に媚を売るのも、生意気な奴が良く見せるような行動の一つというもの。

気に入られた時には己自身にとって非常にプラスとなる、そう判断した相手に向かってはとても愛想よく振る舞います。

ステータスで人を判断するところがあり、己自身が気に入らない人間に向かっては、冷たい態度を取ってしまうということになりかねません。

 

| 4.受け取られたいので、専門用語や難しい言葉を沢山使うと

難しい言葉を使うということ。生意気な奴は周りの人たちに物知りと受け取られたいので、専門用語や難しい言葉を沢山使うというもの。

但し、己の知識を披露したいだけといったこともあり、相手側が会話について来れなくても全然問題にしません。

知識が浅いので相手から質問をされたケースでは、説明することもできないで右往左往するということになりかねません。

 

 

 


普段の日常生活にも様ざまな面がある、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.知らないことは恥ずかしい、そんな風に思い込んでいる

無知な人間と受け取られたくないという心理状態。生意気な奴に見られるのが、知らないことは恥ずかしい、そんな風に思い込んでいるというもの。

知識がないこと自体を相手に悟られたくない、そういった心理状態から、ついつい知ったかぶりすることになりかねません。

内心は恥ずかしいので、相手に向かって素直に聞くこともできず、それだけプライドが異常に高い人間と言うことができます。

 

| 2.知識がない方が負けと考えているところがあるというもの

相手よりも上の立場にいたいといった心理状態。生意気な奴に見受けられるのが、知識がない方が負けと考えているところがあるというもの。

結果として、知ったかぶりをしてしまうことも多く、相手と話していても、自然に知識比べのような形となることにもなりかねません。

会話をして己自身よりも知識量が豊富と思う相手には、言われたことを知っている振りをし相槌を打ちますが、逆に知識がないと感じるような相手には、得意げに中途半端な知識を誇ります。

 

| 3.指摘することにより、悪いイメージを持たれるというもの

自信過剰といった心理状態。生意気な奴に見られるのが、根拠がない過剰な自信があって、上から目線で指摘することにより、悪いイメージを持たれるというもの。

己自身に自信を持つことは大切ですが、実力など伴わっていないにも関わらず、自信過剰が故に的外れな助言をすることになりかねません。

自己顕示欲が非常に強い傾向にあるので、己自身の良い部分を知って欲しいことから自慢話も多くなります。

結果的に、話を大仰に盛っってみたり、他人を下げるような真似をしたりと、己自身を高める努力は怠りません。

 

 

 

まとめ

また関係があるときは警戒も必要です。ここでは、生意気な奴はサイコパスかも知れない、問題を起こさないで相対する術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。