どうすればいいかわからないを逆転したいもの、上手く解決に向かう術



人生を過ごしていると、どうすればいいかわからないときがあるもの。思惑通りにいかないのが人生で、仕事や恋愛などで問題がある時は、どうしていいかわからないと悩むことにもなりかねません。

人間は不安だったり悩みを抱えた時に解決策を導き出せないと、もうどうすればいいかわからない等の心境に陥ります。

そんな精神状態でいるのはとても辛い上に、問題解決への道筋が遠のいてしまうので、鬱などに陥る可能性があり、できれば一刻も早く解消に繋げなければなりません。

どうすればいいかわからないの四字熟語には茫然自失などがあり、そうした状況から抜け出せないのは、事態も悪化するばかりになります。

ここでは、どうすればいいかわからないを逆転したいもの、上手く解決に向かう術を紹介しています。

 

 

 


どうすればいいかわからないを逆転したいもの、上手く解決に向かう術


 

| 1.起こってしまった事実などから、目を逸らしてしまいがち

明確に事実を把握するということ。どうすればいいかわからない時には、自然に起こってしまった事実などから、目を逸らしてしまいがちというもの。

但し、現実逃避していても問題は一向に解決せず、生じた事実に向き合い何をしたらどうなったのか、先ずはそうしたことを把握するようにします。

自分自身の非を認めるのは辛いことですが、不安だったり悩みを払拭するために事実確認を欠かさないことが、上手く解決に向かう術の一つ。

 

| 2.何について悩んでいるのかが客観的に捉えられるという

思っていることを口に出すということ。問題点を口にすることで、自分自身が何に対して不安なのか、何について悩んでいるのかが客観的に捉えられるというもの。

そうすれば物事を整理整頓しやすくなって、解消に向かって何をすれば良いのかを冷静に考えられ、紙に書き出せば視覚的にも自らの感情を確認できます。

現在どういった状況なのかを明確にするために、頭の中だけではなく口に出したり文字にするのが、上手く解決に向かう術の一つ。

 

| 3.いる場合、目標設定ができていないことも多くあるという

明確に目標設定するとうこと。どうすればいいかわからないと思い悩んでいる場合、目標設定ができていないことも多くあるというもの。

将来自分がどうなりたいのかが理解できれば、自ずと現在は何をすれば良いのかが分かるようになるので、目指すべき目標を設定するようにします。

このように将来的の目標があれば、どうすればいいかわからないいった悩みからは、すぐに解放される上手く解決に向かう術の一つ。

 

| 4.何も行動を起こさなければ、事態は好転しないというもの

すぐに実現できることからスタートするということ。どうすればいいかわからないからと、そのままの状態で何も行動を起こさなければ、事態は好転しないというもの。

ほんの些細なできることから良いので、とにかく行動を起こすことがポイントで、少しずつ前に進むのが上手く解決に向かう術の一つ。

どういった悩みや不安でも、何かしらすぐにでも実現できる、そんなことがあるはずなので、先ずはそうした事柄から着手するようにします。

 

| 5.ストレスが溜まった状態で、思考が鈍ってしまっている

ストレスを発散するということ。どうすればいいかわからない状況になりやすいのは、ストレスが溜まった状態で、思考が鈍ってしまっているというもの。

なので、一旦気分をリフレッシュすることで、爽快な精神状態を作れると、どうしたら良いか考えられるようになる、上手く解決に向かう術の一つ。

ストレスを抱えていれば、何に対しても上手くいくことがなくなってしまうので、定期的に蓄積したストレスを発散するよう心掛けます。

 

 

 


どうすればいいかわからない時に必要なことも、知っておきたい考え方


 

| 1.いる場合、稀に取り返しのつかない事態になることもある

時間が経てば後々大問題になることがあるということ。どうすればいいかわからない時に問題を放置している場合、稀に取り返しのつかない事態になることもあるもの。

最初は大したことなくても知らない間に大問題に発展して、重い責任を負わされることにもなりかねません。

時には悩むのも仕方ありませんが、長引くほど問題解決が先送りとなり、大問題になることがあるのを頭に入れておくのが重要なポイントです。

 

| 2.続いている場合、他人の意見を聞き参考にしたくなるもの

自分の考えをきちんと持つということ。どうすればいいかわからない状況が続いている場合、他人の意見を聞き参考にしたくなるもの。

実際に、第三者の客観的な意見を聞くのは問題解決に効果的ですが、他人の意見を鵜呑みにするのは余り良いことではありません。

最終的に決断していくのは自分自身で、どういった結果になろうとも責任を持つのも我が身ということになります。

 

| 3.ことの場合、悩んでいる時間も決して無駄ではないという

どうにもならないこともあると言う風に捉えるということ。頑張りや努力次第で実現できることの場合、悩んでいる時間も決して無駄ではないというもの。

但し、世の中にはどれほど努力したり、考え込んでもどうにもならない、そんなことも多く執着してしまうのはただ辛いだけということにもなりかねません。

悩んでいる時間もエネルギーも無駄になるので、それなら実現可能なことに費やした方があらゆる面で利益になるのは間違いありません。

 

| 4.過去は変えらず問題解決はただ遠のいていくだけという

後悔しても仕方がないということ。どれほどミスを悔やんでいても、過去は変えらず問題解決はただ遠のいていくだけというもの。

後悔するのは致し方ありませんが、何よりも重要なのは同じような失敗を再び繰り返すことがないようにすることです。

後悔するだけでは何ら生み出すことはなく、反省を明確にするようにして、将来の糧にしていきます。

 

 

 


どうすればいいかわからない時にこそ重要とも、注意したいNGなこと


 

| 1.ある程度は仕方ないことで、人間としては当たり前という

悩み過ぎてしまうのはNG。様々な物事を悩むことになるのは、ある程度は仕方ないことで、人間としては当たり前というもの。

但し、どうにもならないことも数多くある以上、深く悩みすぎてしまうのは時間の無駄に終わることにもなりかねません。

悩むだけでは解決には至らず、行動に移していかなければ全てが水の泡なので、悩むのは必要最小限度に留めるよう心掛けます。

 

| 2.いるような時は、ただでさえネガティブな状況というもの

自分を責めてしまうのはNG。どうしたらいいか分からなくなっているような時は、ただでさえネガティブな状況というもの。

そんな時に自分自身を責めてしまえば、過多にストレスを溜め込んだり、一層ネガティブになることにもなりかねません。

逆に答えを出そうとしている自分を褒めるようにして、気楽な気分で物事を考えるようにします。

 

| 3.かといって他の人の気持ちを無視して良いとはならない

人の気持ちを無視するのはNG。問題解決には行動を起こす必要がありますが、かといって他の人の気持ちを無視して良いとはならないというもの。

どうすればいいかわからない時に、距離を置くと決めつけて、一方的に連絡を断ってしまうようなことです。

自分は良くても相手を傷つけることになり、更に問題を引き起こしてしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

更に事態も悪化するばかりになります。ここでは、どうすればいいかわからないを逆転したいもの、上手く解決に向かう術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。