気にしすぎをやめたい切実な時もあるもの、先に向け変革したい具体策



人生を過ごしていると、気にしすぎをやめたい時もあるもの。何かあるごとに周囲の人たちの顔色を伺ってしまう、気にしすぎな性格を直したいと思うことがあります。

そんな気にしすぎる人は不安になることが多くて疲れる上、自分らしい姿で暮らしていけないので、息苦しさを覚えることにもなりかねません。

但し、気にしないと思っても余計に意識することにもなりかねず、仮定の話を思い描いてはクヨクヨすることに繋がることがあります。

なので、気にしすぎを治したいとか直す決心をする人も多くいますが、なかなかすんなり解決とはいきません。

良くない結果が出ているようであれば、それを分析して改善に結び付け、ひたすら繰り返すだけです。

ここでは、気にしすぎをやめたい切実な時もあるもの、先に向け変革したい具体策を紹介しています。

 

 

 


気にしすぎをやめたい切実な時もあるもの、先に向け変革したい具体策


 

| 1.自分自身に向き合うことが非常に重要なポイントになる

先ずは自己分析をするということ。そもそも何を気にしすぎるのかを知るために、自分自身に向き合うことが非常に重要なポイントになるというもの。

人間関係なら、特に関わりの深い友人だったり将来を決める上司など、その評価が気になる人もいれば、まったく知らない近所の人にどう思われてるのかまで気になる人もいます。

ほかにも仕事関係だったりプライベート面など、気になることと無頓着なこと、その違いは何かを自己分析するようにします。

それらを正直な言葉でリストアップしてみると、自分のことが客観的に俯瞰して見え具体的改善点に気が付く、先に向け変革したい具体策の一つ。

 

| 2.根本的に変えることで、気にし過ぎが大きく薄れていくと

環境を変えるということ。日々のマインドや行動を徐々に修正することも重要ですが、環境を根本的に変えることで、気にし過ぎが大きく薄れていくというもの。

自分自身に合っていない環境下で、無理矢理に気にし過ぎをやめたいしても上手くいかず、住む場所を変えたり人付き合いを変るようにします。

こうして環境を変えれば、今までの常識が覆され自分自身で決定していく練習にもなる、先に向け変革したい具体策の一つ。

 

| 3.インパクトが大きくなるのが、その働き方だったり仕事と

働き方や仕事を変えるということ。環境を変えていく上で最もインパクトが大きくなるのが、その働き方だったり仕事というもの。

リモートワークを始めれば、面と向かって他の誰かと過ごす時間もなくなり、気にすることも一気に減って気持ちも非常に楽になります。

現代社会では日本においても、フリーランスだったりリモートワークは当然のようにあり、興味ある人にはチャンスも多い、先に向け変革したい具体策の一つ。

 

| 4.追うことが、日常生活の習慣になっていることがあると

人と比較しないということ。気にしすぎをやめたい人ほど、SNSなどで他の人の動向を追うことが、日常生活の習慣になっていることがあるというもの。

現在もっとも一般的なSNSの一つにインスタグラムがありますが、これはポジティブな投稿が基本的なものなので、隣の芝生は青く見えるの諺通りよく見えるものばかりです。

他者の体験とか充実した行動は良く映るもので、SNSなどで他人と比較しないのも、先に向け変革したい具体策の一つ。

 

| 5.全く見えていなかった、そんな経験は誰しもあるという

何かに没頭するということ。自分の世界に入り込み気付けば時間が経っていて、周囲のことが全く見えていなかった、そんな経験は誰しもあるというもの。

仕事にのめり込んでいたり集中して勉強しているなど、そうした瞬間は雑念も消え、現在取り組んでいること以外は気にすることはできません。

今現在に没頭できる時間が作れれば、気にし過ぎをやめたいような時間も減らせることになる、先に向け変革したい具体策の一つ。

 

 

 


気にしすぎを辞めたいのは当然のことかも、注意しておきたい特徴面


 

| 1.相手側の期待を超えたい気持ちが強い完璧主義というもの

完璧主義ということ。気にしすぎをやめたい人に見られるのが、相手側の期待を超えたい気持ちが強い完璧主義というもの

完璧でない状況では見せたくない、そんなことで進捗確認を拒んだり、納得できないと納期が伸びたりすることにもなりかねません。

そこまで求めていないという、そうした状態まで進行してしまうような完璧思考が強い人も多々います。

 

| 2.褒められたい認められたいなど承認欲求が異常に強いと

他人の評価を気にするということ。完璧主義に繋がるところですが、なぜ完璧を追求するかと言えば、褒められたい認められたいなど承認欲求が異常に強いというもの。

当たり前ですが否定されることが嫌なので、見た目で目立ってしまうようなことはせず、無理して流行を追うるなど、変った自己表現をするような人は少ない傾向です。

 

| 3.眼前にあっても、心配性で行動には踏み出せないという

行動力がないということ。やりたいことだったり興味や関心があることが眼前にあっても、心配性で行動には踏み出せないというもの。

SNSでアカウントを設けたけど、自らは発信はしないで鍵アカウント状態で見る専となっている人が、行動力がない人の典型的なパターンです。

 

| 4.小さなミスを気にし引き摺ってしまうような傾向にある

ミスを引き摺るということ。あの時こうすれば良かったとかこうした言い方をすべきだったなど、小さなミスを気にし引き摺ってしまうような傾向にあるというもの。

明らかに落ち込み元気がない表情になってしまい、どんよりした雰囲気の時間がしばらく続いてしまう人もそれほど珍しくはありません。

 

 

 


気にしすぎるのを直したいことがある、知っておきたいその心理状況


 

| 1.職場などでも非常に承認欲求が強いところがあるという

家庭環境に要因があるという心理状況。気にしすぎをやめたい人に見られるのが、職場などでも非常に承認欲求が強いところがあるというもの。

元は幼少期に要因があり、イタズラをしたり目立つことをするなど、注目を集めるような行動は叱られることに繋がっていたということです。

褒められるために何をすべきか、周囲の大人たちの顔色を伺うようになり、気にしすぎる人間へと成長しています。

 

| 2.仕事で大問題になる失敗をしトラウマになったというもの

忘れられないトラウマという心理状況。受験だったり就活などが思惑通りにいかなかったり、仕事で大問題になる失敗をしトラウマになったというもの。

失敗をしたことで誰かに迷惑を掛けたり、他の人の期待には応えられなかった経験が、失敗を過剰に怖れることに結び付くのは珍しくはありません。

失敗をしない確実性のあることのみを選ぼう、そういった意識が、気にしすぎな人間になってしまう要因の一つです。

 

| 3.機嫌が悪そうなど、今質問するのはやめておこうという

聞くことができないという心理状況。何度も聞くのは悪いとか忙しそうとか機嫌が悪そうなど、今質問するのはやめておこうというもの。

様ざまなパターンがありますが、躊躇ってしまって質問ができければ、仕事が進まなかったりするほか、ミスが大きくなっってしまうことにもなりかねません。

それにより叱責されるような機会も増え、関係だったり評価が悪化して、余計聞きづらくなるのが、気にしすぎを生む要因になっていることがあるかも知れません。

 

 

 

まとめ

クヨクヨすることに繋がることがある。ここでは、気にしすぎをやめたい切実な時もあるもの、先に向け変革したい具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。