お人好しの末路も心配になるもの、損することなく卒業していく具体策



身の回りを見渡すと、お人好しと呼ばれる人がいるもの。ポジティブな意味からすれば、いわゆる善良な人といった褒め言葉になります。

一方で都合がいい人といったネガティブな意味合いもあり、何かあったときに好都合と周りの人たちに利用されてしまうような人です。

お人好しの意味はといえば、大人しくて善良なところがあり、すぐにだまされてしまうような人。

純粋過ぎて不審に思ったり疑うようなことがなく、世間知らずの人という悪い意味合いのニュアンスが含まれています。

但し、お人好しは損することやトラブルに巻き込まれることも多く、自覚が少しでもある時は注意も必要。

ここでは、お人好しの末路も心配になるもの、損することなく卒業していく具体策を紹介しています。

 

 

 


お人好しの末路も心配になるもの、損することなく卒業していく具体策


 

| 1.断る勇気を持つことが非常に重要なポイントになるという

断る勇気を持つということ。拒否できないところを利用されることもあるため、断る勇気を持つことが非常に重要なポイントになるというもの。

勇気がいることですが、揉めたくないとか人間関係を悪化させたくないなどの理由で、したくもない他人の仕事だったり気が乗らない誘いは受けないようにします。

嫌われるのが怖いと不安感を覚える人もいますが、そもそも誰に対しても好かれる必要などなく、断ったことで関係が壊れてしまうようであれば、それまでと割り切ります。

そうしていくことで本当に大事な人たちが見極められ、心地の良い人間関係も築きやすくなる、損することなく卒業していく具体策の一つ。

 

| 2.先ずは自らの感情や感覚を取り戻すことが重要というもの

自らの感情や感覚を取り戻すということ。自分を抑えてお人好しと呼ばれるように相手に合わせている場合、先ずは自らの感情や感覚を取り戻すことが重要というもの。

その場にいることが、心地良いのか不快なのか、目の前の相手が好きなのか嫌いなのか、そうしたことで自分自身に正直になることが大切なことになります。

更に、お人好しと呼ばれる人は、自らを過小評価しがちで、他の人たちがそうであるように、大事にされて良いと正当に評価するのも、損することなく卒業していく具体策の一つ。

 

| 3..受け入れるのではなく、時には疑ってみることも必要と

時には疑うことも必要ということ。相手や物事をいつも好意的に受け入れるのではなく、時には疑ってみることも必要というもの。

言われたことを鵜呑みにしないで、本心はどうなかと客観的に考える癖を持つことが大切で、相手が信用できる人物か見極めることが非常に重要です。

当初は難しいかも知れませんが、人間観察を詳しくすることで、ふとした表情だったり態度に違和感を覚えることもある、損することなく卒業していく具体策の一つ。

判断するのが難しいときは、その場で即答するようなことをせず、じっくり考える時間を設けるのもリスク回避の一つの方法です。

 

| 4.自分自身の気持ちを後回しにしていかないというものです

自分自身の気持ちを大事にするということ。他の人に対して思い遣りを持つこと自体は素晴らしいことですが、自分自身の気持ちを後回しにしていかないというもの。

自己犠牲の先に本当の幸せなどはなく、自分自身と周りの人たちが幸せになれる、そんな人間関係を築いていくことが重要になります。

またお人好しと呼ばれる人は、周りの人たちの意見に流されやすいところがあるので、自分なりの世界観を持つことも大事ななポイントです。

世界観を持つために、先ずは自分自身の心に素直になることで、心の声と向き合えば自然と独自のものが築かれる、損することなく卒業していく具体策の一つ。

 

 

 


お人好しの診断も世間では見かけるもの、知っておきたいその特徴面


 

| 1.状況下でも、ネガティブな発想をしない傾向があるという

ネガティブな発想をしないということ。お人好しと呼ばれる人に見られるのが、どのような状況下でも、ネガティブな発想をしない傾向があるというもの。

楽観的な性分でなので、物事に向かってポジティブに捉えるところがあり、都合よく利用されてもあまり気にしないで、すぐに気持ちを切り換えられます。

但し、人によっては嫌われたくないといったネガティブ感情が根底にあり、いい人の振りをしてしまっていることにもなりかねません。

 

| 2.他の人と争いたくない、そうした考え方が根底にあると

人との争いが苦手ということ。お人好しと呼ばれる人に見受けられるのが、できる限り他の人と争いたくない、そうした考え方が根底にあるというもの。

そもそも穏やかななので滅多に怒ることはなく、相手に非があってももめ事はできる限り避けたい性分なので、責めるようなことをしない傾向があります。

むしろ物事がスムーズに解決するのであれば、こちら側に非がない時も謝ってしまうことにもなりかねません。

 

| 3.損得などを考えず他の人を優先することも珍しくないもの

他人が喜べば自分も嬉しいということ。お人好しと呼ばれる人は、相手が喜べば自分も嬉しく感じるところがあり、損得などを考えず他の人を優先することも珍しくないもの。

例え自分にメリットがないことであっても、相手の喜ぶ顔を見たくて、進んで手を貸してしまうことにもなりかねません。

例えば何かを頼まれた場合、多くの時間を取られてしまって大変な思いをする事態にになっても、本人はあまり気にせず相手を助けてあげたいと考えます。

 

 

 


お人好しには不利なポイントも多いもの、注意しておきたい損する理由


 

| 1.理由の一つが、頼まれたことを何でも引き受けてしまう

何でも引き受けてしまうということ。お人好しが損をする理由の一つが、頼まれたことを何でも引き受けてしまうからというもの。

押しに弱いのを見抜かれてしまっていて、例えやりたくないとうな物事でも、頼まれれば拒否できないと、付け込まれることも珍しくはありません。

忙しいというわけでもなく、単にやりたくないという理由で、自分の業務とは全く関係がない雑用を押し付けられるようなこともあります。

お人好しと呼ばれる人は、相手が押し付けてのが分かっていても、拒否ができず時間や労力のロスに繋がることにもなりかねません。

 

| 2.嫌なので、すぐに謝ってしまうところがあるというもの

すぐに謝ってしまうということ。お人好しと呼ばれる人は、できる限り事を荒立てたくないとか、場の雰囲気を壊すのが嫌なので、すぐに謝ってしまうところがあるというもの。

その場は波風立ることがなくやり過ごせるかも知れませんが、根本的な問題解決に繋がっていないことも珍しくはありません。

非もないのに謝ってばかりいれば、状況を把握していない人から見れば、こちらに責任があると勘違いすることにもなり、職場などでは自身自身の評価を下げることにもなりかねません。

 

| 3.不審は覚えないで、相手を信用してしまうところがある

誰かれとなく信用してしまうということ。人を好意的に見やすいところがあり、どのような状況下でもそれほど不審は覚えないで、相手を信用してしまうところがあるというもの。

騙されていることに気付かないことも多く、恋人に二股を掛けられていたり、貸したお金が返ってこないなどということにもなりかねません。

マルチ商法だったり投資詐欺等にも引っ掛かりやすく、悪い結果を招いてしまうようなことも珍しくありません。

 

 

 

まとめ

すぐにだまされてしまうような人です。ここでは、お人好しの末路も心配になるもの、損することなく卒業していく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。