無気力の治し方を掴んで邁進したいもの、何もしたくない時の具体策



人生を過ごしていると、無気力な時の治し方 を探すことがあるもの。何もしたくない日は誰にもあるものですが、そうした状態が長く続けば不安が募ることにもなりかねません。

仕事だったり日常生活の中で、ふとした瞬間に何もしたくないと無気力になることは、誰しもが一度や二度の経験があることです。

そうした無気力感は、仕事に行きたくないとか面倒臭く動きたくないなど、現実逃避の感情が湧き上がり、もしかすると病気なのかもと思い悩むことにもなりかねません。

一般的に無気力症候群とも呼ばれますが、休みの日に意欲を失くす休日無気力症候群というのもあります。

何もしたくないと無気力を覚える要因に、何らかの疲れが溜まっていたり、病気が隠れていることもあり、放っておけば体調を崩し病気に発展する怖れもあり注意が必要。

ここでは、無気力の治し方を掴んで邁進したいもの、何もしたくない時の具体策を紹介しています。

 

 

 


無気力の治し方を掴んで邁進したいもの、何もしたくない時の具体策


 

| 1. 見直しをして、オンオフの切り換えを心掛けていくという

生活リズムを整えるということ。無気力状態から抜け出していくためには、生活習慣の見直しをして、オンオフの切り換えを心掛けていくというもの。

朝日を浴びることを日課にしたり、決まった時間に起床や就寝をしたりのほか、栄養のあるバランスの良い食事を摂るようにします。

日常生活では当たり前のことですが、こういった良い生活リズムを毎日続けることで、疲れも取れやすい心身の状態になる、何もしたくない時の具体策の一つ。

仕事などが忙しければ、睡眠時間が短くなったり食事が偏ったりと、生活パターンが乱れるため心や身体が休まる時がありません。

 

| 2.セロトニンが増えるため、心と身体を安定させてくれる

適度な運動をするということ。適度な運動は幸せホルモンと呼ばれる脳内物質のセロトニンが増えるため、心と身体を安定させてくれるというもの。

セロトニンが分泌されれば交感神経が優位になるので、ポジティブな気持ちが湧き起こり、活動的になるような働きがあるとされています。

一人で部屋に籠って思い悩んでいると、更に気分が落ち込むなど悪循環のスパイラルに嵌まり込むことにもなりかねません。

どうしても運動が苦手という場合、親しい友人に会うとか好きなもの物事に没頭するなど、気分をリフレッシュさせるのが、何もしたくない時の具体策の一つ。

 

| 3.やる気がでなくなったのか、詳しく自己分析をしていくと

心の整理をするということ。無気力状態から脱却するためには、先ずはどうしてやる気がでなくなったのか、詳しく自己分析をしていくというもの。

いつから無気力になったのかとか、何が原因でやる気を失ったかなど順番に紐解いていきますが、一つではない可能性があるのを心に留めておきます。

傷ついた経験はなかったかとか裏切られて悲しみに暮れる体験はないかなど、直接的に関係していないとことなども振り返っておくことが重要です。

実際は、辛かったことや傷ついた経験などから、意識しないでやる気が失せている可能性もある、何もしたくない時の具体策の一つ。

 

| 4.人間関係の場合、現在の対人関係を振り返ってみるという

人間関係を見直すということ。無気力状態の要因が、職場の同僚だったり家族や友人など人間関係の場合、現在の対人関係を振り返ってみるというもの。

どんな言動で傷ついたのかとか、どういったことに不満を感じているのかのほか、自らを犠牲にし我慢していることはないかなどを心に問いかけます。

対人関係で抱えているような悩みを振り返ることからスタートし、ストレスを感じている箇所を探してみるのも、何もしたくない時の具体策の一つ。

相手を変えることは非常に困難なことですが、自分自身の考え方だったり振る舞いで緩和させて、解決に結び付く可能性があります。

 

 

 


無気力な子供の治し方を探すこともある、知っておきたいその心理状況


 

| 1.無自覚の間にストレスを抱え込んでいるような可能性が

無自覚なストレスという心理状況。何もやる気が出ず無気力状態に苛まれている人は、無自覚の間にストレスを抱え込んでいるような可能性があるもの。

普通にストレスを感じているといった自覚があれば、それを解消していくために努力だったり行動を起こすのが世間では一般的です。

但し、無自覚でストレスを抱えている状況では、自分ではまったく思っていないので、それを回避する行動ができず無気力となりかねません。

 

| 2.喜ぶとか褒められるなど、そんな理由が主だったという

目標を持てないという心理状況。幼少期からいわゆる良い子タイプで、行動を起こすときに大人が喜ぶとか褒められるなど、そんな理由が主だったというもの。

主体性を持つこともできないで大人になってしまい、自分自身が何をすべきか目標を見失っている状況です。

学生時代までは勉強だけしていれば良いですが、社会に出ると何をやってもやり甲斐もなく、達成感が持てないので無感動になり、結果として無気力になりかねません。

 

| 3.比較され生きていて、優越感や劣等感を持ち折り合いを

人と比較し劣等感を抱いているという心理状況。人間は幼少期から何かと他人に比較され生きていて、優越感や劣等感を持ち折り合いをつけているもの。

学生時代は勉強だったり運動などの成績で、社会人ともなれば職業や地位、同じ職場では成果だったりスキルなどで比べられます。

そんな中で劣っていると感じる人は、 どうしても頑張っても優秀な人間には叶わないと、やる気を削がれ無気力状態に陥ることにもなりかねません。

 

| 4.達成できなかったり、理想的な自分になれないと許せない

完璧主義で理想が高いという心理状況。どんなことでも完璧にしたい完璧主義者は、自らが掲げた目標達成できなかったり、理想的な自分になれないと許せないもの。

但し、人間は誰もが失敗をするもので、いつでも完璧な状態であり続けるのは無理というものです。

完璧主義者は、小さな挫折でもアイデンティティを維持することができなくなることがあり、無気力状態に陥ってしまうことにもなりかねません。

 

 

 


無気力な時の抜け出し方がは大事なもの、注意しておきたいその原因面


 

| 1.倦怠感から何もしたくない無気力状態になるというもの

睡眠不足で疲労が溜まっているということ。睡眠不足で肉体的な疲労が溜まっている場合、倦怠感から何もしたくない無気力状態になるというもの。

仕事が多忙で残業や休日出勤が続くなどと、休息する時間が取れていないタイプの人は要注意です。

人間は集中している時は疲労を感じ難く、そのため気が付かない間に限界を超えてしまうことにもなりかねません。

 

| 2.頭の中で不安が大きくなり、問題を大きく捉えてしまう

問題を大きく捉えている ということ。周囲の人たちから見ればシンプルな問題でも、自分の頭の中で不安が大きくなり、問題を大きく捉えてしまうというもの。

そうした問題に対して、最初から全てを解決しようとしても、何も行動に移せずに気力だけが失われ無気力状態になりかねません。

 

| 3.一般的に言われる燃え尽き症候群に陥りがちというもの

燃え尽き症候群ということ。今まで何かに集中し意欲的に取り組んできた場合、突然やる気がなくなる、一般的に言われる燃え尽き症候群に陥りがちというもの。

何もしたくないのは、一生懸命に頑張ってきたからこそで、自分自身の力を使い果たし残っていない状態です。

 

 

 

まとめ

誰もが一度や二度の経験があることです。ここでは、無気力の治し方を掴んで邁進したいもの、何もしたくない時の具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。