怒りが収まらない時から逆転したいもの、落ち着いて対処していく術



人生を過ごしていると、怒りが収まらない時もあるもの。普段であればこんな些細なことで怒り出すことはないのに、イライラが募ってくる時があります。

思惑通りにならないことがあるなど、ついイライラして怒りが収まらない時があるのは誰にでも起こり得ます。

これは知らず知らずの間にストレスを溜め込み過ぎてる時に起こりやすく、自分を責めないで日々の生活を振り返ることが大事な点ということにもなりかねません。

怒りが収まらない時のスピリチュアル的なものを考えれば、感情に対しての理解を深めることがポイントで観察力の研鑽がが必要。

全く同じ場面でも感情の種類を変えるだけで見え方も変わってきます。

ここでは、怒りが収まらない時から逆転したいもの、落ち着いて対処していく術を紹介しています。

 

 

 


怒りが収まらない時から逆転したいもの、落ち着いて対処していく術


 

| 1.イライラしたことの原因となる、ストレス解消に効果的

太陽光を浴びるということ。怒りが収まらない時には、太陽光を浴びることもイライラしたことの原因となる、ストレス解消に効果的というもの。

デスクワーク中心の日常生活を送っていて、滅多に日光を浴びるような機会がない、そういった人も世の中には多くいます。

太陽光を浴びると脳内物質のセロトニンの分泌が増加しますが、これには精神を安定させ脳を活発に働かせる作用があります。

分泌はウォーキングをはじめジョギングやサイクリングなど、一定の動きを繰り返す運動が良い、落ち着いて対処していく術の一つ。

 

| 2.実際に噛むことがストレスの解消へと繋がるというもの

噛むことで脳を刺激するということ。プロ野球選手などもガムを噛んでいますが、実際に噛むことがストレスの解消へと繋がるというもの。

咀嚼は五感から入る刺激が心地良いか不快かを判断する、脳の扁桃体と呼ばれる部位の働き抑える作用を持っています。

扁桃体の働きが抑えられた場合、不快という信号が大脳に伝達され難くなり、怒りも収まる落ち着いて対処していく術の一つ。

 

| 3.ヨガや太極拳の動きなども、瞑想に至るためのプロセス

深呼吸を行うということ。呼吸法はリラクゼーションの基本とされていて、実際にヨガや太極拳の動きなども、瞑想に至るためのプロセスというもの。

腹式呼吸を行うのが重要で、息を吐き出すことからスタートし、吐き出しきった後は鼻から大きく息を吸い込むようにします。

深呼吸する時間を意識的に設けるだけで、全身の血液の循環が良くなって怒りも収まる、落ち着いて対処していく術の一つ。

 

| 4.リフレッシュに繋がる、そういったことを感じることも

好きなものを食べるということ。美味しいものを食べることがリフレッシュに繋がる、そういったことを感じることも多いというもの。

食事というのは栄養を摂るためだけにするものではなく、心を安定させる役割も果たしている、落ち着いて対処していく術の一つ。

美味しいものを食べた時は、β-エンドルフィンと呼ばれる神経伝達物質が分泌され、不安や緊張を和らげて幸福感をもたらします。

 

| 5.思い浮かべれば、イライラの原因も忘れられるというもの

趣味に没頭するということ。怒りが収まらない時に、自分自身の好きなことだったり楽しいことを思い浮かべれば、イライラの原因も忘れられるというもの。

読書をはじめ映画を観たり音楽を聴いたりのほか、旅行に出掛けたり山に登ったりと、人によって様ざまな趣味を持っています。

仕事だったり家事などを忘れて、自分自身の大好きな趣味に打ち込む時間を持つことが重要な、落ち着いて対処していく術の一つ。

 

 

 


怒りが収まらない時どうするかも問題、注意しておきたいその原因面


 

| 1.あるのが、過剰なストレスによる精神的な負担というもの

過剰なストレスによる精神的負担ということ。怒りが収まらない時の主な原因にあるのが、過剰なストレスによる精神的な負担というもの。

ストレスは溜まっていないと思っている人であっても、小さなものが積み重なって大きな負担に繋がる可能性もあるので注意が必要です。

知らず知らずの間に自分自身の許容範囲を、遥かに超えてしまっているということにもなりかねません。

 

| 2.あるのが、ホルモンバランスの崩れが挙げられるという

ホルモンバランスの崩れということ。怒りが収まらない時の原因にあるのが、ホルモンバランスの崩れが挙げられるというもの。

特に女性は、生理前になると現れる月経前症候群(PMS)の可能性があり、情緒不安定になったり集中力が低下したりします。

PMSの原因は明確に分かっていないものの、女性ホルモンの変動に関わっているとも言われています。

 

| 3.機能をコントロールしている、自律神経が乱れていると

自律神経の乱れということ。怒りが収まらない時の原因に見られるのが、生きる上で必要な機能をコントロールしている、自律神経が乱れているというもの。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つで構成されていて、両者がバランスよく働くことで身体が守られています。

但し、過剰なストレス状態では交感神経が働き続けてしまうので、イライラしやすい状況を生み出すことにもなりかねません。

 

| 4.そんな様ざまな重い症状の状態を指しているというもの

更年期障害ということ。更年期障害は閉経前の5年間と閉経後の5年間に現れる、そんな様ざまな重い症状の状態を指しているというもの。

眩暈や動悸といった身体的症状だけでなく、気分が落ち込んだりイライラしたりのほか、眠れなくなったりすることがあります。

更年期障害は加齢により、女性ホルモンの分泌が徐々に揺らぎながら低下することで引き起こされます。

 

 

 


怒りが収まらない時は振り返りたいもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.トラブルだったり問題に対して、すぐに怒りを向けがち

精神的な余裕がないという心理状況。人間は精神的な余裕がない時、些細なトラブルだったり問題に対して、すぐに怒りを向けがちというもの。

余裕がなくなった場合、目の前の物事だけに気持ちが傾いてしまうので、周囲の人たちの声も届き難いことにもなりかねません。

また、時間に追われているとどうしても焦りが出て、更に気持ちに余裕がなくなる負のスパイラルに嵌まり込みかねません。

 

| 2.自らの視点しかない人は、言動に思い遣りがなく苛立ち

思い込みが激しいという心理状況。相手の立場や考えを理解できず、自らの視点しかない人は、言動に思い遣りがなく苛立ちがちというもの。

物事が客観視できないで相手の立場にたてないので、周りを見ずに自分自身の思い込みから一方的に突っ走ってしまうことにもなりかねません。

怒りが鎮まらない人は、他の人の立場で物事を見るのが不得手な人かも知れません。

 

| 3.一杯一杯になり八つ当たりをしたりと、イライラしがち

キャパシティーが少ないという心理状況。キャパシティが少ない人は、小さなことですぐに一杯一杯になり八つ当たりをしたりと、イライラしがちというもの。

誰しもイライラして怒りが収まらない時がありますが、それを理不尽に他者に向けてしまうのは、まったく良いことではありません。

 

 

 

まとめ

またイライラが募ってくる時があります。ここでは、怒りが収まらない時から逆転したいもの、落ち着いて対処していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。