好かれる人の特徴を持ちたいもの、備えていくように実践する具体策



身の回りを見渡すと、好かれる人がいるもの。職場などでも男女の関係なく、誰からも好かれる人と皆に思われているような人がいます。

そんな好かれる人の特徴を見てみると、相手の話に素直に耳を傾けることが挙げられ、これはその話に意識を集中し聞いているということです。

世の中には好かれる人と嫌われる人がいますが、どんな話に対しても興味を持ち意識を傾けて聞けるのは、素敵な姿勢ということに疑いありません。

そんな好かれる人の特徴を持った女性や男性からすれば、以前聞いたような話であっても、また違った気付きや広がりを見せることになるかも知れません。

自分自身がそんな好かれる人になりたい場合、方向を間違わないことが重要ポイントです。

ここでは、好かれる人の特徴を持ちたいもの、備えていくように実践する具体策を紹介しています。

 

 

 


好かれる人の特徴を持ちたいもの、備えていくように実践する具体策


 

| 1.それ以外の人にも、裏表がない態度で接するというもの

人で態度を変えないということ。好かれる人に見られるのが、気になる人だったりそれ以外の人にも、裏表がない態度で接するというもの。

気になる人に向かって良い人をアピールするようにしたり、それ以外の人には素っ気ない態度で対する人物は多くの人から嫌われます。

誰しも特別扱いを受ければ嬉しいものですが、周囲りの人の評価を下げてまでは優しくして欲しいとも思わない、備えていくように実践する具体策の一つ。

 

| 2.こうしたことはコミュニケーション中で実践していける

相手を際立たせるということ。相手を際立たせる人は好かれるとも言われますが、こうしたことはコミュニケーション中で実践していけるというもの。

己自身の話ばかりをしているケースでは、相手を際立たせることなどできず、話には素直に耳を傾け凄いと思ったところは褒め、更に知りたい時は率先して尋ねるようにします。

相手は関心を持ってくれていると、自然に良いイメージを抱くので、結果として誰からも好かれる、備えていくように実践する具体策の一つ。

 

| 3.自分本位で評価したりと、そんな人物は好かれないという

相手の評価をし過ぎないということ。外見が良いとか性格が微妙などと、周りにいる人たちを自分本位で評価したりと、そんな人物は好かれないというもの。

そうした話を聞いてしまった人たちは、己自身のことを言われていなくても、上から目線から人を評価する人といった感じに思いかねません。

こういった印象が付いてしまえば、好かれる人から遠ざかることになるのでやめておきたい、備えていくように実践する具体策の一つ。

 

| 4.場の空気を先読みし率先して行動するような気が配れる人

気を配れる人になるということ。異性から好かれる重要なポイントの一つが、場の空気を先読みし率先して行動するような気が配れる人というもの。

他人が嫌がることを積極的に行ったり、誰かに言われなくても先に動いたり、気付かないところをフォローするよう心掛けます。

こうした行動ができると、気が配れる人というイメージも定着し自然に好かれることになる、備えていくように実践する具体策の一つ。

 

| 5.相手の細かなところにまでチェックを入れている人もいる

細かな部分に配慮できるということ。女性にしても男性にしても、相手の細かなところにまでチェックを入れている人もいるというもの。

男性側からすれば、女性らしさの出やすいヘアスタイルだったり服装に爪や靴など、同じ職場内ではデスク周りなどの観察をしています。

見える部分から評価しているのが普段の姿で、誰にどう映っているかを考える機会を設けるのも、備えていくように実践する具体策の一つ。

 

 

 


好かれる人の診断なども世間で見かけるもの、覚えておきたい特徴面


 

| 1.周囲の人たちに対する日頃の感謝の念を忘れがちという

常日頃の感謝は忘れないということ。毎日が忙しく心に余裕がなくなったケースでは、同僚や友人に恋人など、周囲の人たちに対する日頃の感謝の念を忘れがちというもの。

何かをして貰った時は、率直にありがとうの言葉を言える余裕は、常に我が身に持っておくように心掛けます。

感謝の気持ちは言葉で伝えることも大切ですが、心の中も支えられているという有り難さを噛みしめ、自分本位にはならないようにします。

 

| 2.もっと話したくなるスムーズで楽しい会話ができるという

聞くのが上手ということ。好かれる人に見られる傾向にあるのが、もっと話したくなるスムーズで楽しい会話ができるというもの。

それほど会話を交したことがないような相手でも、この人ならもっと話を聞いて貰える、そういった好印象を与えることもできます。

やたらに質問をするようなことはせず、相手の気分が上がるような相槌を打つなど、ポジティブになれる会話が楽しめます。

 

| 3.周囲にいる多くの人たちから敬遠されることになるという

人の陰口を言わないということ。悪口や陰口を言う人というのは、周囲にいる多くの人たちから敬遠されることになるというもの。

時には複数の人間が集まり陰口を言い合うこともありますが、そうした行為にはメリットなどまったくありません。

親しい人に誰かの陰口を言うことも稀にありますが、そういったネガティブな言葉を聞かされる方は、気が滅入ることになりかねません。

 

| 4.謝罪する、そんな具合に常に素直なのが好かれる人という

素直であるということ。褒められた時はありがとうと感謝し、失敗をした際はごめんなさいと謝罪する、そんな具合に常に素直なのが好かれる人というもの。

他者を疑いすぎたりや好意を無駄にしたりすると、面倒臭い人と認識されて、周囲の人たちが遠ざかるということになりかねません。

こういった行動が重なれば、周りの人たちに手助けして貰えなかったり優しくもされないなど、心の距離が離れることにもなりかねません。

 

 

 


好かれる人の話し方などもあるもの、注意しておきたいしない行動など


 

| 1.言いたいことが最後まで言えなかったなどの経験は誰しも

話を遮るという行動。話している最中に唐突に別の人が遮って話し始めた結果、言いたいことが最後まで言えなかったなどの経験は誰しもあるもの。

これは一般的には会話泥棒と呼ばれていますが、こうした会話を盗んでしまうような人物の多くは無意識で、普段の生活から当たり前のようにしています。

この手の人が近付いてくればまた話が脱線する、そんな風に嫌われますが、好かれる人は相手の話は最後まで聞くことが癖ともなっています。

 

| 2.滅入ったり、落ち込んだりすることなど、誰にでもある

気分次第で相手を振り回すといった行動。職場などで叱責され気分が滅入ったり、落ち込んだりすることなど、誰にでもあることというもの。

但し、そうした気持ちをいつまでも引き摺ったままの状態では、周りの人たちも困ってしまい、気を遣い励ましたり距離を置いたりと、腫れものに触るような扱いをさせかねません。

嫌な物事があっても、他人と関わる時は気持ちのスイッチを切り換えるのが好かれる人というものです。

 

| 3.するのは、貴重な時間を奪い去ってしまうような行為と

他人の時間を奪うといった行動。職場で無意味な愚痴をこぼしてみたり雑談をするのは、貴重な時間を奪い去ってしまうような行為というもの。

仕事に集中している最中など、少し聞いてなどと話し掛けられて、一方的に愚痴を言って来る体験は誰にでもあることです。

こうした行動は、相手が事をしている時間や、集中しようと思っている気分を削ぐようなネガティブな行為です。

更に、既に結論が決まっている悩みの相談も、相手によっては時間を奪われていることになりかねません。

 

 

 

まとめ

意識を集中し聞いているということです。ここでは、好かれる人の特徴を持ちたいもの、備えていくように実践する具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。