あざとい女性の末路も心配になるもの、曖昧な状態を残して向き合う術



身の回りを見渡すと、あざとい女性がいるもの。そんな人は職場にもいて、普段から何をしても抜け目がなく、小利口に振る舞っているようなタイプ。

あざとい女性が好きと言った男性も稀にいますが、あざとい女性は特別な言葉ではない挨拶も上手で、相手は気に掛けてくれていると勘違いしかねません。

ほかにも何か手伝った方が良いなどと、さり気ない様子で良い人を演出することもあり、その行動に騙されることにもなりかねません。

既婚女性はあざといとも言われますが、こうした人は相手から何かのアクションが返るよう仕向け、自分から先を言わないのが癖になっています。

なので、側にいる時は警戒も必要となりかねません。

ここでは、あざとい女性の末路も心配になるもの、曖昧な状態を残して向き合う術を紹介しています。

 

 

 


あざとい女性の末路も心配になるもの、曖昧な状態を残して向き合う術


 

| 1.それがその人間のパーソナリティーの全てではないという

長所に目を向けるということ。あざとい女性はあざといといった一面を持っていますが、それがその人間のパーソナリティーの全てではないというもの。

人間は誰しも多面性があり、どれほどあざとい女性でも、他人に親切なところがあるとか約束を守るなど、長所を持っているに疑いはありません。

身近にあざとい女性がいれば、その点ばかりに着目してしまい不快な思いも多くなりますが、相手を変えるのはできなくても、自分自身の意識を転換することはできます。

長所に着目するようにすれば、意識することで見方も変わってくるに相違ない、曖昧な状態を残して向き合う術の一つ。

 

| 2.見渡せば、取り巻きのような人間も何人かは側にいると

周囲の人たちを味方につけるということ。あざとい女性の周囲を見渡せば、取り巻きのような人間も何人かは側にいるというもの。

なので、自分も周囲の人たちを味方につける努力が必要で、1人でいれば個人攻撃を受けることにもなりかねません。

先だって相談相手を見つけ出しておくことが先決で、何かあった際に報告し、あざとい女性からの嫌がらせを交わす、曖昧な状態を残して向き合う術の一つ。

またあざとい女性は自分より頭の良い人間を避ける傾向にあり、感情的にならないようにして、淡々とした冷静な対応を心掛けます。

 

| 3.どうしても深く関わり合いになければならなこともある

指摘し不快感を伝えるということ。あざとい女性が余りに近い場所にいる時や、どうしても深く関わり合いになければならなこともあるというもの。

そういった場合は、実害を受けてしまうこともあり、ストレスも溜まって仕方がないということにもなりかねません。

そんな時は本人に向かって明確に嫌な思いをしていることを伝えますが、あざとい言動を具体的に指摘していくのが、曖昧な状態を残して向き合う術の一つ。

あざとい女性は、自分が他の人からそう思われていることを自覚していないことも多く、本人にストレートに不快感を伝えるのは効果があります。

 

| 4.こともあり、そんな人とは関わらないことが一番という

できる限り関わらないということ。あざとい女性の言動を見ていると不快になるばかりということもあり、そんな人とは関わらないことが一番というもの。

身近にそうしたあざとい女性がいる場合、その人をあざといと感じているのは自分だけではなく、できる限り距離を置いて関わらないようにします。

但し、職場の同僚などでは、仕事上のコミュニケーションを図る必要があり、全くコンタクトを取らないという訳にはいきません。

その場合には、必要となるコミュニケーション以外は、できる限り話をしないようにするのが、曖昧な状態を残して向き合う術の一つ。

 

 

 


あざとい女性の行動は様々な面があるもの、知っておきたいその特徴面


 

| 1.実体より低く見せて、できない振りや弱いふりをすると

できない振りとするということ。あざとい女性に見られるのが、わざと自らを実体より低く見せて、できない振りや弱いふりをするというもの。

上司から一定量の仕事を任された場合、自分の能力であればこの程度は一人で仕上げられる、そんな風に思っても人には言いません。

同僚の男性がその仕事量を見て、一人で仕上げられるかと尋ねてきた時は、少し自信ありませんと答えることにもなりかねません。

 

| 2.関係性などに応じ、人に対しての態度や接し方を変える

人によって態度を変えるということ。あざとい女性に見受けられるのが、相手と自分自身の関係性などに応じ、人に対しての態度や接し方を変えるというもの。

あざとい女性は、常に損得を考えながら行動するところがあり、損になりそうなことに手を出しませんが、利益になりそうと計算した物事は積極的に行います。

そういった損得勘定が習慣ともなっているところが、人により態度を変えるといったとに密接に繋がっているということにもなりかねません。

 

| 3.あざとい女性にとって、まさに最高の武器になるという

涙を有効利用するということ。涙は女の武器といった言葉もありますが、あざとい女性にとって、まさに最高の武器になるというもの。

職場内で同僚から傷付くようなことを言われた場合、あざとい女性はわざと席を外して部屋の片隅に移動、そこで静かに涙を見せることにもなりかねません。

そうした様子を見ていれば、他の男性の同僚は可哀そうにと感じ、同情することにもなりかねません。

 

| 4.挙げられるのが、非常に男性を見る目があるというもの

男性を見る目があるということ。あざとい女性で最も感じる要素として挙げられるのが、非常に男性を見る目があるというもの。

第一印象から感じることも多くあり、男性の言葉だったり見た目など、表面的なところから判断できる能力があります。

プライベート面や恋愛を含めて、多くの悩みを抱えている女性が、あざとさという武器を使って、なりふり構わないで男性を誘惑するということもあります。

 

 

 


あざとい女性には思うところもあるもの、注意しておきたい男性心理


 

| 1.対して男性が思うのは、それほど悪い気はしないという

悪い気はしないという男性心理。あざとい女性の対応に対して男性が思うのは、それほど悪い気はしないというもの。

何らかの直接的な被害でもあれば別ですが、特別大きな影響などを受けなければ、悪い印象を持つことはありません。

何となく良い人と受け止めるようなこともありますが、それ以上はさほど気に留めないということにもなりかねません。

 

| 2.何か裏があるかも知れないなど、深読みする男性もいる

何か裏があるかもという男性心理。余りにも親切な態度には、何か裏があるかも知れないなど、深読みする男性もいるというもの。

これほど優しいのは、後で何か要求されるのでは、そんな風にあざとい女性の態度を見て、警戒心を強める人もいます。

表面的なことに対して騙されないよう、境界線をきちんと別けているのかも知れません。

 

| 3.態度をとるのか、意味が全く分からなくて戸惑っている

何を考えているか分からないという男性心理。何のためにこうした態度をとるのか、意味が全く分からなくて戸惑っているというもの。

掴みどころのないような態度に振り回されているので、どういった対応をすれば良いのか困惑していることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

小利口に振る舞っているようなタイプ。ここでは、あざとい女性の末路も心配になるもの、曖昧な状態を残して向き合う術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。