人は見た目通りとも言われるもの、捉われないで首尾よく接する具体策



日々の暮らしの中で、人は見た目通りと感じることもあるもの。人は見た目が9割といった書籍が流行ったこともあり、見た目に捉われる人が多いのも事実です。

もちろん見た目じゃないというのは、いつの時代にも取り上げられるテーマとなりますが、人を見た目で判断する人は確実に存在します。

人間の話は顔の表情だったり声質で伝達されますが、その内容自体は7%程度しか情報が伝わっていないことにもなりかねません。

そんなこともあり、人は見た目通りという外見で判断する人と、関係性が切れないような時は、問題を生じさせないよう注意することが必要ともなりかねません。

ここでは、人は見た目通りとも言われるもの、捉われないで首尾よく接する具体策を紹介しています。

 

 

 


人は見た目通りとも言われるもの、捉われないで首尾よく接する具体策


 

| 1.髪型や服装がだらしない人間には見向きもしないという

身だしなみをきちんと整えるということ。人は見た目通りと判断する人は、何を置いても外見を重要視し、髪型や服装がだらしない人間には見向きもしないというもの。

結果として、先ずは身なりをきちんと整えることが出発点で、顔などは簡単に変えることはできませんが、髪型や服装などはすぐ直すことができます。

身だしなみが整うと良い雰囲気が出てくるので、気になる相手を振り向かせる確率も上がる、捉われないで首尾よく接する具体策の一つ。

 

| 2.判断する人を振り向かせるため、容姿を磨くことも近道

できるだけ見た目を磨くということ。身だしなみを整えた次のステップが、人は見た目通りと判断する人を振り向かせるため、容姿を磨くことも近道というもの。

相手の好みに近づけば振り向いて貰える確率も高まるので、華やかさを求めるのであれば美容院やネイルサロン、痩せる必要があると思う時はジムに通います。

無暗に努力をするのではなく、相手の好みを正確にリサーチした上で近づけるようにすれば効果的な、捉われないで首尾よく接する具体策の一つ。

 

| 3.判断する人の好みへと変えるのは、効果的なやり方という

好みのファッションへと寄せてみるということ。服装だったり化粧の手法などを、人は見た目通りと判断する人の好みへと変えるのは、効果的なやり方というもの。

比較的簡単に相手の好みのタイプへと寄せることができるので、雰囲気が変わってくれば見る目も変化するということになります。

化粧だったり服装は簡単に変えられるので実行しやすく、相手の好みを調べた上で、理想とするファッション等で攻めるのも、捉われないで首尾よく接する具体策の一つ。

 

| 4.ケースでは、洒落たハイセンスな所でデートするという

洒落たデートスポットに出向くということ。人は見た目通りと判断する人と仲良くなりたいケースでは、洒落たハイセンスな所でデートするというもの。

洗練された大人が行くデートスポットに出向いていけば、ハイステータスな人と受け取られる可能性も高まります。

人は見た目通りと判断する人に憧れられる、そういった人物になれば、容姿に関係なく恋愛へと発展するチャンスもある、捉われないで首尾よく接する具体策の一つ。

 

| 5.頑張っても、好みの顔でなければ振り向いてくれないこと

開き直って中身で勝負するということ。どれほど身だしなみだったりデート演出で頑張っても、好みの顔でなければ振り向いてくれないこともあるもの。

そうした時は完全に開き直って中身で勝負する、そうしたやり方も一つの手で、性格の良さなどが伝われば、好きになってくれる可能性もあります。

容姿で戦わない決意をした際のポイントは、楽しい人間と受け取って貰うことで、一緒にいて楽しいと感じると会う機会も自然に増える、捉われないで首尾よく接する具体策の一つ。

 

 

 


やはり人は見た目通りということもある、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.絶対にこうだ、そんな具合に決めつけてしまうというもの

固定概念持ちやすいということ。人は見た目通りと判断する人に見られるのが、何事に対しても絶対にこうだ、そんな具合に決めつけてしまうというもの。

こういうスタイルの人は、最初に目から入ってくる視覚的な情報に、頭の中の印象をが縛りつけられてしまうことになりかねません。

裏を返して考えてみると、第一印象が良ければ攻略も簡単といった、そんな人物と言うこともできます。

 

| 2.ところがあり、相手に対してのイメージを気にするタイプ

己自身が見た目に気を配るということ。己自身が異常にお洒落なところがあり、相手に対してのイメージを気にするタイプというもの。

普段からこうしたことが当たり前のようになっていれば、見た目は良い方でなければ、そんな価値観を持っているような可能性も高くなります。

己自身の美的感覚を基礎にして出発するので、相手にもある程度の外見を求めてしまうことにもなりかねません。

 

| 3.人間観察をして、身勝手に批評する人もいるというもの

他者の批評を良く口にするということ。街中の人を見掛けては、どういった人物かと人間観察をして、身勝手に批評する人もいるというもの。

その人がどういう人柄かも知らずに判断してしまうのは、人は見た目通りと分かった風を装うということになりかねません。

普段の何気ない会話の内容をはじめ、デート中の発言などに事細かく注目してみると、その人間性が見えてくることになります。

 

| 4.綺麗なものや整っているものを、非常に心地良く感じる

潔癖症傾向があるということ。潔癖症傾向がある人に見られるのが、綺麗なものや整っているものを、非常に心地良く感じるというもの。

こういう人は、己自身のこだわりが明確にあり、第一印象で人は見た目通りと受け入れられるか、そうしたことを先ずチェックすることになりかねません。

 

 

 


見た目にこだわる人の中にはいるもの、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.人間が受ける情報のほとんどは視覚からとされているもの

相手が信頼できるか判断している心理状態。人は見た目が9割といったベストセラー書籍にあるように、人間が受ける情報のほとんどは視覚からとされているもの。

人間には本能があって、この相手は己自身の敵か味方か、そういった姿勢を視覚的なもので判断しています。

その相手が誠実かをはじめ、己自身の話を受け入れてくれそうかなど、見た目からのイメージで直感で判断することになりかねません。

 

| 2.ケースでは、少なからず周りの人たちに持て囃されると

見た目の良いパートナーがいることがステータスという心理状態。外見の良いパートナーのケースでは、少なからず周りの人たちに持て囃されるというもの。

己自身の見た目に自信が持てずコンプレックスがあるケースでは、理想像を相手の外見に対して投影し求めてしまうこともあります。

隣の芝は青いといった言葉のように人間はないものねだりをしがちで、これも己自身に自信がない故かも知れません。

 

| 3.己自身の心もオープンにしていく必要性があるというもの

自信を抱けないという心理状態。人は見た目通りと判断する相手の内面を知るためには、己自身の心もオープンにしていく必要性があるというもの。

己に自信を持てない人は、その本性を知られると嫌われてしまうなど、恐怖心が湧き起こるということになりかねません。

結果として、コミュニケーションを図って己自身を理解して貰ったり、相手のこと知るといったプロセスを飛ばし、見た目で相手を判断することにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

見た目に捉われる人が多いのも事実です。ここでは、人は見た目通りとも言われるもの、捉われないで首尾よく接する具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。