フレンドリーな人の末路も心配なもの、角を立てずに苦手を克服する術



身の回りにも、フレンドリーな人がいるもの。それほど仲良が良い訳でもないのに、プライベートなことに踏み込ん来るような馴れ馴れしい人。

外国人はフレンドリーともされますが、悪意を持って近づいて来るのは大問題ですが、悪気がなくても距離感が近過ぎるのは戸惑ってしまうことにもなりかねません。

こういったフレンドリーな人を苦手にしている人も多く、その圧迫感は物理的にも精神的にも、距離が近過ぎることに疑いありません。

なので、フレンドリーすぎる人との距離が近くなってしまう理由や、居心地の悪さの原因を知ることが、関わる上での精神的に重要なポイントになってきます。

ここでは、フレンドリーな人の末路も心配なもの、角を立てずに苦手を克服する術を紹介しています。

 

 

 


フレンドリーな人の末路も心配なもの、角を立てずに苦手を克服する術


 

| 1.鈍感なところがあり、気付かず一方的に話し続けることも

話を広げないということ。フレンドリーな人は相手が嫌がっていることに鈍感なところがあり、気付かず一方的に話し続けることもあるというもの。

そういった人物に向かって、今はとても忙しいと柔らかく交そうとした場合、その真意に気付いてくれることは期待できません。

但し、そんな態度では貴重な時間を無駄にし続けることにもなりかねず、断固とした拒否ができない際は話題は広げないようにするのが、角を立てずに苦手を克服する術の一つ。

 

| 2.元気のない時には合わせるのに疲れ果てるというものです

傷付けないくらいに素っ気なく接するということ。フレンドリーな人はテンションが非常に高いところがあり、元気のない時には合わせるのに疲れ果てるというもの。

元気のない人の気持ちを理解できない、そんな感じの明るさだったりすることもあり、ストレスを覚えることにもなりかねません。

頻繁に話し掛けられるような時は、会話のラリーが続かないように短い返事をしたり、場合によってはその場を立ち去るなど回避するのも、角を立てずに苦手を克服する術の一つ。

 

| 3.どの程度相手のことを理解しているかが影響するという

相手のことを理解するということ。フレンドリーな人と普通人の違いは、実際の態度だけでなく、どの程度相手のことを理解しているかが影響するというもの。

相手を知らないことは未知であり恐怖感が増すので、それが苦手意識に変わることで、距離を置きたくなることになりかねません。

熟知性の法則ということがあり、人間は相手のことを理解するほど好きになりやすい、そういった傾向もある角を立てずに苦手を克服する術の一つ。

 

| 4.巻き込まれることも多く、できるだけ近寄りたくないと

己自身のコミュニケーションスタイルを知るということ。フレンドリーな人は厄介なところがあり、そのペースに巻き込まれることも多く、できるだけ近寄りたくないと思うもの。

先ずは己自身がどういうコミュニケーションが心地よく、どういった関わり方に対して苦手意識を覚えるかを自己分析するようにします。

特に余りに馴れ馴れしいので嫌と感じた際は、相手に向かって大事にして欲しいところを伝えるのも、角を立てずに苦手を克服する術の一つ。

 

| 5.ケースでは、思い切って距離を離すことも一つのやり方

距離を離すということ。フレンドリーな人との関わりがストレスになっているケースでは、思い切って距離を離すことも一つのやり方というもの。

但し、距離を離すといっても仲間はずれにするような意味ではなく、己自身が相手から遠ざかっていく行為を指しています。

同じ職場では難しいかも知れませんが、できるだけ顔を合わせないように行動をずらしたり、相手の視界の中に入らないのも、角を立てずに苦手を克服する術の一つ。

会話する時もパーソナルスペースへと立ち入ってくる可能性も高く、近づけば一歩下がるといった具合に、相手との間に一定の物理的な距離を保持するようにします。

 

 

 


フレンドリーな人には様々な点が見られる、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.基本的には他の人と一緒に会話することが好きなという

人見知りはしないということ。フレンドリーな人といった雰囲気からも分かるように、基本的には他の人と一緒に会話することが好きなというもの。

心の中の関心事が完全に外側に向かっているので、例え初対面でも臆することはなく、朗らかな態度で相手に近づきます。

恥を搔くとか傷付くことへの不安感より、人に対する興味が大きく人見知りしないので、悪い言い方をすれば図太い人ということになりかねません。

 

| 2.間もない人は良く知らないので、最初の表情で判断する

普段からいつも笑顔ということ。人間は人の印象を決めるケースでは、視覚からの情報がその大部分を占め、特に会って間もない人は良く知らないので、最初の表情で判断するというもの。

もし相手が能面のように無表情だったりすると、怖そうとか感じ悪いといった悪印象を受け、話しかけ難いということになりかねません。

普段から明るい笑顔のフレンドリーな人は、受け入れていますといった意思表示が前面に出ていて、他人からも好かれ頻繁に話し掛けられます。

 

| 3.己自身から歩み寄ったり話し掛けるのに躊躇がないもの

他の人に対して積極的ということ。フレンドリーな人は心の奥底に、他人と仲良くなりたいといった思いがあるので、己自身から歩み寄ったり話し掛けるのに躊躇がないもの。

例え周りが知らない人ばかりの環境下に投げ込まれたとしても、己自身に仲良くしたいという思も強く、積極的に距離を縮め仲良くなります。

こうした経験を人生で何度も積んでいるので、他人との距離の縮め方を、意識的にせよ無意識にせよ良く知っている人物が非常に多くいます。

 

 

 


大阪人はフレンドリーと言われるもの、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.時間というものは誰かと共有し始めて価値を持つと考える

人と話すことが楽しいといった心理状態。フレンドリーな人は、本質的に人間そのものが好きな人が多く、時間というものは誰かと共有し始めて価値を持つと考える人もいるもの。

一人切りで過ごしているより、誰かと共に過ごしていた方が良い、そうした思いから積極的に他人とコミュニケーションを取ろうとします。

他人と接することで一緒に楽しい時間を送りたいという気持ちが、フレンドリーな態度だったり姿勢にも現れてきます。

 

| 2.もっと深く知りたいとか仲良くなりたいという気持ちに

親しい関係を構築したいという心理状態。己自身と価値観が同じや波長が合う人に出会ったケースでは、もっと深く知りたいとか仲良くなりたいという気持ちになるもの。

その人を詳しく知りたいので、己自身から距離を近づけるよう、フレンドリーな態度として振舞うところもあります。

職場の人は無論のこと友人まで、己自身が好意を感じた人とは特に仲良くしたいので、積極的に接しようとするところがあります。

 

| 3.誰かに頼ったり決断力の鈍さや優柔不断さがあるという

できれば甘えたいといった心理状態。フレンドリーな人見られるのが、何かする時も己自身で決定するのでなく、誰かに頼ったり決断力の鈍さや優柔不断さがあるというもの。

できることなら誰かに甘えていたいといった気持ちは、他者に依存しやすいような傾向として現れます。

甘えたいという感情が甘え上手な行動や態度になって、他の人からすればフレンドリーな人として映るようになります。

 

 

 

まとめ

踏み込ん来るような馴れ馴れしい人物。ここでは、フレンドリーな人の末路も不安なもの、角を立てずに苦手を克服する術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。