打算的な人には注意も必要になるもの、踏み外さないような付き合い方



身近なところにも、打算的な人がいるもの。損得に敏感で抜け目がなく、何事につけても損得勘定が基準になって動いてしまうような人。

打算的な人は他人の迷惑など顧みず、自己の利益だけを追求するところがあり、利己的であまり良い印象もありません。

なので、そんな打算的な人と恋愛をしたり結婚を考えた場合、その対処法に困ることにもなりかねません。

また打算的じゃない人と違って仕事などは、損なだけなのでやめておくとか、得だから自分がやるなどという具合で、同僚を不愉快な気分にさせかねません。

何となく分かるようで分からない、そんな打算的な人と相対する際は多少の警戒心を持つことも暮らしの知恵です。

ここでは、打算的な人には注意も必要になるもの、踏み外さないような付き合い方を紹介しています。

 

 

 


打算的な人には注意も必要になるもの、踏み外さないような付き合い方


 

| 1.考えることがないので、同様にこちらも損得で接してみる

こちらも損得で接してみるということ。打算的な人は相手の気持ちなど考えることがないので、同様にこちらも損得で接してみるというもの。

損するとなれば、例え以前にお世話になった人の頼みでさえ、良心の呵責など覚えることなく断れる人なので、相手が打算的でも案外に気にしません。

昔から人間関係は合わせ鏡と言われるように、相手と同じような行動を取ることでストレスを感じずに済む、踏み外さないような付き合い方の一つ。

 

| 2.ケースでは、小細工せずに真正面から向かっていくという

真正面から敢えて向かっていくということ。打算的な人と一緒に仕事をしなくてはならないケースでは、小細工せずに真正面から向かっていくというもの。

この時に打算的に動く人に対し、得することもあるのは事実で、但し損することもあると、事前に明確に告げておくことも大切なポイント。

その上で、利益だけで損をしたくないという思考パターンでは仕事は成立せず、損をしてでもやることになると納得させるのも、踏み外さないような付き合い方の一つ。

結果的に、打算的な人と衝突する可能性も大いにあるので、前もって周囲の人たちを味方につけるなど、根回しをしてから行うようにします。

 

| 3.丁寧に接しても、損する人は徹底的に無視する傾向がある

社会ルールを徹底させるということ。打算的な人は己自身に利益がある人物には丁寧に接しても、損する人は徹底的に無視する傾向があるというもの。

結果として、得をする人に対してはしっかり挨拶をしますが、得することなど何もない人に向かっては、労力の無駄を感じてそういうことはしません。

それでは社会的な生活が成り立たないことを指摘して、ルールを徹底させるのも、踏み外さないような付き合い方の一つ。

 

| 4.仕事をする時など、著しく協調性に欠けているところが

協調性を持つようにさせるということ。打算的な人はチームを組み仕事をする時など、著しく協調性に欠けているところがあるもの。

現実に損することはしたくないと、チームでする仕事であるにも関わらず、ボイコットするような人物も稀にいます。

そうした思考パターンが、他者に嫌われる最大の一因であることを伝え、一緒にやれるよう協調性を持つようにさせるのも、踏み外さないような付き合い方の一つ。

 

| 5.相手が己自身にとって利益がある人だからというものです

どうやっても苦手なら距離を置くということ。打算的な人が人付き合いをするのは、相手が己自身にとって利益がある人だからというもの。

なので、得するものがなくなると容赦せず関係を断つことになり、現在は仲良く付き合っていても、価値がなくなったと判断すると何も言わずに離れていきます。

恋愛でさえも打算的に動くことが多く、相手のことが好きという理由だけで付き合っている訳ではないのは明らかです。

結果的に、そんな人物に気を遣うのであれば、本当に信頼できる人を大事にする方が良く、苦手なら距離を置くのが最善ともいえる、踏み外さないような付き合い方の一つ。

 

 

 


打算的な人とは何かを知ることが大事、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.何をするにしても、得をするか損をするかばかりを考えて

金銭面しか信頼できないという心理状態。打算的な人は何をするにしても、得をするか損をするかばかりを考えているもの。

己自身の利益についてばかりを追求しているので、純粋な好意で他の人に何かを提供されても、頭から善意などは信じてはいません。

己自身の人生を守るものは金銭的なものだけだ信じ込んでいて、そのため他者の好意に関しても、頭の中で見合った金額を計算し対応します。

 

| 2.着目するので、他のことを一切考えられない状況という

客観的な観点で捉えられない心理状態。己自身が損をしないかばかり考えて、目先の利益ばかりに着目するので、他のことを一切考えられない状況というもの。

結果として、例え損をしても誰かの役に立つのは、必ずしも人のためということではない、そうした考え方に疑念を持っています。

人間の関係はどこかで結び付いていて、どこかに己自身を導いてくれる人がいるかも知れない、そんな考え方は甘いと思いかねません。

結果的に、すぐに受け取れる利益しか目がいかず、視野が狭くなっていることが多く、長期的な観点からも損をしてしまう可能性は大いにあります。

 

| 3.ものがあって、何を最重要視するかはそれぞれで違って

独自のルールを設けている心理状態。人間には個々で大事に思っているものがあって、何を最重要視するかはそれぞれで違ってくるもの。

周りの人たちにはケチだと思われている人でも、己自身の趣味や好きなことには、お金を惜しまないという人物もいます。

打算的な人と言っても、独自のルールを設けていて、それに従って損や得を考えながら日常生活を送っています。

 

 

 


打算的な人の診断も巷で見かけるもの、注意しておきたいそんな特徴面


 

| 1.得になることだけを行って効率的に働こうとするものです

出世のために手段は選ばないということ。打算的な人というのは人は、得になることだけを行って効率的に働こうとするもの。

職場では早く実績を残したかったり出世したいので、無駄なことはせずに、努力を惜しまないので自然と向上心が高くなります。

こうした人物に良くあるのが、できるだけ近道をして出世しようと考えていて、打算的に動いてしまうことになりかねません。

 

| 2.周りの人たちから嫌な人物に見られても良いと思っている

空気を読まないことがあるということ。打算的な人は普段から目先の利益ばかりを追っていて、周りの人たちから嫌な人物に見られても良いと思っているもの。

周囲の人たちには空気が読めないと受取られがちですが、現実には読めないというより、わざと読まない人ということになりかねません。

空気を読んでしまえば、損になることでもしなければならない時があり、そんな状況になることを避けています。

 

| 3.付き合っているのは、互いに助け合いながら生きるため

昔からの友人がいないということ。時として人間関係は損になることもあり、それでも付き合っているのは、互いに助け合いながら生きるためというもの。

ところが打算的な人は、関係が損であるような場合や、付き合っていれば不利益を被るという時点で関係を絶つことになりかねません。

結果的に、信頼関係を構築することができず、人が離れていくところがあり、昔からの友人は持っていない傾向にあります。

 

 

 

まとめ

利己的で余り良い印象などありません。ここでは、打算的な人には注意も必要になるもの、踏み外さないような付き合い方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。