守ってくれる人は非常に有難いもの、逃がさないよう防いでいく対処策



日々を過ごしている中で、守ってくれる人が欲しくなることもあるもの。多くの男性には、思わず女性を守ってあげたいと思う瞬間があります。

女性からすれば、そうした守ってくれる人が側にいれば、安心もでき穏やかに日々を過ごすことができます。

但し、守られる人とは逆に無関係とされるような女性もいて、それは自らの結婚に不安を感じていて悲壮感を漂わせているようなタイプ。

他にも他の人の悪口だったり陰口を叩いて盛り上がっているような女性は、表情にも出るので放置されることにもなりかねません。

なので、男性が一生をかけて守りたい人と思える女性になるには、心に刻む注意も必要です。

ここでは、守ってくれる人は非常に有難いもの、逃がさないよう防いでいく対処策を紹介しています。

 

 

 


守ってくれる人は非常に有難いもの、逃がさないよう防いでいく対処策


 

| 1.嫌われるタイプで、意外に男性側もきちんと見抜いている

男性と女性で態度が違うということ。こうした人は女性同士の間でも嫌われるタイプで、意外に男性側もきちんと見抜いているもの。

飲み会のような初めての男性と出会ったような場所で、普段の女性同士の間では決して出さない、そうした言動や行動へと変貌するような女性です。

その場では男性の受けは良くても、結果的に遊ばれてしまうことも多く、付き合っても大事に扱われなかったりしかねません。

常に男運がない嘆くことにもなりかねず、向き合う人によって態度を変えないのも、逃がさないよう防いでいく対処策の一つ。

 

| 2.される言い方も、人によってそれぞれに感じ方も違って

他の人の悪口や愚痴を言ってる姿を見られたということ。性格が悪いとされる言い方も、人によってそれぞれに感じ方も違ってくるもの。

特にそういった箇所が酷く見えてしまうときは、他の人の悪口だったり愚痴や批判を言ってる姿を見られた時です。

特に女性の場合には、同性に対しての嫉妬心や妬みなどからの感情的な言動は、男性を思い切り引かせることにもなりかねません。

理想論ですが男性は心優しい女性を求めているので、他の人の悪口や愚痴は言わないのも、逃がさないよう防いでいく対処策の一つ。

 

| 3.女性というのが、雰囲気が暗い非常にネガティブなタイプ

暗いネガティブモードな女性ということ。男性から見てもっとも結婚したくない女性というのが、雰囲気が暗い非常にネガティブなタイプというもの。

決して容姿などということではなく、何事に対しても自信がなかったり、暗くなりがちなネガティブな思考パターンの女性です。

結婚しても、家に帰った際に気持ちが暗くなる、そんなことは絶対に避けたいところで、男性側がそうした気持ちになった時は、浮気をしたり離婚することにもなりかねません。

当然のことですが、女性から見て旦那の表情が暗いのは嫌なところで、ネガティブ思考を脱却するのも逃がさないよう防いでいく対処策の一つ。

 

| 4.一つに見られるのが、仕事を頑張り過ぎてしまう女性と

仕事などで虚勢を張っているということ。男性が苦手としているタイプの一つに見られるのが、仕事を頑張り過ぎてしまう女性というもの。

もちろんきちんと仕事をするのは大事ですが、優秀な女性から見れば不甲斐ない男性と一緒になると、一歩間違えれば見下すような態度になることにもなりかねません。

男性から見てそんな女性は、やはり可愛らしさを感じられず、一人でも生きていけると勝手に誤解されてしまうことにもなりかねません。

結果的に、結婚よりも仕事優先という言動をやムードを出さないようように注意するのが、逃がさないよう防いでいく対処策の一つ。

 

 

 


人を守るのは男の性かも知れないもの、注意しておきたいその心理状況


 

| 1.見られるのが、男よりも女はか細い存在だと信じている

女性は男性が守ると信じているという心理状況。女性を守りたい男性に見られるのが、男よりも女はか細い存在だと信じているというもの。

一般的に女性は男性より体型も小さく非力なので、男は女を助けなければと思っているので、本能的に守る人と考えています。

男性が女性を守るのは当たり前と考えているので、決して特別なことをしているという訳ではありません。

 

| 2.求められるのは、頼り甲斐のある男性に見られていると

女性に頼って貰いたいという心理状況。助けを女性から求められるのは、頼り甲斐のある男性に見られているというもの。

男性に見られるのが、付き合ってもない女性にしても彼女にしても、頼られることで自分自身が認められた気持ちになります。

女性が頼ってくる場合、自分自身に自信が持てるので、喜びを感じて頼られる男でいたいと、いつも以上に頑張ります。

 

| 3.人が変わったように驚くほど男らしい行動をするという

好きな女性のために頑張れるという心理状況。好きな人のために女性を守りたい本能が働き、人が変わったように驚くほど男らしい行動をするというもの。

普段は非常に大人しく、リーダーシップをとるようなタイプではありませんが、好きな女性のためならと頑張れます。

こうした好きな女性を守るためにとる行動は、本能的なもので普段とのギャップに女性も思わず胸が熱くなります。

 

| 4.女性を前にして、彼女を庇うために守りたい気持が出る

失敗をしないか心配しているという心理状況。ちょっと頼りないような女性を前にして、彼女を庇うために守りたい気持が出るというもの。

好きな女性だったり付き合っている相手が天然で、心配で放って置けない心境になり、ミスや失敗がいつも気になってしまいかねません。

庇護欲を刺激される女性ならではの感情で、可愛いと感じながらも、心のどこかで保護者的な思いもあります。

 

 

 


守りたくなる人には様々な面が見られるもの、知っておきたいその瞬間


 

| 1.頑張っている姿は、多くの異性を惹きつけるというもの

一生懸命に頑張っている姿を目にした時。男女限らず一生懸命に目的に向かって頑張っている姿は、多くの異性を惹きつけるというもの。

仕事で頑張り過ぎて疲れ果てている姿ではなく、他の人をサポートしたりと、健気に一生懸命に働いている姿に男性は胸を打たれます。

自分が守ると男性が思う瞬間は、少しだけリードしていたり、余裕がある時に女性を見るような時です。

 

| 2.出会った時、動揺した多くの男性は胸の鼓動が早くなる

泣き出しそうな表情を見た時。大好きな女性の泣き出しそうな瞬間に出会った時、動揺した多くの男性は胸の鼓動が早くなるというもの。

些細な喧嘩のときの、少し言い過ぎたと反省した沈黙の中で、彼女を見れば今まさに泣く寸前のような時は、やはり守らないとという気持ちも芽生えかねません。

但し、すぐに泣いてしまう傾向の女性は、逆にまたかということにもなりかねず、希少な涙であるほど効果が高くなることを覚えておきます。

 

| 3.落ち込んでいても再度立ち上がろうという気持ちが湧き

笑顔を見せてくれる時。当然のことですが、女性の笑顔で男は癒され、落ち込んでいても再度立ち上がろうという気持ちが湧き上がるもの。

なので、自分自身を応援してくれる、そういった女性に対しては、男性的には非常に心地良さを感じます。

飛び切りの笑顔で男性を応援してあげる、そんな姿勢が大切にしたいとか、守ってあげたいと思わせる最初のスタートになります。

 

 

 

まとめ

守ってあげたいと思う瞬間があります。ここでは、守ってくれる人は非常に有難いもの、逃がさないよう防いでいく対処策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。