仲良くなれないわけもあるもの、不自然にならないで打ち解ける具体案



日々を過ごしていると、仲良くなれないと感じることもあるもの。人付き合いも不得手なところがあり、職場などでも他の人たちとなかなか仲良くなれないこともあります。

意識して行動することも重要な点ですが、それが全面に露わになっているのはやはり不自然で、むしろ打ち解けることが困難になるということにもなりかねません。

但し、他人と仲良くなりたくない人は横に置き、仲良くできないという人も胸の内では一人は嫌だと思っています。

沢山の人が集まるような所では、仲の良いグループができてしまうことも多く、仲良くなれない人は入っていけなくなることにもなりかねません。

もちろん仲良くなれないのは異性の場合もありますが、集団の中に身を置いるときは自らの行動に注意することも必要です。

ここでは、仲良くなれないわけもあるもの、不自然にならないで打ち解ける具体案を紹介しています。

 

 

 


仲良くなれないわけもあるもの、不自然にならないで打ち解ける具体案


 

| 1.懇意にしようと思う相手ではない時は、警戒心が表に出て

警戒心を表に出さないということ。初対面の人や見た目が苦手なの人の場合、自分が懇意にしようと思う相手ではない時は、警戒心が表に出てしまうもの。

何を話せば良いのかが分からなかったり、相手にどう映るのかなどが不安や警戒心になり、それが表情や態度に露わになってしまっては、堅い印象を与えることにもなりかねません。

誰とでもすぐに仲良くしたいと思うのであれば、警戒心を表情や態度に出さないよう意識して、笑顔で接するのが不自然にならないで打ち解ける具体案の一つ。

自らが感じている警戒心が相手側に伝わってしまえば、同じように警戒され、いつまで経っても互いの中に壁がある関係ともなりかねません。

 

| 2.覚える瞬間は、自分自身との間にある共通点を見つけた時

素早く共通点を見つけるということ。人が他者に対し安心感を覚える瞬間は、自分自身との間にある共通点を見つけた時というもの。

人間は自分と他者の違う部分に意識が向きがちですが、それではいつまで経っても、互いに打ち解けることなどできません。

但し逆に考えれば、自らと相手との間の共通する点を素早く見つけるのが、不自然にならないで打ち解ける具体案の一つ。

 

| 3.気付かれないように、見栄を張ったり嘘を吐くことがある

喜怒哀楽を表現するということ。大人になれば喜びや悲しみなどを押さえて、相手に気付かれないように、見栄を張ったり嘘を吐くことがあるもの。

但し、喜怒哀楽を感じられない場合、何を考えているか分からなかったり本当は迷惑かもなど、打ち解けられないのも現実になります。

相手と会う機会が増えてきた時は、相手に分かりやすいように喜怒哀楽を表現してみるのが、不自然にならないで打ち解ける具体案の一つ。

わざわざ感情を口にしなくても、リアクションを大きくすることで悟れるようになり、一気に距離が縮まり打ち解けた感覚も湧き上がります。

 

| 4.思う場合、より多くの知識や情報身に付けていくという

多くの知識や情報を身に付けるということ。誰とでもすぐに仲良くしていきたいと思う場合、より多くの知識や情報を身に付けていくというもの。

社会に出れると、共通点がある人や似ている相手とばかり出会う訳でなく、正反対の価値観の人とも会うことになり、また避けたりできない状況にもなりかねません。

自分自身の好きなことや趣味、仕事といった範囲に留まらず、関心のない分野にまで目を向けるのも、不自然にならないで打ち解ける具体案の一つ。

そうした人と長く付き合うことになった時には、打ち解けることができるできないで、その後の人生の状況も大きく変わります。

 

| 5.どう映っているかなど、ついそんなことを考えてしまう

相手にどう映るかを意識しすぎないということ。面識のない人と接する場合、自分のことがどう映っているかなど、ついそんなことを考えてしまうというもの。

こうした考えを持つことは至って普通ですが、それが要因になり、なかなか相手と打ち解けられないというのもまた事実です。

自分が相手にどう映っているかを意識し過ぎると、どうしても悪い印象を持たれたくないという思いが先行し、結果として自然な姿を見せることもできません。

そんな状況に陥らないために、相手にどう映るかを意識しすぎないのも、不自然にならないで打ち解ける具体案の一つ。

 

 

 


そこには様々な面が見られるもの、注意したい仲良くなれない人の特徴


 

| 1.いる一方で、一人でいなければ気が休まらない人もいる

一人が好きなタイプということ。他の人間とか一緒にいなければ落ち着かない人がいる一方で、一人でいなければ気が休まらない人もいるもの。

仲良くなりたいと好意を寄せる相手は、一人が好きで孤独をまったく苦痛に感じないようなタイプの人かも知れません。

最近は若い世代にこの傾向が強く、集団行動を取ることが嫌いで、一人も友達がいなくてもまったく平気と孤独を愛している層もいます。

 

| 2.考えの中に自らのレベル以上の人間を当て嵌めていると

レベルが高すぎる人ということ。多くの場合、仲良くなりたいと思う相手は、考えの中に自らのレベル以上の人間を当て嵌めているというもの。

人間にもゲームの世界のように、見えないレベル値があるもので、近いレベルでなければ話しが合わないということにもなりかねません。

但し、仲良くなりたいと好意を寄せる相手には、レベルの高さに見合うメリットを感じていますが、なかなか仲良くなれません。

 

| 3.悲しかったり面白い場面の価値観が合うかどうかという

価値観が合わないということ。相性を決めるもう一方の大切な要素になるのが、悲しかったり面白い場面の価値観が合うかどうかというもの。

これは好きなスポーツが同じだったり、趣味が同じなどではなく、考え方が似ているかどうかの点が大きく左右します。

喜怒哀楽の点が似ている方が、より相性が良いとされますが、合わなければなかなか仲良くなれません。

 

 

 

 


色々なものもそこにあるもの、知っておきたい仲良くなれない原因面


 

| 1.メリットがあるかどうか、そんなことで動くようになる

メリットを相手に提供できないということ。大人になるにつれて、人間はそこにメリットがあるかどうか、そんなことで動くようになるもの。

それは人間関係も同様で、冷たく感じることにもなりますが、自分自身を振り返ればってもほとんどの人が当て嵌まるということにもなりかねません。

仲良くなりたい人がいても、得られるものが想像できなかったり、特に与えられるメリットがないということも仲良くなれない原因の一つです。

 

| 2.友達がいる場合、そこに空いてるような隙間がないという

相手が満ち足りているということ。仲良くなりたいと考えても、相手にすでに非常に仲の良い友達がいる場合、そこに空いてるような隙間がないというもの。

友達など何人いても良いと思いますが、それには個人差があり多くの人と交流する人もいる一方、ほんの僅かな人と仲を深めるタイプもいます。

後者のケースでは、好意的に誰かが近づいてきても、もう友達は充分と仲良くなれない原因になります。

 

| 3.自ら積極的に話しかけ、一緒に遊んだり飲みに行ったと

話してみて、ない印象を持たれたということ。仲良くなるため自ら積極的に話しかけ、一緒に遊んだり飲みに行ったというもの。

このようにある程度の期間一緒の時間をすごし、それでも思ったほど仲良くなれない時は、脈無しの可能性が大ということです。

話しが詰まらなかったり、一緒に過ごしたいとは思えなかったなど、深い仲にはなれないと仲良くなれない原因の一つになります。

 

 

 

まとめ

胸の内では一人は嫌だと思っています。ここでは、仲良くなれないわけもあるもの、不自然にならないで打ち解ける具体案を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。