人に嫌われるのが怖いから逆転したいもの、上手に克服していく対処法



人生を過ごしていると、人に嫌われるのが怖いと感じることがあるもの。人に嫌われるのが異常に気になり、これは自分だけかと疑うことにもなりかねません。

人に嫌われるのが怖いのはhspなど病気の場合もありますが、自分に自信を持てないで、本当の姿を出せば嫌われてしまうと思っている人が多くいます。

こういった人の目ばかりが気になる人は、他の人と接する際に物事をネガティブな方向に捉えがちになります。

なので、普通に話しているだけでも、もしかすると悪い印象を与えているのではないかと疑うことになり、当たり障りのない言い方や行動しかできなくなってしまうことになりかねません。

嫌われるのを避けるのをことを優先し、自らを偽ってしまうような自覚があるときは注意も必要です。

ここでは、人に嫌われるのが怖いから逆転したいもの、上手に克服していく対処法を紹介しています。

 

 

 


人に嫌われるのが怖いから逆転したいもの、上手に克服していく対処法


 

| 1.人間の本当の気持ちなど、絶対に他人には分からないもの

ネガティブ思考にならないように意識するということ。相手の反応を深読みし一喜一憂する場合もありますが、人間の本当の気持ちなど、絶対に他人には分からないもの。

相手の言葉は深読みしないで素直に受け取り、どうでもいいことはスルーするほか、後で会話のやり取りを思い返さないなど、こうすることでネガティブ思考になるのを防げます。

ネガティブ思考をしなくなれば、自然体の自分を好きでいてくれる、そんな人を大事にすることができる、上手に克服していく対処法の一つ。

 

| 2.思い遣りがなかったりなど、確かな切っ掛けもあるという

嫌われることを自分の責任にしないということ。人から嫌われた場合、自らの態度が悪かったり、思い遣りがなかったりなど、確かな切っ掛けもあるというもの。

但し、そうではないときは、嫌っている相手の考え方にこそ原因があって、自分自身の行動に責任があるわけではないとうい風に受け取ります。

仮に嫌いと言われた際も、相手側の考え方の問題と受け取って諦めると随分と心も楽になる、上手に克服していく対処法の一つ。

 

| 3.同じように全員を好きになることは不可能というものです

全ての人に好かれるのは無理と理解するということ。人間は誰しも好意を持つ人もいれば嫌いな人もいて、同じように全員を好きになることは不可能というもの。

屈託のない笑顔を見せる芸能人や、寄付を繰り返しているような人にもアンチがいて、普通の人間が嫌われるというのは至極普通のことです。

人はそれぞれ思考パターンだったり、考え方や物事に対する受け取り方など、違うことを理解すると嫌われる恐怖心も薄らぐ、上手に克服していく対処法の一つ。

 

| 4.他の人間は基本的にコントロール不可能は当たり前という

相手の考え方を変えようとしないということ。自ら制御できるのは自分自身だけで、他の人間は基本的にコントロール不可能は当たり前というもの。

意見が合わない時も説得しようとはしないで、そんな考え方もあると受け入れ、相手を変えようとはせず自分自身が変わること意識するようにします。

誰かに嫌われたとしても自力ではどうすることもできず、気にし過ぎても仕方がない、上手に克服していく対処法の一つ。

 

| 5.相手に気に入られるような行動をとってしまいがちという

自らの価値基準で行動するということ。他の人に依存した場合、どう思われるかを常に気にするので、相手に気に入られるような行動をとってしまいがちというもの。

自分自身の価値基準を尊重にすることは自立に繋がるので、相手の顔色を逐一伺うこともなくなる、上手に克服していく対処法の一つ。

自分自身の気持ちを解放することが重要ポイントで、正直になれると自立できるので、他の人に嫌われることも気に掛からなくなります。

 

 

 


人に嫌われるのが怖いのは仕事でもあるもの、注意しておきたい特徴面


 

| 1.互いの意見が合わないで言い争いになることもあるという

自分の意見を言わないということ。人の考え方は個々で違っていて、互いの意見が合わないで言い争いになることもあるというもの。

但し、人に嫌われるのが怖い人は、自らの意見を言うことで反感を買うのが嫌な気持ちがあり、自己主張をしなくなってしまうということにもなりかねません。

既に出ている意見に賛同することも多く、自分が思う考えと違っていても、摩擦を避けることを優先しかねません。

 

| 2.苦手意識はまったくと言って持つことはないというもの

八方美人ということ。多くの人間は自分に好意を抱いてくれる人に対して、苦手意識はまったくと言って持つことはないというもの。

なので、人に嫌われるのが怖いという人は、相手に合わせて上手に振る舞うことにより、嫌われることを回避しています。

例えば、飲み会などで心の中では楽しくなかったと思っていても、上司に感想を聞かれ他場合また誘ってくださいと言いかねません。

 

| 3.他者の評価により決まる、そんな風に考えていることが

他者の評価を気にしがちということ。人に嫌われるのが怖いという人は、自分の価値が他者の評価により決まる、そんな風に考えていることが多いというもの。

他者の評価が全てとなっているので、誰に対しても自分自身がどう映っているのかを気にしてしまうことにもなりかねません。

XだったりInstagramに投稿した場合、数分ごとにいいねが付いてるとか、誰かが見てくれてるのを確認しかねません。

 

| 4.周りに影響を与えたり、評価に結び付くことを恐れると

決断を先延ばしにするということ。人に嫌われるのが怖い人に見られるのが、自分自身の決断が周りに影響を与えたり、評価に結び付くことを恐れるというもの。

なので、基本的に自らに自信は持てず優柔不断で、何かを決めなければならない時も、周囲の人たちの顔色を伺いながら決断をします。

決断を先延ばしにすることも頻繁にあり、相手に嫌われたくない思いから、動けなくなってしまうことにもなりかねません。

 

 

 


人に嫌われるのが怖いには理由もある、知っておきたいその心理状況


 

| 1.過去に自分自身が仲間外れにされ悲しい思いをしたという

仲間外れにされくないという心理状況。人に嫌われるのが怖い人は、過去に自分自身が仲間外れにされ悲しい思いをしたというもの。

仲間外れになった人の姿を側で見ていたこともあり、仲間外れにされる恐怖心があり、嫌われるのが怖くなったということにもなりかねません。

なので、仲良しグループなどで自分以外の人が遊んでいたりすると、嫉妬してしまって悲しい気持ちにもなりかねません。

 

| 2.経験がある場合、相手に嫌われたからと思ってしまうと

トラウマが忘れられないという心理状況。過去に人間関係で傷付いたような経験がある場合、相手に嫌われたからと思ってしまうというもの。

その際のトラウマが、他の人に嫌われるのが怖いといった考え方に繋がっているのかも知れません。

信頼していた人物に裏切られたなど、そんなトラウマが頭の中に残っているということにもなりかねません。

 

| 3.見捨てられたり、そうでなくても感じる出来事があった

見捨てられることへの不安という心理状況。過去において身近な人物に見捨てられたり、そうでなくても感じる出来事があったというもの。

幼少の頃に両親が喧嘩をし、母親が家を飛び出してしまったり、大好きだった恋人が唐突に音信不通になってしまったりなどです。

こういった見捨てられた過去の恐怖心から、嫌われることで自分の居場所を失ってしまうことを恐れています。

 

 

 

まとめ

その自覚があるときは注意も必要です。ここでは、人に嫌われるのが怖いから逆転したいもの、上手に克服していく対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。