ネガティブ思考は病気かも知れない、振り切って改善に向かう具体案



日々の暮らしの中で、ネガティブ思考は病気かも知れないと考えることもあるもの。そんなネガティブ思考の人は、物事に対しても悪い方向ばかり目がいきがちです。

何かに挑戦する時も、駄目に決まっているとか上手くいくはずがないなど、そんな思いが先立つので、本来の力を発揮できなくなることにもなりかねません。

一般的に、物事を悪い方面ばかりに考える人は、明確な根拠もなくネガティブ思考に陥ることがあり、側にいると疲れることになります。

その原因は様ざまですが、周りの人たちから客観的な助言を貰っても、受け入れる柔軟性がないことも多々あります。

なので、自分がネガティブ思考などの病気かも知れない場合は注意が必要です。

ここでは、ネガティブ思考は病気かも知れない、振り切って改善に向かう具体案を紹介しています。

 

 

 


ネガティブ思考は病気かも知れない、振り切って改善に向かう具体案


 

 | 1.己は己と言い聞かせ、他の人と比較することをやめると

人との比較をやめるということ。ネガティブ思考を脱却していくには、己は己と言い聞かせ、他の人と比較することをやめるというもの。

一般的に言えば他者との比較は成長していくための良い刺激になって、それほど悪いことではありませんが、比較して落ち込むだけでなら意味はありません。

己自身が人より劣っているなどネガティブに感じるケースでは、飽くまでも他人は他人と区別するのが、振り切って改善に向かう具体案の一つ。

 

| 2.良い部分だったり優れた点について目を向けられるという

1日1度己自身を褒める習慣を持つということ。何でも褒めることができる人は、良い部分だったり優れた点について目を向けられるというもの。

結果として、褒めることができるというのは、ポジティブな思考ができるということで、これは重要で自己肯定感も高まる、振り切って改善に向かう具体案の一つ。

ネガティブな思考を脱却して改善していくためには、己の行動や内面に外面などどんなことでも良く、1日1度褒める習慣をつけるよう心掛けます。

 

| 3.ネガティブ思考の人はどうしても考え過ぎてしまう傾向に

運動を習慣にするということ。仕事関係にしても恋愛にしても、ネガティブ思考の人はどうしても考え過ぎてしまう傾向にあるというもの。

どれほど考えても答えも出ないのは疲れるだけで、 頭の中だけで堂々巡りするのをやめ、運動をして思いっ切り汗を流すのも、振り切って改善に向かう具体案の一つ。

運動をすると幸福感や達成感を得ることができるので、ネガティブ思考の改善には理にかなっていて、考えすぎてしまう無駄な時間を減らすことに役立ちます。

 

| 4.不安や心配が尽きないので、考え事を一日中している状況

将来的な目標を立てるということ。ネガティブな思考パターンをしている人は、不安や心配が尽きないので、考え事を一日中している状況というもの。

更に、成功体験も滅多になく失敗した記憶が多いので、過去を振り返り自責の念に駆られて思い悩むことにもなりかねません。

考えること自体は全く悪いことではなく、己自身が将来的になりたい姿を思い浮かべるのが重要になる、振り切って改善に向かう具体案の一つ。

 

| 5.思考の人は、新しいことや知識に対する挑戦が苦手という

視野を広く持っておくということ。慎重で失敗を恐れてしまうネガティブな思考の人は、新しいことや知識に対する挑戦が苦手というもの。

結果的に、視野も狭くなって己自身の経験則で物事を計ってしまう傾向が強くなり、適切な判断ができず失敗に結び付きかねません。

視野を広く持つには、アドバイスや指摘されたことを、叱責と考えるのではなく真摯に受け入れるのが、振り切って改善に向かう具体案の一つ。

 

 

 


ネガティブ思考の人は様ざまな面が見られるもの、注意したい特徴面


 

| 1.切り替えですが、ネガティブな思考の人は非常に不得手

ミスを引き摺りやすいということ。仕事で失敗を犯した時に最初にすべきことは気持ちの切り替えですが、ネガティブな思考の人は非常に不得手というもの

ネガティブな思考の人は、ミスをすると気持ちの切り替えができず、いつまで経っても引き摺ってしまうことになりかねません。

したことを後悔し続けては落ち込むので、集中力を欠くことになり、更に失敗を重ねてしまうということになりかねません。

 

| 2.認める心境である、自己肯定感が非常に低い傾向にある

己に対して自信がないということ。ネガティブな思考の人に見られるのが、己自身の存在意義を認める心境である、自己肯定感が非常に低い傾向にあるもの。

自己肯定感の低い人は、己自身対しての評価も低くなるので、何事においても自信というものが持てません。

結果として、物事に対して取り組むモチベーションが低下して、人生の中の様ざまなイベントに積極的に向かっていくことが難しくなります。

 

| 3.根拠もなく、己は駄目という思いに囚われることがある

チャレンジする前から失敗をイメージするということ。ネガティブ思考の人物は何の根拠もなく、己は駄目という思いに囚われることがあるというもの。

成功の体験も稀なので、物事に対してチャレンジする時も、失敗するビジョンを頭にイメージしてしまうことになりかねません。

まだ何も始まっていない間のうちから、リスク面ばかりが気に掛かって、結局挑戦ができないということになりかねません。

 

| 4.感じた際は、すぐに途中で放り出したりするというもの

非常に諦めが早いということ。ネガティブな思考の人に見られるのが、諦めが非常に早くて辛いと感じた際は、すぐに途中で放り出したりするというもの。

幼少の頃から成果が上がらなかったり、失敗体験が積み重なったなど、自己肯定感の低下が切っ掛けかも知れません。

責任感も弱くて諦めが早く、途中で放り出すなど、成功体験が稀なことに結び付くものかも知れません。

 

 

 


ネガティブ思考の人はメリットなども稀、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.何かあればすぐ己自身を卑下してしまうというものです

己自身を卑下してしまうという心理状態。自己肯定感も低く存在意義や価値が見い出せず、何かあればすぐ己自身を卑下してしまうというもの。

今まで挫折や失敗を繰り返してきたこともあり、自己肯定感が低く自信が持てないため、何をするにしても不安に駆られてしまうことになりかねません。

結果的に、己自身から行動すること自体に恐怖心を持つことになり、その動きまで抑制することになりかねません。

 

| 2.周りの人たちに嫌われることに恐怖を感じたりはしない

周りの人たち嫌われていないか気になるという心理状態。人間は誰しも嫌われたくないものですが、だからと言って周りの人たちに嫌われることに恐怖を感じたりはしないもの。

ネガティブな思考の人は、己自身が周囲の人たちにどう見られているか、そんな他人の評価を必要以上に気にします。

常時人目を気にしているので、嫌われることに恐怖心を抱くことになりかねません。

 

| 3.なぜ己には備わっていないのかなど、執着心も芽生えて

執着心が非常に強いという心理状態。他の人が持っているものばかりに目が向くと、なぜ己には備わっていないのかなど、執着心も芽生えてくるというもの。

こうした執着心や嫉妬心が生まれた場合、他の人と己自身を比較して、優劣をつけてしまうことになりかねません。

他者と比べては、常に己自身のコンプレックスや苦手なことに向かって、目を奪われることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

そして側にいると疲れることになります。ここでは、ネガティブ思考は病気かも知れない、振り切って改善に向かう具体案を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。