愚痴を言う人の末路も厳しいもの、上手な付き合い方に繋がる対処法



身の回りを見渡すと、愚痴を言う人がいるもの。仕事が大変だとか人間関係が面倒など、愚痴ばかりをこぼしている人がいます。

こういった愚痴を言う人は嫌いという声も多く、愚痴というのは耳に入って来る、それだけで疲れ果ててしまうことにもなりかねません。

愚痴を言う人は職場にもいて、自分自身のことを棚に上げて不平や不満を言うことが多く、身勝手という印象を抱かれがちです。

更に数多く愚痴を聞くのはストレスを感じ続けることにもなり、ネガティブ発言ばかりを耳にすることで、自分の気分も落ち込みやる気を失いかねません。

なので、相手の愚痴により被害を受けないよう、早めに対応していくことが重要ポイントになってきます。

ここでは、愚痴を言う人の末路も厳しいもの、上手な付き合い方に繋がる対処法を紹介しています。

 

 

 


愚痴を言う人の末路も厳しいもの、上手な付き合い方に繋がる対処法


 

| 1.だからこそ不平や不満を話している可能性が大きいという

二人切りにならないということ。愚痴を言う人は二人だけの空間の場合、だからこそ不平や不満を話している可能性が大きいというもの。

他の人がいれば話しづらいような愚痴も、二人切りであれば止まらなくなることもあり、そんな席にならないよう意識をします。

相手が一人の時に近づかないようにしたり、常に誰かと一緒にいるようにするなど、なりそうな時は必ず誰かを捕まえるのも、上手な付き合い方に繋がる対処法の一つ。

 

| 2.ありますが、それは受けるリアクションが良いからという

適切に聞き流すということ。心優しい人は愚痴を聞き疲れてしまうこともありますが、それは受けるリアクションが良いからというもの。

相手はただ不平や不満を言ってストレス発散しているだけの可能性もあり、リアクションが良いと相手は気持ち良くなり愚痴を言い続けかねません。

話の内容によっては真剣に話を聞こうとはしないで、適切に聞き流すことも必要になる、上手な付き合い方に繋がる対処法の一つ。

 

| 3.被っていないかなど、何に対しても公平性に非常に敏感

公平性を重要視するということ。愚痴を言う人は、自分だけが不利益を被っていないかなど、何に対しても公平性に非常に敏感というもの。

少しでも相手より自らが損をしていると感じたり、納得できないようなことがあると、不信感を抱くことにもなりかねません。

場合により、何を不満に感じるのか聞いて、状況を改善していく必要があり、良好な人間関係を築きたいのであればフェアな態度で接するのが、上手な付き合い方に繋がる対処法の一つ。

 

| 4.ところがあり、身近にいる一番捕まえやすい人に向かうと

物理的に距離を置くということ。愚痴を言う人はとりあえず誰かに聞いて欲しいところがあり、身近にいる一番捕まえやすい人に向かうというもの。

相手が近寄って来たら席をたつなど、話し掛けられないような距離感を維持するのが一番ともなる、上手な付き合い方に繋がる対処法の一つ。

仕事に集中している雰囲気を出して近づかせないなど、できる限り関わりを減らせば、愚痴の雨風に当たることが少なくなります。

 

| 5.与えている、そんなことに気付いていないことも多いと

愚痴は聞きたくないと明確に伝えるということ。愚痴ばかりを言っている人は、相手に対してストレスを与えている、そんなことに気付いていないことも多いというもの。

単なる会話の1つとしか思っていないことも多く、そう言うときは愚痴は聞きたくないと明確に伝えるのも、上手な付き合い方に繋がる対処法の一つ。

そのときは相手との関係性が重要で、友人や恋人など身近な存在であれば、そのまま伝えても不安はありません。

但し、職場の上司だったり知り合いの場合、別の話題を振っていくなどテーマを変えていくよう意識するのがベターです。

 

 

 


愚痴を言う人の心理は男性も女性も差はないもの、注意したい特徴面


 

| 1.優位な立場に立っていなければ、気が済まないというもの

認められたい欲求が強いということ。愚痴を言う人に見られるのが、他の人よりも優位な立場に立っていなければ、気が済まないというもの。

愚痴を言うほど努力しているということを、周りの人たちに認めさせることで、快感を覚えているのかも知れません。

仕事が忙しく眠れていないなどの寝てないアピールは有名で、付き合わない方がよく、肯定も否定もせず流すようにします。

 

| 2.我慢できず、すぐに愚痴を言ってしまうというものです

自分の思い通りにしたいということ。甘やかされて育った人に見られるのが、気に入らないことが我慢できず、すぐに愚痴を言ってしまうというもの。

全部を思い通りにしたいので、とりあえず口に出すことにより、相手が自分に合わせるようにするのを待っています。

大人になってからも周囲の人たちに合わせて貰って生きてきており、愚痴を言えば何とかなると思い込んでいます。

 

| 3.ストレスに耐えられず、口から文句が溢れ出てしまうと

ストレス発散しないと気が済まないということ。少し移動しただけで疲れたなど、ちょっとしたストレスに耐えられず、口から文句が溢れ出てしまうというもの。

愚痴ばかり言うのは、嫌なものは嫌といったことを明確にする、子供っぽいところがあるからです。

こういった人とは距離を置く方が良く、近くにいれば何かあるごとに愚痴に巻き込まれることにもなりかねません。

 

| 4.自分自身が一番と思っていることが挙げられるというもの

周囲の人たちを見下しているということ。愚痴を言う気持ちの中には、自分自身が一番と思っていることが挙げられるというもの。

変に自信があることもあり、自分よりも優秀な人間がいるという現実をなかなか認められません。

他人の成果に対して愚痴を言うことにより価値を下げて、相対的に自分自身の値打ちを高めようとしています。

 

 

 


そこには様々な点が見られるもの、知っておきたい愚痴を言う人の原因


 

| 1.自らが望んだ生き方ができなければ自然に愚痴も多くなる

望んだ生き方ができていないということ。恋人が欲しいのにできなかったり、好きな仕事に就けなかったなど、自らが望んだ生き方ができなければ自然に愚痴も多くなるというもの。

望んだ生き方ができていないので、自分が可哀そうにも思え、生い立ちだったり他人の責任にしてしまうことにもなりかねません。

本当はこんなはずではなかったなど、満たされない感情を抱えているため、愚痴を言うことにもなりかねません。

 

| 2.あることも、不平不満や愚痴が多くなる原因の一つという

他人と比較してしまうということ。他人と比較してしまうような癖があることも、不平不満や愚痴が多くなる原因の一つというもの。

あの人ばかりが得をしていて卑怯など、ネガティブな感情が芽生えてしまうことにもなりかねません。

他者の方が自分より恵まれている、そんな考え方が根底にあるため、つい厳しい言い方をしたり相手の意見を否定してしまうことにもなりかねません。

 

| 3.被っている、常にそういった感覚を持っているからという

自分だけが不利益と感じるということ。愚痴ばかり言ってしまうのは、自分だけが不利益を被っている、常にそういった感覚を持っているからというもの。

家庭での役割だったり職場でのポジションに対し、不平等を覚えたり自分ばかりが不利益と考えていると、自然と愚痴が多くなりかねません。

こうした気持ちの根底には、相手だったり組織に対し、不信感を抱いていることが考えられます。

 

 

 

まとめ

また身勝手という印象を抱かれがちです。ここでは、愚痴を言う人の末路も厳しいもの、上手な付き合い方に繋がる対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。