結婚する気ない末路も非常に厳しくなるもの、近付いていくための術



日々の暮らしの中で、結婚する気ないと思うことがあるもの。付き合っている最中の恋人がいても、結婚する気ないという人は意外に多くいるものです。

そんな結婚する気ない彼氏や彼女は、周囲の友達が結婚し始めても、自分自身が結婚生活を送る姿が想像できないと感じていることにもなりかねません。

なので、結婚する気ないのに付き合い続けるとか同棲するなど、不毛ということにもなりかねません。

また現在付き合っている恋人もいない場合、結婚できる気がしないと正直焦ってしまう気持ちに繋がってしまいます。

なので、結婚に対して不安や焦りがある時は、依然として良い人に出会えていない可能性もあり注意も必要。

ここでは、結婚する気ない末路も非常に厳しくなるもの、近付いていくための術を紹介しています。

 

 

 


結婚する気ない末路も非常に厳しくなるもの、近付いていくための術


 

| 1.ケースでは、結婚相手に求めている条件を見直してみる

求める条件を見直すということ。素敵な相手と会えなかったり、交際しても長続きしないケースでは、結婚相手に求めている条件を見直してみるというもの。

理想とする条件自体が厳し過ぎたり、求めている条件が多過ぎるケースでは、全部を満たす人物と出会える確率はかなり低くなることにもなりかねません。

理想の条件を全てを満た相手が最高の結婚相手とは限らず、将来的なこと含めた交際を中心にするのであれば、価値観や相性を見極めるのも近付いていくための術の一つ。

 

| 2.積極的に出会いの場面に向け足を運ぶ機会を増やすという

積極的に出会いの場面に足を運ぶということ。自然な出会いがないと思い悩んでいる人は、積極的に出会いの場面に向け足を運ぶ機会を増やすというもの。

マッチングアプリや婚活パーティーなど、恋愛や結婚を前提とした出会いのツールは多くあり、試したこともない人は思い切ってチャレンジするようにします。

婚活パーティーは、結婚願望がある男女が集るパーティーで、自由にコミュニケーションをする時間や1対1のお見合いする時間など、設けられている近付いていくための術の一つ。

但し、見ず知らずの人たちが集まっているので、人見知りのケースでは、次回に繋げていくことは難しいかも知れません。

 

| 3.時間がない時に、解決策ともなるのが隙間時間を利用する

隙間時間を利用するということ。仕事が多忙で出会いの場所へと出掛ける時間がない時に、解決策ともなるのが隙間時間を利用するというもの。

移動時間や休憩時間など空いた時間を活用すれば、残業をはじめ休日出勤などが多い時も効率的な婚活が可能になります。

多くの結婚相談所であれは、スマホ一つで会員検索や見合いの申し込みもでき、空き時間を使って理想の相手を探せる、近付いていくための術の一つ。

更に最初から将来的なことを意識した交際から出発するので、結婚に至る話題もスムーズに進行するということになります。

 

| 4.解決策ともなるのが期間を限定して同棲してみるという

期間を限定して同棲してみるということ。付き合っている最中の恋人がいて、結婚後の生活が思い描けないケースでは、解決策ともなるのが期間を限定して同棲してみるというもの。

一度も結婚したことがない人は、結婚生活がイメージできないのは当たり前で、結婚という見知らぬ世界に漫然とした不安を感じているだけとなります。

その場合は一旦同棲してみるのも良い方法ですが、とりあえず一緒に住むと緩く始めれば、結婚タイミングを逃すリスクがあり、必ず半年や1年など期限を決めます。

恋人と24時間一緒に暮らせば、相手の価値観や生活習慣も分かり、結婚後の生活と同様の経験ができ、具体的にイメージも湧く近付いていくための術の一つ。

 

 

 


結婚する気ない彼女も良く見かけるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.幅が非常に広く、遊ぶ時間が必然的に多くなってしまう

遊びで忙しいということ。結婚する気ない人に見ることができるのが、交友関係の幅が非常に広く、遊ぶ時間が必然的に多くなってしまうというもの。

社交的であるのは良いものの、スケジュールが友人との予定で埋まっているような人は、遊ぶ時間を確保したいので、結婚する気ないということにもなりかねません。

結婚をして自由に使える時間と金銭的なものがなければ、結婚生活を窮屈に感じる姿も目に見えています。

 

| 2.集中できなくなる、そういった認識の人も一定数はいる

仕事で一生懸命ということ。共働きの家庭が多くなった現代社会は、男女共に結婚後は仕事に集中できなくなる、そういった認識の人も一定数はいるというもの。

結果として、仕事を優先したいとか結婚によってキャリアが崩れることが嫌だという人は、結婚に対し消極的ということになりかねません。

また仕事に一生懸命取り組む人ほど、結婚のことなどは頭の中になく、放って置かれている可能性は大いに考えられます。

 

| 3.結婚よりもそちらに対して金銭を使いたいというものです

趣味に金銭面を費やしているということ。恋人が何かに熱中しているような趣味があるケースでは、結婚よりもそちらに対して金銭を使いたいというもの。

その趣味に対して多額の金銭を使っているようであれば、しばらくは結婚などは考えないはずで、恋人にとって結婚の優先順位は低いということになりかねません。

結婚後は家族のために金銭と時間を使わなければならず、そのためにできれば結婚は避けたいと思っています。

 

| 4.欠点を確認する、そんな減点方式で相対しているという

減点方式で人に相対するということ。交際に発展しない人物に見られるのが、相手の欠点を確認する、そんな減点方式で相対しているというもの。

特に年齢が高くなっている人ほど、今まで一人でやってきたから妥協したくない、そんな気持ちが強くなり傾向が一層増します。

但し、減点方式で婚活していたケースでは、いつまでも結婚などはできず、この世に完璧な人など存在していません。

 

 

 


結婚する気ない のに親に会うこともある、覚えておきたいその原因面


 

| 1.理想的な人物を追い求めることですが、婚活には厳禁と

高望みをし過ぎているということ。高望みというのは努力もしないで、理想的な人物を追い求めることですが、婚活には厳禁というもの。

高望みをしている限り、相手から己自身が相手にされることもなく、奇跡でも起こらなければいつまでも結婚などできません。

出会いがないと愚痴る人たちの中には、こういったことが切っ掛けで、良い人に出会えないというような感覚を覚えている人も多々います。

 

| 2.婚活は良い人など全然いない、そんな諦めモードになる

数人と会っただけで諦めていること。良く見られるのが数人と会っただけで、婚活は良い人など全然いない、そんな諦めモードになるというもの。

婚活中の最中は結婚するまでの期間に、数十人とデートするなどは良くあることで、2人や3人目で結婚が決定するのは非常に稀なケースです。

とは言えいきなり何十人と会うなど、大きな目標を掲げると億劫にもなりかねず、先ずは10人と会ってみることを目標に出会いの活動を進めます。

 

| 3.理想像というのは期待で大きく膨らんでいくというもの

最小限度の自分磨きができていないこと。結婚相手はできる限り素敵であることが理想など、理想像というのは期待で大きく膨らんでいくというもの。

但し、それは相手にとっても同じことで、一緒にいたいや結婚したいと感じられるには、最小限度の女性の魅力を身に付けることも必要です。

結婚の自分磨きと聞くと、料理に家事など色々思い浮かべ大変そうですが、着実に前進するのも近付いていくための術の一つ。

 

 

 

まとめ

また不毛ということにもなりかねません。ここでは、結婚する気ない末路も非常に厳しくなるもの、近付いていくための術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。