告白時の断り方で先々が変わるもの、相手を傷つけずに伝える具体策



人生を過ごしていると、告白された時の断り方を探すこともあるもの。女性でタイプではない人から告白された時 など、傷つけずに断るため悩むことにもなりかねません。

もちろんマッチングアプリなどで出会い今後会う可能性がない人の場合、傷つけないことをそれほど重要視せず、気持ちは嬉しいけどと伝えれば良いかも知れません。

但し、職場などでこの先も関わる可能性がある人の場合、大事になってくるのが告白時の断り方になります。

これからも友達でなどと言い切ってしまうのは、余りにも上から目線で、必死の覚悟で告白してきている男性は、断られたことで面目丸潰れです。

先々どうしたいのかは相手サイドの判断に委ねるべきで、一方的に決定するのは変ったことになりかねません。

ここでは、告白時の断り方で先々が変わるもの、相手を傷つけずに伝える具体策を紹介しています。

 

 

 


告白時の断り方で先々が変わるもの、相手を傷つけずに伝える具体策


 

| 1.遅くとも翌日には返事をすることを心掛けるというもの

告白された後の返事までの期間を空けないということ。告白時の断り方で大切になるのがその期間で、遅くとも翌日には返事をすることを心掛けるというもの。

告白を無視したり返事までの期間を開けたりすると、軽く見られたとかきちんと向き合ってくれなかったなど、ネガティブな感情を相手に抱かせることにもなりかねません。

また、返事をするまでに日にちを置きすぎれば断り辛くなってしまい、結局は無視することにも繋がりかねない、相手を傷つけずに伝える具体策の一つ。

 

| 2.なかなかできず、余計に面倒なことになりかねないという

率直に伝えるということ。曖昧な表現の仕方で断った場合、相手も諦めることがなかなかできず、余計に面倒なことになりかねないというもの。

恋愛感情が持てないので付き合えませんと、明確に断る気持ちを丁寧に伝えることが重要になる、相手を傷つけずに伝える具体策の一つ。

相手の男性も率直な気持ちを伝えてくれたので、こちら側にしても素直な心境を率直に伝えることが心掛けたい礼儀です!

 

| 3.勇気を振り絞り告白してくれたことに対する感謝を伝える

告白に対する感謝を伝えるということ。好意を伝えてくれて嬉しいなど、相手が勇気を振り絞り告白してくれたことに対する感謝を伝えるというもの。

もしかすれば数を打てば当たるといった精神で告白、そんな男性もいるかも知れませんが、告白するという行動は大変な労力が要ります。

普通は断られるのが怖いといったリスクを背負い告白してくるので、先ずは気持ちも考えて感謝を表すのが、相手を傷つけずに伝える具体策の一つ。

 

| 4.判断がどうしてもつかず考える時間が欲しいときもある

迷う時は正直に時間が欲しいと伝えるということ。告白してくれた男性に対して、お付き合いをするか断るか、判断がどうしてもつかず考える時間が欲しいときもあるもの。

不安点があって告白をすぐに受け入れられない場合、その不安の種になっている事柄を正直に伝え確認をしていくのも、相手を傷つけずに伝える具体策の一つ。

告白にOKを出した後からの相談では、既に相手の男性は舞い上がっていて、聞く耳をもたない可能性もあるので、そうならないよう具体的にどの程度の時間が必要か伝えます。

 

| 5. 関係を壊したくなくて、どう断れば良いのか分からない

関係を壊したくないと伝えるということ。仲の良かった男友達から告白された場合、関係を壊したくなくて、どう断れば良いのか分からないこともあるもの。

また仕事関係で職場の男性から告白されることもあり、そうした時も付き合えないことを明確に伝えた上で、関係を壊したくないと知らせることは非常に重要です。

後で顔を合わせた際も、告白は何気ない場面の出来事だったように振る舞えば、妙な関係にならなくて済む、相手を傷つけずに伝える具体策の一つ。

 

 

 


告白の断り方は直接では難しいもの、注意したいしてはいけない行動


 

| 1.できれば傷付きたくない、そんな風に思っているという

理由を言わない振り方。どんな人間にもプライドはあり、それぞれができれば傷付きたくない、そんな風に思っているというもの。

理由も言わないで断られた場合、最初は自信を失っていたとしても、色々と考える間に心理学的に言って傷付かないよう無意識にポジティブに解釈し心を守る行動にでます。

そうすると自らに都合の良い理由をイメージして、諦められなくなるといった可能性もあり、それによりどんな行動にでるか分かりません。

理由を全く伝えないのは、余計に相手に考えさせてしまうことにもなりかねません。

 

| 2.そういった事例は非常に多く男女間で出てくるというもの

価値観が合わないという振り方。付き合いをするに当たって価値観が合わない、そういった事例は非常に多く男女間で出てくるというもの。

こういったところが合わないと、部分的な例を伝えても、努力でどうにかなるとか変えるからなど、諦めないとなってしまうことにもなりかねません。

なので、価値観を理由に断るときは、部分的にクリアされても付き合うのは無理、そういったところまで伝えることが重要なポイントになります。

 

| 3.というのも、男女間では良く使われるお断りフレーズと

恋人を作るつもりがないという振り方。今は誰とも付き合うつもりがないというのも、男女間では良く使われるお断りフレーズというもの。

但し、これは断る相手が職場の仕事の仲間など、それが本当の理由だと思わせる、そうした状況が相手にも分かっている場合は有効です。

方便として使う場合は、その後で誰かと付き合うことになった時、相手を傷付けてしまう可能性があることにもなりかねません。

 

 

 


告白の断り方は電話でも気になるもの、知っておきたい拒む理由など


 

| 1.分かって貰っているのか、一旦考えてみるというものです

相手を良く知らないということ。 相手のことを良く知っているか、反対に自分自身のことを分かって貰っているのか、一旦考えてみるというもの。

まだよく知らないような相手から告白されても、そんな状態では考えることもできないということにもなりかねません。

付き合った後で結局価値観だったり考え方が合わなかったとか、他の女の影が見えたなどあるかも知れません。

 

| 2.仲良くなってくれば、そうした機会が増えてくるという

仲良くなりすぎたということ。食事に行ったりどこかに出掛けたりと、仲良くなってくれば、そうした機会が増えてくるというもの。

ここで告白タイミングを逃した場合、余りに仲良くなりすぎ友達にしか見えない、そんなことにもなりかねません。

仲良くなり悩み事など何でも話せる仲になれば、そこに友情が芽生えれば、異性として見るのは非常に難しいということにもなりかねません。

 

| 3.一人になりたいとか、誰とも付き合いたくないといった時

誰も付き合いたくないということ。以前の恋人と辛い別れ方をして、今は一人になりたいとか、誰とも付き合いたくないといった時もあるもの。

こういった誰とも付き合いたくないという心境の女性を振り向かせるのは、男性にすれば少しハードルが高いということかも知れません。

但し、恋人を作らないと考えていても、そういった気持ちを越えるほど素敵な男性が登場すれば、恋心が芽生えることは当たり前にあります。

 

 

 

まとめ

男性は断られたことで面目が丸潰れです。ここでは、告白時の断り方で先々が変わるもの、相手を傷つけずに伝える具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。