プレッシャーに弱い人の末路も厳しいもの、乗り越えて邁進していく術



身の回りを見渡すと、プレッシャーに弱い人がいるもの。プレッシャーを感じる局面で思うように身体が動かなかったり、思考停止に陥った経験を持つ人は珍しくありません。

一方で、常に結果を求められるプロのアスリートのように、プレッシャーを克服して自分自身の力に変えることができるような人たちもいます。

プレッシャーに弱い人は頭がいいという言葉もありますが、仕事にしてもプライベート面な日常生活でも、周りの期待などで精神的重圧を受けるシーンは多々あります。

進め方が分からないような仕事を任された場合、手探り状態で進めなくてはならないので、自分が正しい方向へと向かっているか不安に駆られることにもなりかねません。

そんな時はプレッシャーに勝つ方法も欲しくなります。

ここでは、プレッシャーに弱い人の末路も厳しいもの、乗り越えて邁進していく術を紹介しています。

 

 

 


プレッシャーに弱い人の末路も厳しいもの、乗り越えて邁進していく術


 

| 1.原因となっているものを知ることが重要ポイントという

原因を明確にするということ。先ず、自分自身がプレッシャーを感じている、そういった原因となっているものを知ることが重要ポイントというもの。

原因を明確にすると対処法を模索することができ、状況を好転させることにも繋がる、乗り越えて邁進していく術の一つ。

但し、自らを取り巻く環境を客観的に見ることは難しく、そんな時は蓄積した感情を思うままリストアップして、俯瞰した位置から内容を見るようにします。

 

| 2.疎かになり、何から手を付ければ良いか迷ってしまうと

仕事を細分化するということ。プレッシャーに押しつぶされそうな場合、タスクの管理も疎かになり、何から手を付ければ良いか迷ってしまうというもの 。

そんなときこそ、先ずは仕事内容を大局的に見て、細分化することで成すべきタスクを明確化し一つずつ着実に進めるのが、乗り越えて邁進していく術の一つ。

タスクに対して順番に丁寧に取り組むことで、精神的にも集中ができて、気持ちも自然に落ち着いてくることになります。

 

| 3.精神的にもネガティブな方面へと関心が向かいがちという

成功時の自分の姿を思い描くということ。プレッシャーを感じている最中は、精神的にもネガティブな方面へと関心が向かいがちというもの。

そうしたネガティブなことばかりで頭の中が堂々巡りになれば、事態が悪化した状況になるということにもなりかねません。

先の見通しを考えること自体は良いことなので、できる限りポジティブな点を見出して仕事に繋げるのが、乗り越えて邁進していく術の一つ。

 

| 4.どうしようなど、考えてしまうのは仕方がないというもの

失敗も前向きに捉えるということ。プレッシャーを感じて、失敗したらどうしようとかミスすればどうしようなど、考えてしまうのは仕方がないというもの。

但し、考え方だったり捉え方を変えると、失敗自体を成長の糧とすることもでき、結果として仕事が順調に進行する可能性が高まります。

失敗やミスは決して悪いことではなく、成長に繋がる良い機会と前向きに考えることで、失敗に対しての不安が軽減できる、乗り越えて邁進していく術の一つ。

 

| 5.一旦仕事から離れてみるのも重要なポイントというもの

リフレッシュしてみるということ。プレッシャーを感じて心身ともにゆとりがない場合、一旦仕事から離れてみるのも重要なポイントというもの。

無理に仕事を続けても思った成果も出せず、再びプレッシャーを感じてしまうといった、負のスパイラルに陥ってしまうことにもなりかねません。

休息している期間はできる限り好きなことに没頭すればリフレッシュでき、仕事への意欲も上がる乗り越えて邁進していく術の一つ。

 

 

 


プレッシャーに押しつぶされるということもある、注意したい原因面


 

| 1.いけないといった、プレッシャーを受ける傾向にあると

初めての仕事を依頼されたとき。初めての仕事に向かう時には、頑張らなければいけないといった、プレッシャーを受ける傾向にあるというもの。

なので、自分自身のキャパシティーを超えている、そんな感じがしている仕事でも、無理してでも完遂させようとすることにもなりかねません。

結果として、仕事から逃げたいとか辞めたいという気持ちにも、なりかねない場合も出てきます。

 

| 2.スキルだったり経験に見合わない、そんな仕事を任された

実力に合わない仕事のとき。プレッシャーを感じる時にあるのが、自分自身のスキルだったり経験に見合わない、そんな仕事を任されたというもの。

初めて行う仕事と同じように、多少無理をしてでも達成しなければなどと、プレッシャーを覚えやすくなります。

無理をし続けることにより、自らのキャパを超えてしまい、結果として大きな負担が掛かってしまうことにもなりかねません。

 

| 3.大きな損害だったり損失が出てしまう可能性があるという

ミスが許されない仕事のとき。ミスを許されない仕事は、失敗をしてしまうと、大きな損害だったり損失が出てしまう可能性があるというもの。

こうした業務を任されている場合、絶対にミスを犯せないという不安感から、大きなプレッシャーを感じやすくなることにもなりかねません。

周囲からの過剰な期待は、どうしてもプレッシャーだったり不安感に、変わってしまうことが珍しくありません。

 

| 4.多すぎて、休む暇もない程の業務過多の状況というもの

労働時間長すぎる仕事のとき。プレッシャーを感じやすくなる仕事が量や労働時間が多すぎて、休む暇もない程の業務過多の状況というもの。

疲労が積み重なることで、本来のパフォーマンスを発揮できなくなり、精神的にも余裕がなくなることにもなりかねません。

 

 

 


プレッシャーに弱い人は性格もあるもの、知っておきたいその特徴面


 

| 1.進めることに対して、執拗にこだわるような傾向にある

完璧主義ということ。プレッシャーに弱い人に見られるのが、完璧主義的で物事を遅滞なく進めることに対して、執拗にこだわるような傾向にあるもの。

常に完全な状態を追求してしまうので、疲れやすくプレッシャーも感じやすくなってしまうことにもなりかねません。

更に、責任感が強いところがあり、そうでない普通の人に比べて課題や問題を多く抱え込んでしまうことにもなりかねません。

 

| 2.些細なことや先々のことまで過剰に心配するというもの

心配性ということ。プレッシャーに弱い人に見受けられるのが、心配性なところがあり、些細なことや先々のことまで過剰に心配するというもの。

更に、他の人からの評価にも異常に敏感なので、プレッシャーを人一倍感じやすくなってしまうことにもなりかねません。

自らの中で感情を整理しようとするので、物事を一人で抱え込みやすく、他の人に相談することができません。

 

| 3.組織で働く上で常に付きまとう、自分の評価が気になる

評価を気にするということ。プレッシャーに弱い人に見られるのが、組織で働く上で常に付きまとう、自分の評価が気になるというもの。

同期だったり後輩たちが活躍しているのを見た場合、ミスはできないと不安が湧き上がることにもなりかねません。

こういった仕事に対する捉え方から、プレッシャーを感じることになってしまいます。

 

 

 

まとめ

その経験を持つ人は珍しくありません。ここでは、プレッシャーに弱い人の末路も厳しいもの、乗り越えて邁進していく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。