言い返せない人を返上して邁進したいもの、上手く納得していく具体策



身の回りを見渡すと、言い返せない人がいるもの。普段から何か問題があってもいつも黙ってしまう、そんな自分が嫌になってしまうようなタイプの人。

言い返さない人は賢いとも言われますが、意見や気持ちを相手に伝えたいのに何かが邪魔をし、言い返すべき時にも黙り込むような人。

中には意図的に言い返さない人もいますが、こうした出来事が続けばストレスが溜まり、対人関係が苦痛に思えることにもなりかねません。

必ず言い返す人やすぐに言い返す人というのもいますが、言い返せない人は同じ土俵に上がらないという点では賢い選択をしているのかも知れません。

但し、言い返してこない人というのは舐められることも多々あり、自覚があれば注意も必要になります。

ここでは、言い返せない人を返上して邁進したいもの、上手く納得していく具体策を紹介しています。

 

 

 


言い返せない人を返上して邁進したいもの、上手く納得していく具体策


 

| 1.意見だったり言いたいことは、心の中に溢れているという

心の中で言い返すということ。実際に言い返すことができなくても、意見だったり言いたいことは、心の中に溢れているというもの。

そういった気持ちに対して蓋をすることばかりでは、ストレスが蓄積して、体調不良や病気になることにもなりかねません。

言い返せなかったりしないのであれば、少なくとも心の中で言い返し発散させるのが、上手く納得していく具体策の一つ。

 

| 2.好意を持たれる必要もなく、好かれたいとも思わないもの

聞こえない振りをするということ。嫌みだったり悪口を言ってくる人に向かって、好意を持たれる必要もなく、好かれたいとも思わないもの。

聞こえない振りをするのが良く、毎回のようにしていては不自然なので、自分自身が限界と感じるタイミングでやるようにします。

悪口をいう人に向かって言い返せば負けで、相手は苛立つ可能性はありますが関係はなく、上手く納得していく具体策の一つ。

 

| 3.そういった姿勢も言い返せない人のやり方というものです

聞き流すということ。こちらに向かって言われた言葉をそのまま聞き流す、そういった姿勢も言い返せない人のやり方というもの。

相手が上司やだったり上の立場の人物の場合、聞こえない振りをするのは非常に難しいということにもなりかねません。

話は聞くけど気に留めない、そういったスキルを身に付けることで、言い返さなくても気楽な状態が作れる、上手く納得していく具体策の一つ。

 

| 4.状況を、豹変させることができるかも知れないというもの

話題を変えるということ。話しの話題を変えることにより、言い返さなくてはいけない状況を、豹変させることができるかも知れないというもの。

無理矢理に話題を変えようとした場合、不自然で妙な空気になる可能性もあるので、出来る限り自然な流れでテーマを変えるようにします。

こうして話題を変えることにより、言い返したくない意思表示にも繋げる、上手く納得していく具体策の一つ。

 

| 5.無理をして関わり合いになる必要などはないというもの

距離を置くということ。ストレスをため込み過ぎて体調不良が生じるような場合、無理をして関わり合いになる必要などはないというもの。

相手とは出来る限り距離を置くことで、言い返したくなるような状況を回避することができる、上手く納得していく具体策の一つ。

近くにいれば相手からも目に付きやすく、標的にもされやすくなりますが、離れていれば関りを持とうと近寄ってくることも少なくなるかも知れません。

 

 

 


言い返せない人には色々なところがあるもの、知っておきたい原因面


 

| 1.相手が不快になるだろうとか、そういった経験は誰しも

言い争いになるのが嫌ということ。この局面でこの言葉を使えば、相手が不快になるだろうとか、そういった経験は誰しもあるもの。

言い返せない原因の一つにあるのが、基本的に争うことがが嫌いなためで、何ごとも穏便に過ごしたいといった意識があるからです。

それが自分自身にとって苦痛になるような選択だとしても、相手との関係を悪化させるよりはましだと考えることにもなりかねません。

 

| 2.相手の話し方だったりペースに巻き込まれ圧倒されたり

ペースに巻き込まれやすいということ。言い返せない原因の一つにあるのが、相手の話し方だったりペースに巻き込まれ圧倒されたりするもの。

少しでも圧力のある言い方をされた場合、言いたいことなどがあっても、相手の態度に不安感を覚え黙ってしまうことにもなりかねません。

言い返せない人はどうしても受け身の傾向があり、相手の勢いを一旦受け止めて、自らのタイミングを乱さないよう意識します。

 

| 3.自分が黙る役目になり、非常に損をしている気分になる

とても繊細ということ。会話が徐々にエスカレートした場合、最後には自分が黙る役目になり、非常に損をしている気分になるというもの。

言い返せない原因の一つにあるのが、とても繊細なところがあり、自分の意見を相手に指摘されたり評価されるのが嫌いなためです。

時と場合によっては重要なことを伝えたいのに、そんな気持ちをまとめるだけのことで疲れ果てることにもなりかねません。

 

| 4.どういった言葉を言うべきか、急な状況で思い浮かばない

言葉が見つからないということ。言い返せない原因の一つにあるのが、どういった言葉を言うべきか、急な状況で思い浮かばないというもの。

普段の会話であれば気持ちよく意見交換できても、強力に相手が攻撃してきた場合、つい後退したくなるということにもなりかねません。

そういった局面は自分の気持ちを落ち着かせるため、先ずは相手の言い分に耳を傾け理解するようにします。

 

 

 


言い返せない人には様ざまな面が見られるもの、注意したい心理状況


 

| 1.下という場合があり、言い返したくても言い返せないと

立場が違うという心理状況。相手によっては自らの立場の方が下という場合があり、言い返したくても言い返せないというもの。

職場の上司だったり目上の人に対して言い返すのは、立場を考えれば非常に難しく簡単なことではありません。

言い返すことで自分自身の立場が悪くなる可能性もあり、言い返したくても言い返せない、そうした状況に陥ることにもなりかねません。

 

| 2.言い返すことはしないで、相手の気が鎮まるのを待つと

揉め事が嫌いという心理状況。とにかく穏便に済ませたいとか揉めたくないという人の場合、言い返すことはしないで、相手の気が鎮まるのを待つというもの。

自分が言い返すことにゆり、相手が更にヒートアップしていくことが分かっているからです。

自らが我慢をすることで、その場が丸く収まってくれるのであれば、それで良いという思いの方が強いことになります。

 

| 3.相手にするだけ無駄と感じて言い返さないことも多いと

相手にしていないという心理状況。相手のことを自分より下に見ている場合、相手にするだけ無駄と感じて言い返さないことも多いというもの。

見下している相手にわざわざ自分自身が意見する、そんな時間は勿体ないと思っていたり無視をすることにもなりかねません。

第三者として見ている側の人からすれば、相手をするのが面倒臭いといった姿に映り、あまり気分のいい態度ではありません。

 

 

 

まとめ

言い返すべき時にも黙り込むような人。ここでは、言い返せない人を返上して邁進したいもの、上手く納得していく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。