鋭い人を鏡に将来に向かいたいもの、洞察する判断能力を鍛えていく術



身近なところにも、鋭い人がいるもの。虫の知らせを感じる異常に感覚が鋭い人がいたり、勘が良く当たるという人がいたりします。

通常人間は、視覚をはじめ聴覚や嗅覚に味覚や触覚などの五感で物事を判断しますが、こうした感性の鋭い人はそうした感覚器官ではないところで物事を感じ取ります。

こうしたことは何となく理解している気持ちもありますが、言葉にするのは非常に難しいということにもなりかねません。

こんな鋭い人はなぜかといえば、勘が鋭いとか勘が働くとも呼ばれ、物事の良し悪し等を直感的に判断していく能力が長けていることを指します。

洞察力を高め鋭い人になることで、色々なビジネスシーンで、根本的課題を発見できることも疑いありません。

ここでは、鋭い人を鏡に将来に向かいたいもの、洞察する判断能力を鍛えていく術を紹介しています。

 

 

 


鋭い人を鏡に将来に向かいたいもの、洞察する判断能力を鍛えていく術


 

| 1.知識など、そうしたことに基づき思考していくことが多い

ゼロベース思考を学習するということ。人間は物事を考える時、己自身の価値観や経験に持っている知識など、そうしたことに基づき思考していくことが多いもの。

但し、それでは主観が先立って固定観念に捉われてしまい、物事を本質的に考察することが難しくなることにもなりかねません。

ゼロベース思考は、これまで身に付けてきた知識や思い込みを一旦捨て去って、ゼロの状態で物事を考えていく思考パターンです。

こうしたゼロベース思考を学習することにより、己自身の価値観に縛られ過ぎるようなこともなくなり、柔軟に事柄を捉えられ鋭い人に近付く、洞察する判断能力を鍛えていく術の一つ。

 

| 2.洞察力や直感力などの感覚を鍛えてくれるというものです

積極的に経験を重ねるということ。経験というのは、己自身でも気がつかないうちに、洞察力や直感力などの感覚を鍛えてくれるというもの。

鋭い人になれば、無意識で過去の経験と現在状況を結び付けて、適切な対応ができるようになっていく、洞察する判断能力を鍛えていく術の一つ。

経験値という言葉もあるように、様々な経験を積み上げることで、勘も鋭くなっていくはずで、それには相手の言動に対し興味を持つことが必要です。

関心があることに人間は集中力を発揮できるので、相手の言動に興味を持つよう日頃から意識することで、細かい変化を察知することができます。

 

| 3.物事を客観的に分析することが重要なポイントというもの

クリティカルシンキングを鍛錬していくということ。鋭い人になっていくためには、主観や固定観念に捉われることなく、物事を客観的に分析することが重要なポイントというもの。

クリティカルシンキングは、己自身が無意識に取っている、そんな行動や考え方を批判的に見直していく思考方法です。
具体的には、何らかの行動をする度、それをした理由だったりや必要性を、己自身に問いかける習慣を付けていくトレーニング法が挙げられます。

己自身の考え方だったり行動を多角的に客観視する、クリティカルシンキングを鍛錬するメソッドを、日々の思考法に組み込むのも、洞察する判断能力を鍛えていく術の一つ。

 

| 4.助言を与えるなど、キャリア上のサポートしていくような

メンターを通してトレーニングするということ。メンターは仕事の相談に乗って助言を与えるなど、キャリア上のサポートしていくような先達というもの。

メンターには直属の上司が選ばれることは少なく、多くのケースでは職場内の先輩がメンターとなって、対話を通して成長を促すのが通常です。

鋭い人になっていくには、客観的な思考法を行うトレーニングも必要になりますが、メンターとの対話で己自身の先入観や主観に気付く効果もあります。

普段の何気ない行動だったり考え方に対し、メンターが問題提起や指摘をすることで、己自身の思考プロセスを振り返ることができる、洞察する判断能力を鍛えていく術の一つ。

 

 

 


鋭すぎる人は幅広い点が見られるもの、覚えておきたいそうした特徴面


 

| 1.捉えるために、材料を集めようとするようなところがある

現状を正確に掴んでいるということ。鋭い人は何らかの問題を目の前にした場合、物事の本質を捉えるために、材料を集めようとするようなところがあるもの。

結果として、己自身が置かれている状況や目の前の課題に対して、冷静で正確に現状を把握していく行動を見せます。

無暗やたらに情報分析を行うのではなく、優先順位を付けることにより、収集した材料の中からいち早く必要な情報を探し出すことができます。

 

| 2.ことなどなく、現状や問題に素直に向き合えるというもの

先入観を持たないということ。鋭い人に見られるのが、先入観に対して捉われ過ぎることなどなく、現状や問題に素直に向き合えるというもの。

物事の本質を正しく見抜いていくためには、己自身の主観や偏った固定観念より、捻じ曲げられた情報などは一切不要です。

鋭い人は、ビジネスで問題だったりトラブルに遭遇した時に、己自身の先入観や主観を捨て去り、物事を客観的に見つめる能力を持っています。

 

| 3.立場になり換わって、想像をして物事を捉えられるという

他人の立場になり替わり想像できるということ。鋭い人は己だけでなく他人の立場になり換わって、想像をして物事を捉えられるというもの。

目には見えないところを見抜くプロセスでは、多角的な視点を持って物事を捉え直すような行動が必要です。

但し、己自身の立場で物事を考える場合、視野が狭くなって多角的な視点を持てないということになります。

 

| 4.誰が見ても分かるといった変化にも気付けないものです

人間観察しているということ。普通の人間は周囲の人たちのことなど、さほど観察してることもなく、誰が見ても分かるといった変化にも気付けないもの。

鋭い人は常に周りに気を使って観察する癖があり、他の人が気付かない微妙な表情の変化や声のトーンなど、いち早く小さな変化を察知します。

 

 

 


鋭い人は非常に賢いとも言われるもの、注意しておきたいそのメリット


 

| 1.トラブルになる前に、状況を察知しリカバーができると

未然にトラブルの回避ができるというメリット。物事を敏感に察知できる鋭い人は、いち早くトラブルになる前に、状況を察知しリカバーができるというもの。

人間関係などでも、何となく気が合わなくて妙な感じがするなど、違和感にも気付けるので、そういう相手とは距離を置きトラブルになることを避けることができます。

 

| 2.人間に対しても、いち早くその変化に気付くこともできる

変化に気付けるといったメリット。鋭い人は物事でも人間に対しても、いち早くその変化に気付くこともできるというもの。

仕事中では体調が悪い時も、平気な振りして無理をしがちですが、そんな場合に大丈夫と声を掛けて貰うと非常に嬉しいものです。

結果として、感覚の鋭い人は具合の悪そうな人にもすぐ気付るところがあり、ビジネスシーンなどでも重宝されるといった傾向にあります。

 

| 3.理解する、そういったところが非常に大事になるという

恋愛が上手くいくメリット。恋愛関連では、相手の気持ちを汲んで理解する、そういったところが非常に大事になるというもの。

鋭い人は、相手の気持ちを推し量り推察することが上手なので、恋愛においてはメリットも非常に多くなります。

 

 

 

まとめ

勘が良く当たるという人がいたりする。ここでは、鋭い人を鏡に将来に向かいたいもの、洞察する判断能力を鍛えていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。