ブルーな気分から大逆転に繋げたいもの、上手く立ち上がっていく術



日々の暮らしの中で、ブルーな気分になることがあるもの。仕事の失敗だったり失恋など、気分が落ち込んで気分がブルーになることがあります。

ほかにも自分の身内が亡くなったりペットが亡くなるなど、そういったことがあった時は気分はブルーでヘビーということにもなりかねません。

自分が頼りにしていた人物だったり対象がいなくなるのは、かなり苦痛を伴い落ち込み過ぎた結果としに、うつ症状を発症することも珍しくはありません。

こうしたブルーな気分の時は、どうにかして気持ちを早期に切り換えたいところですが、急には難しいところがあり、自分なりの心のケアが必要にもなりかねません。

ここでは、ブルーな気分から大逆転に繋げたいもの、上手く立ち上がっていく術を紹介しています。

 

 

 


ブルーな気分から大逆転に繋げたいもの、上手く立ち上がっていく術


 

| 1.自律神経のバランスだったりメンタル面が整いやすくなる

先ずは深呼吸をするということ。ブルーな気分のときは先ず行いたいのが深呼吸で、副交感神経の働きを促し、自律神経のバランスだったりメンタル面が整いやすくなるというもの。

深呼吸は鼻から大きく息を吸い込んで口から吐き出すのが秘訣で、呼吸をゆっくりと繰り返すことで、リラックスをしやすくなります。

椅子に座ったりソファーなど、リラックスできる場で深呼吸をするのが、上手く立ち上がっていく術の一つ。

 

| 2.いるときは、何をやってもリラックスができないという

心が凝り固まるときは身体からほぐすということ。嫌なことが続いてブルーな気分になっているときは、何をやってもリラックスができないというもの。

そんな時は、マッサージだったりストレッチが効果的で、身体と心は連動していて、先ずは身体からほぐし緩めることで心の緩みも期待できる、上手く立ち上がっていく術の一つ。

但し、強いマッサージだったりきついストレッチは、逆効果となることもあるので、心地が良い程度に留めることが重要なポイントです。

 

| 3.大多数は、気持ちを切り替えていくのが苦手な傾向にある

無心になれることを探すということ。ブルーな気分を引きずりがちな人の大多数は、気持ちを切り替えていくのが苦手な傾向にあるというもの。

嫌なことがあるとそのことばかりを考えてしまったり、休日でも仕事のことをが頭を中を過るということにもなりかねません。

誰しも、嫌なことだったり気になることがあると、気持ちがそちらの方に向いてしまうことがありますが、どこかでリセットすることも必要です。

そのために強制リセットを試みるのが良く、夢中になれることや無心になれることを探すのも、上手く立ち上がっていく術の一つ。

 

| 4.これまで行ったことのない場所を目指すというものです

思い切って旅行に出掛けるということ。ブルーな気分で落ち込んでいる時こそ旅行に出掛けてみるのも良く、普段行くような観光スポットより、これまで行ったことのない場所を目指すというもの。

見たことのない絶景スポットだったり口にしたことがないグルメなど、新しい体験に巡り合えブルーな気分も自然と忘れやすくなります。

旅を切っ掛けとして気持ちの切り替えもしやすくなるので、思い切って旅行へと出掛けてみるのが、上手く立ち上がっていく術の一つ。

 

| 5.信頼できる人物に向かって相談してみるというものです

信頼できる人物に話してみるということ。仕事の失敗だったり失恋などでブルーな気分の時は、信頼できる人物に向かって相談してみるというもの。

他の人間に自分自身の身に起きたことを友人や親しい人に話すことで、嫌な出来事を振り返って整理ができる、上手く立ち上がっていく術の一つ。

そうすれば、アドバイスをもらったり気づきを得ることもでき、ブルーな気分が晴れリラックスに繋がります。

 

 

 

 

 


気分がブルーでベビーな時は何もしたくないもの、注意したい原因面


 

| 1.上がるなど、精神的な変化は身体的な変化をもたらすと

胃腸の調子が悪いということ。身体と心は連動していて、驚けば鼓動が高鳴ったり腹が立つと血圧も上がるなど、精神的な変化は身体的な変化をもたらすというもの。

そんな中で、最も影響を受けやすいのは胃腸とされ、緊張するとお腹が痛くなったり、心配事があれば胃が痛くなるなどの経験は誰しもがあるところです。

食べすぎや飲みすぎでもない、特別に疾患がある訳でもなく胃腸の不調が続く場合、心に負担が掛かってブルーな気分ということにもなりかねません。

 

| 2.しまうのも、ブルーな気分になりやすい傾向にあるという

他人と比べてしまうということ。あの人は仕事ができるのに自分は遅くミスも多い”など、他人と比べてしてしまうのも、ブルーな気分になりやすい傾向にあるというもの。

比較癖はコンプレックスを抱きやすくなるので、良いことではなく自分の人生は自分のもので、どうすれば幸せになれるのか、自らに焦点を当てるのが重要なポイントです。

もし比較する癖を直すのが難しい時は、他人ではなく自分と比べるのが効果的で、1年前の自分と比較することにより、成長した箇所も見つかりやすくなります。

 

| 3.状況でブルーな気分になりやすい、そんなところがある

トラウマを抱えているということ。過去にトラウマを持っている人も、似たような状況でブルーな気分になりやすい、そんなところがあるというもの。

酷い振られ方を恋愛でされたらどうしようなど、過去のトラウマを振り返ることでメンタル面や行動にもかなりの影響が出てしまうことにもなりかねません。

過去のトラウマは辛いものですが、振り返っているトラウマは過去の中のものでしかなく、囚われず目の前の課題を考えるよう意識します。

 

 

 


ブルーな気分だと人に言う時もあるもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.価値のない人間、そんな風にネガティブ思考になるという

自己肯定感が低いという心理状況。自己肯定感が低い人はブルーな気分になりやすく、些細な失敗でも自分は駄目人間とか価値のない人間、そんな風にネガティブ思考になるというもの。

こういった落ち込みが続けば、メンタルが疲弊して心の病を発症することにも繋がりかねず、健康的なメンタルを維持するためには自己肯定感を高くしていくことが重要です。

自分の欠点ばかりではなく、得意なことだったり他者に喜ばれた行動に目を向け、ポジティブに物事を考えるよう心掛けます。

 

| 2.ベッドに入った後で明日の予定が気になり起き上がると

些細なことが気になるという心理状況。家を出た後になって鍵を閉めたかと玄関に戻ってしまったり、ベッドに入った後で明日の予定が気になり起き上がるというもの。

こういった些細なことが気になるのは、ストレスサインの1つともされ、普段から心配症の人はそういった傾向が大きいとも言われます。

これまで余り気にならなかった物事が、急に心配になり出すようならイエローカードで、ゆとりがを失ってブルーな気分になることにもなりかねません。

 

| 3.失敗した場合、もう駄目だとブルーな気分になりやすい

完璧主義的な思考という心理状況。完璧主義的な思考パターンの人も、何かを失敗した場合、もう駄目だとブルーな気分になりやすいというもの。

完璧主義的な人の共通点は、仕事は完璧にするべきとかテストの点数は満点でなければならないなど、断定的な考え方になっています。

完璧に近い状態を目指すのは大切なことですが、気持ちが入り過ぎてしまえば、メンタルが疲弊してしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

また心のケアが必要にもなりかねません。ここでは、ブルーな気分から大逆転に繋げたいもの、上手く立ち上がっていく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。