話しかけにくい男は因果応報かも知れない、距離を上手く詰めていく術



日々の暮らしの中で、話しかけにくい男がいるもの。職場の女性が他の男性とは気軽に喋っているのに、話しかけてこないような人。

仲間内で盛り上がっていて何かのタイミングで女性と二人だけになった時、急に女性の方が黙ってしまう、そんな話しかけにくい男性

その人物が上司では話しかけ辛いと躊躇した場合、部下が上司に質問すればすぐに片付く問題を自力でしなくてはなりません。

分析して見つかった問題点を改善しようと悪戦苦闘し、気が付けば数時間も経過していたということにもなりかねません。

こんな風に負のスパイラルに陥れば、業務が滞ることにもなり注意が必要です。

ここでは、話しかけにくい男は因果応報かも知れない、距離を上手く詰めていく術を紹介しています。

 

 

 


話しかけにくい男は因果応報かも知れない、距離を上手く詰めていく術


 

| 1.話しかけにくい男性に対しても非常に効果的というもの

話しかけにくい人には、きちんと挨拶をするということ。挨拶は会話に当たっての基本ともなりますが、話しかけにくい男性に対しても非常に効果的というもの。

挨拶をするときの注意点は、きちんとした挨拶をその人だけに相対してすることも、距離を上手く詰めていく術の一つ。

朝職場で周りの人たちにおはようございますと、挨拶をまとめた形で済ませてしまうこともあります。

話しかけにくいけど是非話したい人がいるケースでは、その人向かって名前を呼びかけ挨拶するのも良いやり方です。

 

| 2.態度を取られたケースでは、非常に辛い気持ちにもなる

嫌がっているばかりではないことを理解するということ。話しかけた際に迷惑そうな態度を取られたケースでは、非常に辛い気持ちにもなるもの。

退散したくもなってしまいますが、仕事上の関係者など、話しかけにくい男性と話す必要があるケースも多くあります。

その時は相手を正確に判断していくことが必要で、日本人に見られるのが恥ずかしかったり話すのが苦手という人という人です。

声を掛けてくる相手には戸惑いながらも内心では嬉しい気持ちもあり、そんなことを理解していくのも距離を上手く詰めていく術の一つ。

 

| 3.男性に対して、声を掛ける必要があることも出てくるもの

時間を短くして回数を上げるということ。気が乗らなくても話しかけにくい男性に対して、声を掛ける必要があることも出てくるもの。

話しかけても反応が悪かったりリアクションが薄い時は、会話を続けるのは難しいことですが、いけないのは無理に続けることで、不安が湧き上がり関係が悪化しかねません。

結果的に、相手のリアクションが薄い場合、一言二言で会話を終わらせるのも、距離を上手く詰めていく術の一つ。

お互いに気が楽なヒット&アウェイ戦法、そんな風に繰り返す方が、話しかけにくい男性と上手くいきやすいことになります。

 

| 4.増えたケースでは、話題不足が気にもなってくるという

日頃から相手を良く観察するということ。こちらから話しかける機会が増えたケースでは、話題不足が気にもなってくるというもの。

そんな際に不可欠になってくるのが良く相手を観察することで、持ち物や外見的な変化など、得られる情報は決して少なくはありません。

人間は変わったのを誰かに気付いて貰えると嬉しいもので、何かを見付けたら一言だけでも触れるのが、距離を上手く詰めていく術の一つ。

 

| 5.稀にある珍しいケースで、そもそも話すのが嫌いという

話しをしたくない人がいるということ。話しかけにくい男性の中にいるのが、稀にある珍しいケースで、そもそも話すのが嫌いというもの。

こうしたときは、話すのが苦手とか恥ずかしいという人と比べ、普通に話せるようになるまでには非常な時間と労力が掛かりかねません。

その傾向が明らかに判別できたときは、必要最小限度の付き合いに留めるようにするのが、距離を上手く詰めていく術の一つ。

 

 

 


話しかけにくい男が好きという女性もいるもの、注意しておきたい特徴


 

| 1.ケースでは、つい下を向いて顔を伏せた姿勢になっている

顔を伏せた姿勢になっているということ。周りが知らない人ばかりの所に行ったケースでは、つい下を向いて顔を伏せた姿勢になっているというもの。

こうした姿勢は例え意識していなくても、話しかけないで欲しいというメッセージを、身体から発している人にしか見えません。

結果的に、顔を伏せた姿勢になっていれば、己の世界に入り込んでいるように見え、話しかけにくい男性いうことになりかねません。

 

| 2.普通の表情でも、周りの人たちからすると怖いというもの

ふとした瞬間の真顔が怖いということ。顔の表情が周囲の人たちに及ぼす影響は大きく、己自身では普通の表情でも、周りの人たちからすると怖いというもの。

スマホやパソコンなどを真剣に見していると、眉間にシワが寄ったような怖い顔になっていることもあります。

そうした際に、事情を知らない周囲の人たちは、すごく忙しかったり話かけて欲しくないといった印象を受けます。

 

| 3.パソコンを見たままで呟くような返事をするというもの

相手の顔を見ないで返事をしているということ。上司から何かの雑用を頼まれたケースでは、パソコンを見たままで呟くような返事をするというもの。

相手も見ないで返事をすると、本当に聞こえているのかなどの疑念が生まれ、後で失敗した時に言いがかりを付けられることにもなりかねません。

いくら忙しいとしても、一旦手を止め視線を送って、頼まれたことを反復して一言発するように心掛けます。

 

| 4.席に着いたときに、じっとそのまま座っているというもの

座りっ放しということ。大勢の人が集まるパーティーや飲み会などで、一旦席に着いたときに、じっとそのまま座っているというもの。

己自身が盛り上げるのが苦手で、空いている席に移動したりして隣の人に話しかけたりすることなどありません。

本当は誰かと会話したい気持ちもありますが、ただ切っ掛けを掴めないだけかも知れません。

 

 

 


話しかけにくい男性はイケメンということも、覚えておきたい心理状態


 

| 1.無表情だったりと、反応が非常に冷めているというもの

不愛想な心理状態。話しかけられた際に、素っ気ない態度だったり無表情だったりと、反応が非常に冷めているというもの。

女性が不得手な男性によく見られるような態度ですが、話しかけられたのを喜んでいても悟られないようにしています。

相手の女性は知る由もありませんが、不愛想で冷めたリアクションをする男性には誰しも話しかけにくくなります。

 

| 2.近寄りがたい雰囲気のオーラを出しているというものです

近寄りがたいオーラを出しているという心理状態。話しかけにくい男性に見られるのが、近寄りがたい雰囲気のオーラを出しているというもの。

普段から険しい顔をしていたり、必死に仕事に取り組んでいる姿は、とても話せるような雰囲気どころではありません。

ほかにも常に苛立ち貧乏ゆすりをしたり、色々なものに八つ当たりしているなど、話しかけにくいオーラを発散しています。

 

| 3.会話を広げようともせず話題を出してはこないというもの

己から話題を出さないという心理状態。話しかけられた際に相槌を打つだけで、会話を広げようともせず話題を出してはこないというもの。

こういった態度をとられたケースでは、話し掛けた方はこんな相手と話しても詰まらない、そんな風に思うことになりかねません。

交友関係が少ない人にはありがちな態度ですが、普段から会話の切っ掛けをチェックするよう心掛けます。

 

 

 

まとめ

業務が滞ることになり注意が必要です。ここでは、話しかけにくい男は因果応報かも知れない、距離を上手く詰めていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。