心が折れる時は因果応報かも知れない、先に向かって乗り越える具体策



人生を過ごしていると、心が折れる時を感じることがあるもの。強いストレスを受ける環境にいると、周りも見えなくなり心が折れる時を迎えかねません。

そんな耳障りな音が聞こえてきかねない心が折れそうな時は、周囲が見えなくなっているが故に、手を差し伸べてくれていても気付くことができません。

また目の前にある不安や悩みばかりに気を取られ視野が狭くなっているので、周囲の意見を聞くこともなく、問題解決まで遠回りすることになります。

もちろん心が折れそうな時には仕事も手に付かず、先ずは自らの心身のコンディションに目を向けなければいけません。

結果として、心が折れた時の言葉や名言などに注目する必要もあります。

ここでは、心が折れる時は因果応報かも知れない、先に向かって乗り越える具体策を紹介しています。

 

 

 

 


心が折れる時は因果応報かも知れない、先に向かって乗り越える具体策


 

| 1.視野を広げるには、良い意味で現実逃避が有効というもの

ストレス解消できる場所へ行くということ。心が折れる時にストレス解消して視野を広げるには、良い意味で現実逃避が有効というもの。

我を忘れてストレスが発散できるような場所に行くことで、鬱屈した日頃の気持ちを解放できる、先に向かって乗り越える具体策の一つ。

絶叫マシンがある遊園地やカラオケに、非現実的な空間が楽しめるライブイベントや汗を存分に流せるようなスポーツ施設などが当て嵌まります。

ネガティブな状況では解決案も思い浮かばず、悩みや不安が頭の中になくなる我を忘れられる空間は、心が折れる時を遠いものにしてくれます。

 

| 2.先ずは身体をリラックスさせて休めることが重要という

身体をリラックスさせて休息を取るということ。ストレスで精神的な限界を迎え心が折れる時は、先ずは身体をリラックスさせて休めることが重要というもの。

心と身体は密接的にリンクしているので、どれほど強く心を保っているつもりでも、身体が疲弊していると精神的に引き摺られネガティブ状態になりかねません。

充分な睡眠時間と栄養バランスの良い食事を確保し、内側から前向きになることで心のストレスも減っていく、先に向かって乗り越える具体策の一つ。

 

| 3.できるだけストレスの根源から距離を離していくという

ストレスの根源から距離を置くということ。何もかもが嫌になり心が折れる時は、できるだけストレスの根源から距離を離していくというもの。

例を上げると、人間関係がストレスの一因となっている時は、一旦そのコミュニティーを離れて一人になってみることも有効。

精神的な距離というだけでなく物理的な距離を離すことで、ストレスからも縁遠くなり気分転換できる、先に向かって乗り越える具体策の一つ。

 

| 4.己自身がやりたいことを思いっ切りする1日を設けると

やりたいことをする日を設けるということ。心が折れ全てを投げ出す前に、己自身がやりたいことを思いっ切りする1日を設けるというもの。

食べたいものを食べるのは無論のこと、行きたい場所に出掛け会いたい人物に会うなど、したいことをするのも先に向かって乗り越える具体策の一つ。

大きなストレスに継続的に曝されているケースでは、己を見失ってしまいがちで、本来の姿を思い起こすためにも好きなことに熱中する時が必要です。

 

| 5.できるだけ気持ちを言葉にして他の人に伝えることが重要

気持ちを言葉にしていくということ。精神的に苦しく心が折れる時は、できるだけ気持ちを言葉にして他の人に伝えることが重要というもの。

問題の直接的な解決には繋がらなくても、辛い気持ちを分かってくれる、そんな人がいるという事実が心の支えともなります。

誰かに向かって感情を見える形でアウトプットする、そうしたことがストレス解消にも結び付く、先に向かって乗り越える具体策の一つ。

 

 

 

 


心が折れた時の音は非常に嫌なもの、覚えておきたいそうした原因面


 

| 1.心が折れてしまうほど衝撃的な出来事になるというもの

信用していた人に裏切られたということ。信用していた人からの裏切りは、心が折れてしまうほど衝撃的な出来事になるというもの。

特に親友だったり家族や恋人など、近しい間柄の相手からの裏切りのケースでは、目の前が真っ暗になって現実感を失うということになりかねません。

これまで築いた信用の厚さの量だけ衝撃も大きく、相手を信じていた己自身の価値観も揺らいでしまうことになりかねません。

 

| 2.長い時間をかけて努力をしていたことが全く報われない

報われない努力ということ。心が折れる時にありがちなのが、長い時間をかけて努力をしていたことが全く報われないというもの。

努力は目的や目標があってこそ可能ですが、到達地点も分からない状況では、気力が尽きてしまうことになりかねません。

何のために頑張っているのがか理解できないまま走り続けるのであれば、全てを投げ出して楽になりたいと思うのも無理はありません。

 

| 3.忙殺されることによりプライベートの時間が得られない

仕事に忙殺されているということ。心が折れる時に見受けられるのが、仕事で忙殺されることによりプライベートの時間が得られないというもの。

そもそも労働というのは報酬という対価を得るためにする行為で、基本的にはその労働自体が目的ということにはなりません。

対価として手にした報酬を使用する時間や体力的な余裕がない状態では、何のために一生懸命に働いているのも分からなくなりかねません。

 

| 4.社会で暮らしている中で、理不尽な仕打ちを受けたという

理不尽な仕打ちにあったということ。心が折れる時に良く見られるのが、社会で暮らしている中で、理不尽な仕打ちを受けたというもの。

差別的な扱い明らかにをされたり、懸命に努力してきた結果を他の人に奪われてしまったり、強制的に責任を押し付けられてしまうなどです。

理不尽な仕打ちがあった時には、これほど辛い思いをするくらいであれば、全て放り出してしまいたいともなりかねません。

 

 

 

 


心が折れてる時は様ざまなことが関係するもの、注意したい心理状態


 

| 1.仕事上のトラブルなど、相談できる相手がいないという

悩みを相談する相手がいないという心理状態。人間関係の悩みや仕事上のトラブルなど、相談できる相手がいないというもの。

相談ができなければ己自身の考えもまとまらないので、対応もできないまの状態で時間だけが過ぎ、ストレスが溜まって心が折れることにもなりかねません。

 

| 2.責めたり、反省し落ち込んだりしてしまう状態というもの

己自身を責めてしまうという心理状態。些細なことでも己自身を責めたり、反省し落ち込んだりしてしまう状態というもの。

こうしたタイプの人は責任感が強いところがあり、周りの人たちに信頼される反面、己を追い込んでしまう傾向があります。

己自身を責めることにより精神的に追い詰められて、逃げ道を閉ざしてしまうことにもなり、何もかもが嫌な心が折れるような状況に陥ってしまいかねません。

 

| 3.症状にあるのが、情緒不安定だったりイライラというもの

女性のケースでは生理やPMSなどの体調不良という心理状態。PMS(月経前症候群)などで症状にあるのが、情緒不安定だったりイライラというもの。

生理が近づいてきたときに、何もかもが嫌になり心が折れて感情のコントロールも効かなくなる、そんな女性は数多くいます。

一人で悩むことのないようにして、専門医師などを頼ってみるようにするのも良いかも知れません。

 

 

 

まとめ

問題解決に遠回りすることになります。ここでは、心が折れる時は因果応報かも知れない、先に向かって乗り越える具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。