喜びを感じないのは因果応報かも知れない、楽しくないときの具体案



人生を過ごしていると、喜びを感じないときもあるもの。楽しみだったり幸せも感じられず、今現在の状況に感動を覚えなくなってしまっているような時。

もちろん喜びを感じないのは病気の場合もありますが、精神的に厳しい状態が続いて幸せと程遠いケースでは、ジレンマを感じることになりかねません。

真面目に暮らしていても、仕事で失敗をしたり失恋したりと、辛くなる瞬間は誰にも訪れます。

辛い状況であるほど、自分自身で苦しい感情を解決できなくなり、手には入らない幸福に憧れてしまうことにもなりかねません。

喜びも楽しみも感じないという心境自体は、今生きていることに対し感謝をしていない人に多く見受けられます。

ここでは、喜びを感じないのは因果応報かも知れない、楽しくないときの具体案を紹介しています。

 

 

 


喜びを感じないのは因果応報かも知れない、楽しくないときの具体案


 

| 1.ケースでは、その思考も段々とネガティブになってくる

定期的に運動する癖をつけるということ。じっと部屋に引き籠り考え事ばかりしているケースでは、その思考も段々とネガティブになってくるもの。

最近は運動不足とという人は、積極的に外に出てウオーキングや散歩など、身体を動かしてみるのが楽しくないときの具体案の一つ。

運動にはストレス解消の効果もあるので、毎日の生活に疲れて喜びを感じないは、先ずは運動してみるように心掛けます。

外に出られないという場合は、手軽に始められるストレッチから出発するのも効果的で、己自身に似合った手法で無理なくストレス発散します。

 

| 2.世界一幸福な人に比べれば、己は不幸だということにも

他の人と比べる習慣をやめるということ。幸せの形は個々の人間で違うもので、世界一幸福な人に比べれば、己は不幸だということにもなるもの。

これは己自身にとっての小さな喜びさえ見つかれば、他の人と比べる必要はない、楽しくないときの具体案の一つ。

他者と己自身を比べてコンプレックスを覚えてしまう人は、先ずその比較を中断して、やりたいこと楽しいと思える物事に目を向けます。

 

| 3.ケースでは、後悔の連鎖に陥ってしまうことがあるもの

全力で目の前のことに取り組む癖をつけるということ。過去にした過ちなどを振り返って悔やんでいるケースでは、後悔の連鎖に陥ってしまうことがあるもの。

過ぎたことに捉われる時間はできる限り減らし、現在何をすべきかだけを考えるようにし、仕事でも己ができることに目を向けると悩む時間はなくなります。

後悔してばかりだと、現在ある喜びのチャンスも掴めず、全力で目の前のことに取り組む癖をつければ、何の邪魔もなくなる楽しくないときの具体案の一つ。

 

| 4.辛いことがある時、己自身に対しての自信を失ってしまう

自分磨きをすることで自信を付けるということ。失恋や仕事で失敗したりなどの辛いことがある時は、己自身に対しての自信を失ってしまうもの。

何だか己が駄目な気がするとか喜びを感じないなど、悩んでいる時間は自分磨きに振り分けて、己に自信を付けていくように心掛けます。

自分磨きをする時間を増やせば、思い悩んでいる時間も減って喜びも感じられるようになる、楽しくないときの具体案の一つ。

 

| 5.メンタル的に悪影響が多く表れてきても仕方がないもの

規則正しい生活を過ごすということ。毎日を不規則な生活で過ごしているケースでは、メンタル的に悪影響が多く表れてきても仕方がないもの。

喜びを感じない時は、規則正しい生活パターンで過ごす方が良く、気分もポジティブになり意欲も湧いてくる、楽しくないときの具体案の一つ。

食事関係にも気を遣えば身体も元気になり一石二鳥で、仕事にたいしても邁進できるようになっていきます。

 

 

 


楽しみを感じないわけも様ざまにあるもの、覚えておきたいその理由


 

| 1.今を生きていることに感謝せずにはいられないものです

生きていることに対して感謝しないということ。命の大切さを考えたケースでは、今を生きていることに感謝せずにはいられないもの。

食べもののことなどを考えてみても、命が支え合いながら、今の世の中を循環している様子が分かります。

喜びを感じないという人は、そうした今生きていることに対して、世の中に感謝していないということになりかねません。

 

| 2.他者の方が、幸せな人生を過ごしているように思えると

比べてしまうということ。喜びを感じない人に見られるのが、視野が非常に狭く他者の方が、幸せな人生を過ごしているように思えるというもの。

己自身の生活水準が上がっても、他者も同様に上がっているケースでは、その豊かさに関係なく喜びを感じることなどありません。

人と比べることで気分を変えるのは大間違いというもので、人間は個々に違って当然で、考え方も異なることを忘れてはいけません。

 

| 3.仕事をしているケースでは、全然幸せそうには見えない

選択をしないということ。いくら高い報酬を得ていても、やりたくもない仕事をしているケースでは、全然幸せそうには見えないもの。

これは己自身で選択する機会が少ないことが多くあり、どれほど労力を費やしていてもその意欲は上がりません。

他者から押し付けられた仕事の時と、己自身が選択して何かに取り組んでいくのは、天と地ほどの差があって大きく異なります。

 

| 4.認められたい、そんな気持ちは誰しもが持っているという

愛する人がいないということ。恋人にしても家族にしても、愛する人間に認められたい、そんな気持ちは誰しもが持っているというもの。

いくら仕事で成功していても人を愛していないければ、何かが物足りなく思い、心の能力も低下してしまうことになります。

最愛の人を心の中に思って愛することは、喜びを感じるには一番の近道かも知れません。

 

 

 


喜びを感じない人には様ざまな面がある、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.繰り返しているケースでは、刺激もなく喜びも感じない

普段の日常生活に刺激がないということ。仕事にしてもプライベート面にしても、毎日のように同じことを繰り返しているケースでは、刺激もなく喜びも感じないもの。

少し通勤経路を変えてみるなどを試みれば、全然知らないような景色にも出会え、そうしたことで好奇心が刺激されることもあります。

トレーニングなどしていてもルーティンではなく、密にトレーナーとコミュニケーションを取って、新しいスタイルを取り入れていくよう心掛けます。

 

| 2.感じられて、無気力になってしまう人も多々いるものです

失恋した直後ということ。失恋した直後というケースでは、世の中が終わったようにも感じられて、無気力になってしまう人も多々いるもの。

回復までに要する時間は人によって様ざまですが、いつかは前向きにもなれるので心配し過ぎる必要はありません。

但し、いつまで経っても失恋のことばかりに気を取られていると、立ち直りが遅れるということになってしまいかねません。

 

| 3.身体に深刻な病気が潜んでいることもあり警戒が必要と

病気が潜んでいる怖れがあるということ。疲れやすく何をしても喜びを感じないというケースでは、身体に深刻な病気が潜んでいることもあり警戒が必要というもの。

日々の仕事で疲れ果てている場合、休日に外出する気も起こらず、何しても楽しくない感じを覚えますが、実際に病気が潜んでいるからかも知れません。

甲状腺に異常があったり肝機能の働きが低下していたり、と、疲れやすいという傾向は顕著に表れます。

疲れやすい症状によっても違いますが、定期的な検査を行うことで、潜んでいる病気を見逃さないよう心掛けます。

 

 

 

まとめ

感謝をしていない人に多く見受けられる。ここでは、喜びを感じないのは因果応報かも知れない、楽しくないときの具体案を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。