きな臭い人の末路も不安になるもの、感じさせず上手く対応していく術



案外に身近な場所にも、きな臭い人がいるもの。どこか怪しいと感じるような言動や行動、そんなことに疑念が浮かんでしまうような人。

セミナーなどで一生懸命に投資について話している講師など、どうも嘘っぽく感じたりて、なんだかきな臭い人と身構えることにもなりかねません。

同じような意味に胡散臭いがありますが、どうも怪しいと感じを覚える、そんな人の行動を指すときに使われる言葉です。

きな臭いと胡散臭いには違いがあり、こちらはこれから緊迫した状況になるのではと予知する際に用いられる言葉です。

紙や布などが焦げる匂いや硝煙の匂いなど、戦いや危険なことの気配からきているきな臭いは、怪しい感じがすることに他なりません。

なので、初対面の人物にきな臭い人と受取られないよう注意が必要です。

ここでは、きな臭い人の末路も不安になるもの、感じさせず上手く対応していく術を紹介しています。

 

 

 


きな臭い人の末路も不安になるもの、感じさせず上手く対応していく術


 

| 1.調子の良いところがあり、そう簡単には信用されることが

約束を守るということ。きな臭い人というのは、口が軽くて誰に対しても調子の良いところがあり、そう簡単には信用されることがないもの。

約束を守るのは小さな約束事でも大事で、己自身が口にしたことは守る、そんな態度を続けているだけのことで信用される人になります。

約束に大きいや小さいなどはなく、守ることを続けていると自然と信頼される、感じさせず上手く対応していく術の一つ。

 

| 2.明白で揺るぎのない信念を探し出すことが重要ポイント

揺るぎのない信念を持つということ。信頼される人物になるためには、明白で揺るぎのない信念を探し出すことが重要ポイントというもの。

他者の意見に流されたり、意思を明確に表さないことで信念がないと受取られて、きな臭い人と思われかねません。

信念がある人物は、言行も一致していることが多々あり、何があっても揺らぐようなところは滅多にありません。

己自身のライフ設計を思い描けば自然に譲れないところが出てくるので、それを信念とすれば揺らがない、感じさせず上手く対応していく術の一つ。

 

| 3.だけではなく、相手のことをも思い遣って行動するという

他者を思い遣れるということ。きな臭い人は己のことしか考えず、信頼されるためには己のことだけではなく、相手のことをも思い遣って行動するというもの。

仕事で困ったときに手を差し伸べてくれるような人は、相手に寄り添って悩みを解決する姿勢が見られ、自然に信頼されることになります。

相手の立場に立ち考えられる人は、男性や女性の両方から信頼される人といえる、感じさせず上手く対応していく術の一つ。

 

| 4.話も聞きながら、己自身はこう思っていると伝達すると

己自身の意思を明確に伝達できるということ。無理に意見を押し通すのではなく、周りの人たちの話も聞きながら、己自身はこう思っていると伝達するというもの。

プロジェクト等で意見が分かれてしまった場合、己自身の意見を伝えつつ他者にも意見を求めるなど、耳を傾ける姿勢が重要になります。

本心だったり周囲の人たちへの思い遣りを感じられる態度は、きな臭くなく信頼できる人という印象を与える、感じさせず上手く対応していく術の一つ。

 

| 5.どうすれば、そうしたことで立ち止まってしまう人もいる

言動と行動が一致しているということ。言動と行動をリンクさせていくにはどうすれば、そうしたことで立ち止まってしまう人もいるもの。

何も難しく考える必要などはなく、約束を守るということに一点集中することが大切で、己が口にしたことを守ると自然に言行は一致する、感じさせず上手く対応していく術の一つ。

信頼されない人というのは、口にすることが大きい割に行動が伴っていないことが多く、ビッグマウスだったり嘘吐きというような受け取られ方をします。

 

 

 


きな臭いとは何かを知ることも大事なもの、覚えておきたいその原因面


 

| 1.相手を誘導しようと、明白な嘘を吐いてしまうというもの

明白な嘘を吐くということ。きな臭い人に見られるのが、己の都合が良い方角に向かって相手を誘導しようと、明白な嘘を吐いてしまうというもの。

例を上げると、怪我をして生活費を都合して欲しいという連絡が来たケースでは、、最初は信用することになりますが、それが続くと嘘が分かります。

こうした己自身の都合に沿った嘘をつく人は、きな臭いだけでなく信頼されない人にもなりかねません。

 

| 2.男性にしても、外見や振舞いが年齢に似合わないという

外見や振舞いが年齢に似合わないということ。きな臭い人に見て取れるのが、女性にしても男性にしても、外見や振舞いが年齢に似合わないというもの。

人間は年齢を重ねると段々と落ち着き始め、派手な服を着たり髪色をしたりする人が、同年代で少なくなってくるからです。

いい年をして派手なたち振る舞いをしていれば、常識に欠ける人とか怪しい仕事をしている人と判断されて、避けられる一因にもなります。

 

| 3.プライベート面に踏み込むと、損得勘定の人付き合いが

金銭的な話題が多いということ。仕事などで金銭面の話をするのは仕方がないものの、余りにプライベート面に踏み込むと、損得勘定の人付き合いが感じられるもの。

ビジネスや投資に関係した話題や、どのくらい相手が貯蓄を持っているかなど、話の最中にチェックを入れれば不快感を与えかねません。

本当に人間関係を良好にしたいケースでは、金銭面の話題ばかりは避け、何気ない会話を中心に持ってくる必要があります。

 

| 4.意図的に明るく振る舞う、そういった態度も良くあるもの

意図的に明るく振る舞っているということ。きな臭い人に見られるのが、相手を選んで意図的に明るく振る舞う、そういった態度も良くあるもの。

本人は気が付いていないものの、他者からすれば己自身との対応に差を感じ、相手によって態度を変える人という印象を受けます。

相手によって態度を変化させることで、本音が見えないため、きな臭く信用できない人ということになりかねません。

 

 

 


きな臭い人には様ざまな面が見られるもの、注意しておきたい特徴面


 

| 1.話を盛るような癖があるところで、抽象的な話ばかりする

話を盛るような癖があるということ。きな臭い人に見られるのが、すぐに話を盛るような癖があるところで、抽象的な話ばかりするというもの。

大きなプロジェクトを任されたなどの話をしても、聞いている側からすると、どの程度の規模のものなのかなど、具体的な内容がなければ判断もできません。

きな臭い人は抽象的な話ばかりになることが多く、具体的な内容に欠けていることも多々あります。

 

| 2.見られるのは、その場しのぎの行動だったり言動が多い

踏み込んだ話は避けたがるということ。調子がいい人がきな臭く見られるのは、その場しのぎの行動だったり言動が多いからというもの。

普段は輪の中にいて話を盛り上げていても、己自身の都合が悪くなるとはぐらかしたり、具体的な内容の話をすることがありません。

また誰にでも都合よく話を合わせるところもあり、周りの人たちからすれば、信用できない人といった印象を与えかねません。

 

| 3.リアクションしてくれる人が側にいるのは嬉しいと感じる

リアクションが大きすぎ嘘臭いということ。自分が話をしているときには、リアクションしてくれる人が側にいるのは嬉しいと感じるもの。

但し、取るに足らないことで明らかに大袈裟過ぎるリアクションをされると、嘘臭いと感じることになりかねません。

きな臭い人に見られるのが、手振りもつけてオーバーリアクションするような嘘っぽいところです。

 

 

 

まとめ

そんなことに疑念が浮かんでしまう人。ここでは、きな臭い人の末路も不安になるもの、感じさせず上手く対応していく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。