仕事のストレス解消法で逆転したいもの、上手く実践していく具体策



日々の暮らしの中で、仕事のストレス解消法を探すことがあるもの。日々を元気に過ごすには、ストレスに対して上手に付き合っていくことが重要です。

大半の人は仕事終わりに、友人と飲みに行き愚痴をこぼすとか、スポーツやエステでリフレッシュするなど、そんなストレス解消を思い浮かべます。

こうしたことは、一時的にリフレッシュするには効果的ですが、根本的な解決ということにはなりません。

仕事をしている限りはストレスをなくすのは不可能というもので、職場での人間関係など慢性的に感じている状況が続くと、心身に不調が出て病気ということにもなりかねません。

なので、仕事中のストレス解消を含め、原因を掴んで日常生活をより充実させることが必要になります。

ここでは、仕事のストレス解消法で逆転したいもの、上手く実践していく具体策を紹介しています。

 

 

 


仕事のストレス解消法で逆転したいもの、上手く実践していく具体策


 

| 1.違いにより、ストレスの大きさや仕事の効率に差が出る

ゴールを先に考えるということ。同じ物事をするにしても、思考パターンの違いにより、ストレスの大きさや仕事の効率に差が出るというもの。

目指すゴールから先に考えたり、組織全体のことを中心に長期的な視点で考えるなど、そうした思考パターンをするとストレスは軽減されます。

仕事では何よりも重要なのはゴールである結果で、常にそのイメージを思い描いて行動するのも、上手く実践していく具体策の一つ。

 

| 2.段取りなど、やり方に起因していることも良くあるという

優先順位を付けるということ。仕事のストレスは計画だったり段取りなど、やり方に起因していることも良くあるというもの。

なんおで、そんなストレスを感じている場合、仕事に取り掛かる前の段階で、その日すべき作業を箇条書きにし、To Doリストを作成するようにします。

1日を終えた時、予定の作業ができたかどうかを、再びリストチェックするのが、上手く実践していく具体策の一つ。

できなかった作業は明日に持ち越すのか、あるいは別の日に振り替えていくのかを決めるようにします。

 

| 3.職場では自から他の人に対してストレスを与えないという

ウィン・ウィンの関係を作るということ。何がストレスかは相手によって違いますが、職場では自から他の人に対してストレスを与えないというもの。

少なくとも悪口を言いったり怒鳴ったり、相手の言ったことに否定的な態度を示すなど、そういった行為は非常に大きなストレスになります。

こうした行為をせずストレスを与えないよう心掛ければ、相手もからもストレスを受けずに済む、上手く実践していく具体策の一つ。

 

| 4.作業の途中でも上司や周囲の人たちに相談するというもの

一人で抱え込まないということ。仕事量が多すぎたりスケジュール通りに進まない場合、作業の途中でも上司や周囲の人たちに相談するというもの。

同じ作業をグループで行っている時は、一人で無理をしないで、他の人にお願いすることも大切な、上手く実践していく具体策の一つ。

一人が仕事を抱え込んでスケジュールが遅れれば、自分自身にとって大きなストレスとなるだけでなく、周りの人たちにも迷惑をかけてしまいかねません。

 

| 5.心の持ち方をしている場合、先ずはそこを変えるという

心の持ち方を変えてみるということ。ストレス軽減の最も有効な鍵は心の中にあり、ストレスが溜まる心の持ち方をしている場合、先ずはそこを変えるというもの。

自分自身がどのような思考パターンを持っていたり、どう考える習慣があるのかを認識して自覚していくことが、上手く実践していく具体策の一つ。

否定的に考える癖を持っていれば、失敗するのではないかといった否定的な表現を避け、必ず成功するなど肯定的な表現を多用するようにします。

 

 

 


仕事のストレス解消法ランキングもある、知っておきたい主な原因面


 

| 1.やる気やパフォーマンスが低下することも多々あるもの

適切でない仕事量や労働時間の長さということ。無理のある仕事量だったり労働時間をストレスに感じて、やる気やパフォーマンスが低下することも多々あるもの。

長時間の労働は大きなストレスの原因にもなり、仕事にやり甲斐を感じていても、身体や精神的が疲労して、健康状態に悪影響を与える場合も少なくありません。

連日の残業でストレス解消の息抜きをしたいと思う一方、休日は疲れから1日中寝て過ごすことにもなりかねません。

 

| 2.プレッシャーから、強いストレスを覚える場合があると

仕事上の失敗に関して感じるプレッシャーということ。仕事での失敗に対してのプレッシャーから、強いストレスを覚える場合があるというもの。

失敗への恐怖心から湧き起こるプレッシャーが、異常に大きなタイプの人も稀にいて、注意が必要になります。

実際に失敗を犯してしまった場合、責任感から自責の念が募ったり、自己肯定感が低下してしまう可能性もあります。

 

| 3.職場の人間関係が強いストレスの要因となる可能性もある

人間関係の問題ということ。上司からの叱責や高圧的態度など、職場の人間関係が強いストレスの要因となる可能性もあるというもの。

更に、同僚だったり部下などは、仕事に対するモチベーションの低さだったり、マナーの悪さなどが不満ともなりかねません。

同僚たちとのライバル関係だったり対立関係などもあり、その人間や立場により人間関係においてのストレス要因は異なります。

 

| 4.行われている習慣が、大きなストレスを感じさせるという

職場の作業環境や習慣ということ。職場の作業環境だったり行われている習慣が、大きなストレスを感じさせるというもの。

例を挙げると、一部の職場では上司が退社するまで部下は帰宅し難い、そうしたケースも見かけられます。

ほかにも、グループ全員の仕事が仕上がるまで退社できないとか、新入社員は始業時間より早めに出社するなど、ストレスに繋がる習慣が残っていることもあります。

 

 

 


仕事のストレス解消法は男性も女性も、注意したい起こる心身的な変化


 

| 1.いる場合、食欲不振や体調不良を招く怖れがあるという

食欲不振や体調不良ということ。ストレスにより交感神経が優位となる状態が続いている場合、食欲不振や体調不良を招く怖れがあるというもの。

自律神経のバランスを失うと、慢性的な食欲不振に加え、全身の倦怠感や動悸に頭痛などの症状が出ることがあります。

自律神経からの体調不良は、内科等を受診しても、検査で原因を特定するのは困難とされます。

 

| 2.睡眠中に目が覚めるなど、そうした症状が現れるという

睡眠の質の低下ということ。ストレスは睡眠の質に影響を及ぼすとされ、寝付きが悪かったり睡眠中に目が覚めるなど、そうした症状が現れるというもの。

睡眠の質が低下すれば、毎日の疲れをきちんとリセットし、リフレッシュすることはできません。

常に眠そうにしていて、ケアレスミスを頻発する人は、睡眠に悩みを抱えている可能性は否定できません。

 

| 3.心身が限界を迎えていると、仕事の意欲も低下したりする

不安定な精神状態ということ。ストレスは人間の精神状態にも悪影響を及ぼし、心身が限界を迎えていると、仕事の意欲も低下したりするもの。

些細な言葉の行き違いで感情的になったりする人もいて、人間関係が億劫になったり悪化することにもなりかねません。

慢性的なストレス過多の状態は、うつ病だったり適応障害の引き金ともなりかねません

 

 

 

まとめ

上手に付き合っていくことが重要となる。ここでは、仕事のストレス解消法で逆転したいもの、上手く実践していく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。