気性の荒い人はサイコパスかも知れない、事を荒立てないで向き合う術



身近なところにも、気性の荒い人がいるもの。職場にも上司だったり同僚などに気性の荒い人がいて、戸惑ったり困惑することにもなりかねません。

気性が荒い人には様々な面が見られるところですが、気分屋なところもあり機嫌で対応が変わったり、精神的にひどく不安定になる人もいます。

なので、不満やストレスが積み重なって爆発し、激しく怒ったり泣きわめいたりすることにもなりかねません。

そんな気性が荒い人は病気のケースもありますが、中には結婚などを考えて自分の性格を思い悩んでいる人もいます。

中国人や韓国人は気性が荒いともされますが、そんな人物は問題を起こすことも多く、側にいるときは注意も必要。

ここでは、気性の荒い人はサイコパスかも知れない、事を荒立てないで向き合う術を紹介しています。

 

 

 


気性の荒い人はサイコパスかも知れない、事を荒立てないで向き合う術


 

| 1.そのときは無理に張わないで譲れるものは譲るというも

無理に張り合わないということ。気性の荒い人は自己主張も強く、すぐ競い合ってくることもあり、そのときは無理に張わないで譲れるものは譲るというもの。

対抗して同じように競い合ってしまえば、折れることを知らない気性の荒い人は、更に燃え上がってしまうことにもなりかねません。

両方で張り合っていては終わりが見えなくなり、譲れるところは譲ってこちら側が折れることも、事を荒立てないで向き合う術の一つ。

 

| 2.強い言葉で周囲の人たちを振り回すことも多くあるもの

真に受けないで適度に聞き流すということ。気性の荒い人は何かの問題が生じたケースでは、強い言葉で周囲の人たちを振り回すことも多くあるもの。

そうした発言を言われる都度真に受けてしまうと、聞いている方のこちら側が疲れることにもなりかねません。

また意外に発言している本人が忘れてしまうこともあり、ある程度は真に受けないで適度に聞き流すのも、事を荒立てないで向き合う術の一つ。

 

| 3.嫌いではなく、頼られれば嫌と言えないところもあるもの

頼み事をする時は、最初に機嫌をとるということ。気性の荒い人は助けることは決して嫌いではなく、頼られれば嫌と言えないところもあるもの。

但し、己自身のみならず人にも厳しいところがあり、頼みの種類などによっては、その程度は自力で解決するようにということになりかねません。

結果として、頼み事をする際は、最初に気性の荒い人に理解を示すようにし機嫌を取っていくのが、事を荒立てないで向き合う術の一つ。

上手く機嫌を取っていくことができると、人の好い一面も持っているので、快く引き受けてくれる可能性が高まります。

 

| 4.ケースでは、適当な距離感を保っていくのが賢明な方法と

適当な距離感を保つということ。気性の荒い人がそれほど親しくない間柄のケースでは、適当な距離感を保っていくのが賢明な方法というもの。

もし相手が反発したりするようなことがあっても、反対の意見などは主張しないで、そのまま聞き流すようにします。

但し、露骨に避けるのは更に反発を買ってしまう怖れもあるので注意し、できる限り同じ舞台に上がらないようにするのが、事を荒立てないで向き合う術の一つ。

同じ職場の同僚などと、己自身の意思でどうにもできない関係性であれば、尚更程よい距離感を維持して付き合いするのがベターです。

 

 

 


気性の荒い人は言い方も厳しいもの、注意しておきたいそんな心理状態


 

| 1.不満な気性の荒い人は、注意や指摘を受けると感情的に

注意や指摘が好きではない心理状態。考えを曲げることが嫌だったり、人に合わせるのが不満な気性の荒い人は、注意や指摘を受けると感情的になるもの。

元々他者に合わせるのは嫌なところがあり、常に己自身を維持したい気持ちが、気性の荒い男性や女性の心の底にあるのかも知れません。

他の人が親切心からアドバイスしてくれたことに対しても、己のやり方を否定された如く感じて、怒りを覚えてしまうことになりかねません。

 

| 2.思い込んでいる人は、素直には間違いを受け入れらない

己自身の意見が正しいと思い込んでいる心理状態。間違ったことをしたケースでは、己自身が正しいと思い込んでいる人は、素直には間違いを受け入れらないもの。

仕事上で己自身が失敗を犯して人から指摘された場合、間違いを認めたくはないので、感情を爆発させてしまいかねません。

己自身の意見は常に正しい、そういった思い込みも、気性の荒い人に見受けられがちな傾向の一つです。

 

| 3.相手の気持ちを考えて遠慮をして言わない人もいるもの

明確に言わなければ気が済まない心理状態。他の人向かって否定的な意見を口にするケースでは、相手の気持ちを考えて遠慮をして言わない人もいるもの。

一方で、どんな相手に向かっても怖れを知らずに何でも言える人は、遠慮をすることもなく、時に感情的になって言葉が荒くなることがあります。

気性の荒い人は、嫌なことは嫌と明確に口にしなければ気が済まない、そういった一面も見受けられます。

 

| 4.自分が中心でなければ気も済まず、思惑通りにならないと

思い通りにならないとイライラする心理状態。気性の荒い人は常に自分が中心でなければ気も済まず、思惑通りにならないと苛立つというもの。

周りが見渡せないことで余裕が無くなっているので、己自身の思い通りならなければ感情的ともなりかねません。

結果的に、イライラしている状態が続けば、情緒が不安定となってしまうことになりかねません。

 

 

 


気性の荒い人とは何かを知ることも大事になる、覚えておきたい特徴面


 

| 1.箇所を指摘されたり、負けを認めたりするのを異常に嫌う

異常に負けず嫌いということ。プライドが高い気性の荒い人は、劣っている箇所を指摘されたり、負けを認めたりするのを異常に嫌うもの。

仕事で失敗を指摘されたりした場合、己自身のプライドを傷付けられたと思い違いすることも多く、感情的ともなりかねません。

気性の荒い人に見られるのが、劣っている箇所を認めたくない、そんな負けず嫌いな傾向があります。

 

| 2.一般的な人より溜め込んでしまうような傾向があるという

基本は気が短いということ。気性の荒い人はストレス耐性も低く、一般的な人より溜め込んでしまうような傾向があるというもの。

結果として、気が短かったりするほか、常にイライラしていたりと、気性が荒くなることに繋がります。

元々完璧主義なところがあり妥協できなかったり、他の人の目を気にしやすいなど、ストレスを覚えやすいところがあります。

 

| 3.異なる意見の人に向かって敵愾心を抱くというものです

意見が異なる人に向かって高圧的態度を取るということ。気性の荒い人は己自身の意見が正しいと信じ込んでいて、異なる意見の人に向かって敵愾心を抱くというもの。

職場の上司の中にも意見が異なる部下に向かって、上から目線の振る舞いになってしまう人もいます。

正しいと思い込んでいるので、思惑通りにならないと気が済まず、高圧的態度を取ることになりかねません。

 

| 4.ところがあって、周りがきちんと見られないというもの

周りが見えなくなるということ。気性の荒い人は男性でも女性でも、自己中心的なところがあって、周りがきちんと見られないというもの。

少しでも気持ちが高まると、周りの状況を見るとか空気を読んだりなど、我慢することもできないで、感情を爆発させることに繋がりかねません。

気性の荒い人は感情のスイッチが一旦入れば、周りも見えなくなって、感情を抑えることができません。

 

 

 

 

まとめ

側にいるときは注意も必要になります。ここでは、気性の荒い人はサイコパスかも知れない、事を荒立てないで向き合う術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。