第六感や直感を鍛えることは幸せに近付くもの、研ぎ澄ましていく方策



日々を過ごしている中で、第六感を鍛える必要を感じることもあるもの。第六感というのは大まかに言えば直感力のことで、鋭いとされる人は第六感が開花していることになります。

中でも女の勘は鋭いとされているのは、第六感が開きやすいからで、過去にはシャーマンや巫女は女性だったことも関係しているかも知れません。

人間は生まれた瞬間には第六感は開いているとされますが、生きていれば多くの情報が入ってくることになり、失うことになりかねません。

更に現代社会は便利すぎるところがあり、ネットで調べ物をすると情報は簡単に手に入り、五感だけでも充分だと脳が判断することにもなりかねません。

第六感のセルフチェックなどもありますが、危険をいち早く察知するためにも鍛えることが必要です。

第六感や直感を鍛えることは幸せに近付くもの、研ぎ澄ましていく方策を紹介しています。

 

 

 


第六感や直感を鍛えることは幸せに近付くもの、研ぎ澄ましていく方策


 

| 1.そればかりとなれば頭の働きも鈍ってしまうというもの

情報ばかりを頼ってはいけないということ。情報をネット検索するのは時間短縮になるものの、そればかりとなれば頭の働きも鈍ってしまうというもの。

人間は現実に体験しなければいと実感が湧かないもので、できる限り色々な経験をして、インスピレーションが湧き起こるようにします。

頭で考えているばかりよりも、現実に動くことにより解決することもある、そういったことを実感するのも、研ぎ澄ましていく方策の一つ。

 

| 2.5分だけでも瞑想するのが、精神のバランス維持に役立つ

朝方と夕方に瞑想するということ。人間の身体の中にはチャクラが存在していて、朝方と夕方に5分だけでも瞑想するのが、精神のバランス維持に役立つというもの。

チャクラは己自身に必要なエネルギー源なので、瞑想することによりバランス良くなって、第六感も開花しやすい状態になります。

瞑想を始めると色々なことが頭を駆け巡りますが、慣れてくると無の境地が心地良くなる、研ぎ澄ましていく方策の一つ。

 

| 3.全てのことを肌で感じ取る感覚を身に付ける必要もある

常に五感に敏感になっておくということ。五感も鈍くなりがちな現代社会での生活ですが、全てのことを肌で感じ取る感覚を身に付ける必要もあるというもの。

五感も意識的に感じていないと鈍ってしまうので、食事をした後やコーヒーの匂いをどう感じたかなど、考える癖を付けるようにします。

自然な状態を保って五感の状態のバランス良くなると、次第に第六感も開花していく、研ぎ澄ましていく方策の一つ。

 

| 4.ケースでは、そのことに対てし深く探求していくという

デジャブを感じた際は探求するということ。幼少の頃に体験したこととシンクロすることが生じたケースでは、そのことに対てし深く探求していくというもの。

心にゆとりもない人は、デジャブに出会っても偶然と片付けてしまいがちで、第六感が開花しようとしていても、己自身で閉じてしまうことになりかねません。

幼少期のことを色々と思い出して、現在の己自身と比べるのも良いやり方の、研ぎ澄ましていく方策の一つ。

 

| 5.多数ありますが、ここでも己自身の直感を信頼して行動

パワースポットを訪れてみるということ。国内にパワースポットは多数ありますが、ここでも己自身の直感を信頼して行動するというもの。

第六感の開花に力を借りるのも一つのやり方というもので、写真を見て何となく感じたものがあれば、心に呼びかけているかも知れません。

例え評価が低いとされているパワースポットでも、己自身の頭に閃くものがある所を選択するのが、研ぎ澄ましていく方策の一つ。

 

 

 


第六感を鍛える方法は色々あるもの、注意しておきたい強い人の特徴面


 

| 1.誰よりも早く危険を察知して、すぐ回避行動を取れると

いち早く危険を察知できるということ。第六感が強い人に良く見られるのが、誰よりも早く危険を察知して、すぐ回避行動を取れるというもの。

動物的な勘が働いていたり虫の知らせと呼ばれるものがあるなど、これは日常的にアンテナを張り巡らせているということです。

決して超能力という訳ではなく、常に細かな点まで気を配っているのでできる先読みと一般に呼ばれるものです。

 

| 2.できることに注目するポジティブ思考から来ているという

思考パターンが前向きということ。第六感が発揮される時は、できないことに向かうより、できることに注目するポジティブ思考から来ているというもの。

選択肢が問われるような問題でも、できる問題に注目して幸運と捉え、できない問題は考えても致し方ないと深く考えません。

またできなかった問題は、第六感への材料にして記憶に留め、次回のチャレンジの糧とします。

 

| 3.他者の気持ちが思い遣れるので、信用を得ることができる

感受性が非常に豊かということ。第六感が強い人に見受けられるのが、他者の気持ちが思い遣れるので、信用を得ることができるというもの。

相手の言動だったり仕草を明確に洞察できるので、相手は良く理解してくれている、そうした安心感をもたらすことができます。

人のために涙するような感受性があり、第六感が優れているとされる人は、他人の感情を我がことのように覚えかねません。

 

| 4.積み重ねてきた色々な体験を、今に活かすのが上手いと

多くの体験を積んでいるということ。第六感に優れた人に見受けられるのが、これまで積み重ねてきた色々な体験を、今に活かすのが上手いというもの。

実際の体験だけではなく、見聞きしたことを直感へとリンクができるので、躊躇することもなくリーダーシップを取れます。

無論のこと全てが正しい判断という訳ではありませんが、失敗を反省し次なる見通しを立てる、そんなことの経験とすることができます。

 

 

 


第六感は直感と一緒に鍛えるもの、覚えておきたい強い人の心理状態


 

| 1.先入観に縛られることなく、自由な発想ができるという

固定観念で判断しないという心理状態。第六感が優れた人に見受けられるのが、先入観に縛られることなく、自由な発想ができるというもの。

情報収集をする中で、非常に取捨選択が上手なところがあり、何事も固定観念で判断するような真似はしません。

先入観のない状態のため己自身が思ったような行動を取ることもでき、本質的に物事を捉え直感で動けるところがあります。

 

| 2.部分も多く、霊感が強いと言われることがあるというもの

霊感が強いという心理状態。人間の第六感だったり直感は、依然として良く分かっていない部分も多く、霊感が強いと言われることがあるというもの。

第六感は目に見えないものが心の中に思い浮かぶ、非科学的なところもあるスピリチュアルな才能ということができます。

心の奥底にある何かに触れるためにパワースポットを巡るのは、第六感が優れた人に見られる行動ですが、自然への畏敬や畏怖からくるものかも知れません。

 

| 3.何かと幸運を引き寄せてしまうような強運の持ち主という

幸運に多く出会うという心理状態。第六感が優れた人に見受けられるのが、何かと幸運を引き寄せてしまうような強運の持ち主というもの。

日々の活動を見ると、他人に与えるような振る舞いも多く、感謝することも絶対に忘れないので、周囲の人たちからすれば、幸運を引き寄せている印象を持たれます。

多くの人たちと共にチームで活動ているケースでは、好循環をもたらすような第六感を発揮し、幸運を引き寄せ良い結果へ導く人になります。

 

 

 

まとめ

察知するために鍛えることが必要です。ここでは、第六感や直感を鍛えることは幸せに近付くもの、研ぎ澄ましていく方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。